• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

まずはリスト化・防災グッズは女性の不要になった物で完成します

Date:2014.08.30

防災グッズの必要性が叫ばれて久しいですが、実際にクローゼットの中に防災リュックを入れているという人は多くはないかもしれません。

防災グッズを揃えるにはお金がかかるというイメージがあり、用意に躊躇してしまうのかもしれません。

実はいざという時の防災用具って女性の部屋の中にある不要になった物でほぼ揃ってしまうということを知っていましたか?

まずは必要な物をリストアップして、それから部屋の中を見渡してみましょう。

防災グッズとして必要な物をリストアップすることから始める

昨今ではいつ大災害が起きても困らないようにあらかじめ防災グッズやリュックを用意しておくご家庭も増えてきました。いざという時に焦らない為にも、日頃から心掛けて準備しておくことが大事です。

ですが「まだ防災リュックを用意していない、用意したい気持ちはあるけれど何を用意したらいいか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

大変な災害が起きた時の事はなるべくなら考えたくないという気持ちもわかりますが、命に関わることです。時間に余裕がある時に何が必要なのかを一度リストアップしてみるのもいいかもしれません。

防災リュックの中に入れておく物ですが、水、非常食、ラジオなどは必ず必要になってきますから、これは最初に準備してリュックに入れてしまいましょう。

これ以外に必要な物がなかなか浮かばない…という人もいると思います。実際の災害時には水や食料のほかに、救急箱、防寒着、毛布、下着、手袋、防災頭巾などが必要となってきます。

では、これらをリストにメモしたら早速クローゼットや引き出しの中を覗いてみましょう。

捨てるかどうか迷っている物こそ防災リュックに入れる

女性のクローゼットにはたくさんの「処分予備軍」が入れられていますよね。靴下、ストッキング、下着、ハンカチ、ハンドタオルなど。

こういった物って細かい物ですからすぐに量が増えてしまいますし、下着などは捨てづらいということもあって、なかなか物量が減らず、部屋が片付かない原因にもなってしまうのですよね。

でも、こういった物を「捨てる」ではなく「有効的に使う」という方向に考えをシフトしていってみてはいかがでしょうか。

災害時には替えの下着、靴下などが絶対に必要になってきます。いざというときには肝心のコンビニも封鎖されている可能性がありますから、入手することは極めて困難です。

捨てようと考えていた下着、靴下などを防災リュックに入れてみて下さい。そうすると今までクローゼットの中で縮こまって捨てられる運命を待つだけだった衣類が意味のあるアイテムに大変身します。今まで収納していたスペースも空くことになり、一石二鳥です。

そして、意外と捨てるかどうか迷ってしまうアイテムが、キャミソール。キャミソールはオシャレ着の下に着る印象が強いためか、なかなか防災リュックの中に入れるという発想に至らないようです。

ですが実はキャミソールは防寒着と同じくらい大切なのです。服の下に一枚だけでも着ておくと絶対的に体感温度が変わってきます。

寒空の中、外で一晩過ごさなければならないことを想像したとき、やはりキャミソールは二枚くらいはリュックに入れておこうという事になります。

防災頭巾は買う機会がなかなかない、そこで…

防災頭巾ってなかなか買う機会が無いですよね。でも大丈夫。ここでも女性の「使い古した物」で代用が可能なのです。

誰しもが一着は持っているパーカーを防災頭巾代わりにすることができます。

パーカーは普段着る分にはいいけれどリュックに入れておくにはかさばる…という理由から敬遠されがちですが、一枚あると本当に便利です。

防寒着の役割もはたしてくれますし、フード付きであればそのままかぶって防災頭巾として扱うことも出来ます。

文化祭などで作ったクラスTシャツも

さて、捨てづらい衣類の上位にランクインしているのが、思い出が詰まっている服、ですよね。特に文化祭などで作ったクラスTシャツなど。これはもう絶対に外では着ないと分かっているのに、なぜか捨てられません。

こういう物も、災害時用の着替えにしてしまいましょう。着替えは絶対に必要になってきますから、何枚あってもいいでしょう。

お土産や引き出物などでもらったタオルなども

防災リュックにはタオルを何枚か入れておくことをおすすめします。

大きめのバスタオルでしたら防寒対策としても使えますし、小さめのタオルでしたら顔を拭く、濡らした頭を拭く、そして止血用として包帯の代わりに使うことも可能です。

部屋を整理したいなと思ったときが一番良いタイミングです

お部屋を片付けたいな…と感じたときにリュックを用意してパッとその中に必要な物を詰め込んでしまうのが、より早く防災グッズやリュックを用意するためのコツと言えます。

自分の身は自分で守れるように心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事