• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の一人暮らしは危険がいっぱい。これだけは実践したい防犯対策

Date:2012.10.22

女性の一人暮らしは狙われやすいもの。現代は殺人がおきたり、ストーカーされたりする時代です。でも毎日部屋の中に閉じこもっているわけにもいきません。出勤もするし遊びにも出かけます。帰りだって毎日明るいうちに帰ることなんて不可能。でも一人暮らしを満喫したい。

そんな思いを邪魔する悪い人からは、自分をしっかり守りたいですね。そんな人のために自分の自由を侵されては困ります。そのためにもしっかり防犯対策をしたいもの。まずは自分でもきちんとできる防犯対策、最低でもこれだけはやっておきたい対策を紹介していきますね。

部屋選びで注意したいポイント

女性の一人暮らし、とできるだけ分からないように暮らしたいですね。その際注意したいのが洗濯です。洗濯物をベランダに干さなくてすむ、バスルームが乾燥室になっているといいですね。雨でも関係なく洗濯物が干せますよ。洗濯機は室内にあること。ベランダにあると外から見えてしまいますからね。

また、家のないさびしい環境はNGです。昼間は分からないけれど夜になったら電気もまばらでさびしい場所の物件は避けましょう。あとはやっぱりオートロックは基本です。怪しい人の進入を防ぐことができますね。

カーテンは女性らしくないものを

一目で女性が暮らしていると分かるようなカーテンは控えましょう。また、1階ではないからと窓の鍵を閉め忘れることのないようにしましょう。窓から進入されるというケースはけっこう多いのだそうです。鍵が壊されたら鳴るブザーなどを取り付けるのも防犯対策になりますよ。

ゴミを捨てる際に注意したいこと

下着類などは細かく刻んで捨てましょう。他にはクレジットカードの明細など個人情報のあるものはシュレッダーにかけるか、重要な部分を塗りつぶすなどして読めないようにしてから捨てましょう。

部屋の鍵は不用意に開けない

予定のないお客様などは出ないようにしましょう。必ずドアスコープでのぞいて、誰なのかを確認してから鍵を開けましょう。それでも心配な場合はドアチェーンをしっかりかけてから開けるようにしましょう。

またテレビドラマではなくても宅配業者を装う犯罪もあります。宅配はできれば宅配ボックスのついているマンションを選ぶといいですよ。

エレベーターに乗るときの注意

男性しか乗っていない、見かけない人が乗っているエレベーターはできれば避けましょう。乗ってしまった場合は、できるだけ相手に背中を向けないように乗りましょう。

帰り道で注意したいこと

毎日同じ時間、同じ道で帰ると目をつけられやすいです。時には道を変えたり、時間を変えて帰るようにしましょう。部屋に入る前に鍵は用意して、すぐに部屋に入れる準備を。不審な人が見ていると感じたら、「ただいま」など声をかけて一人暮らしではないことをアピールしましょう。

また、防犯ブザーや防犯スプレーなど防犯グッズも持ち歩くようにしましょうね。最近ではおしゃれな防犯グッズも色々出ています。すぐに取り出せることが大切ですから、そういった点も考えて選びましょう。

外出時のセキュリティは?

危険なときにブザーを押すと、一番近くにいるセキュリティスタッフが駆けつけてくれる、ココセコムというものがあります。GPS機能のついた専用の端末機を持ち歩き、緊急の際に自分のいる場所を知らせることができるのです。料金も1000円未満です。

ちょっとそこまでだから、は危険

ちょっと下にゴミだしをしに行くだけだから、などちょっとの時間だからといって鍵を閉めないで外出するのは危険です。そんなちょっとの隙を狙う空き巣やストーカーなどの被害は少なくないのです。油断は禁物。外出するときには必ず鍵を閉めましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント