• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

時間がない人向け、ダイエットのコツ。忙しくても痩せられる!

Date:2017.10.13

ダイエットはやりたいけど、時間がない…そんな忙しい人ほど、ダイエットを成功させられずにガッカリすることが多いようです。

時間がない人はダイエットができないのでしょうか?いいえ、もちろんそんなことはありません。

ダイエットは時間の有無には関係なく、誰だってやり方を間違えなければ成功するものです。

この記事では、時間がない人でもダイエットを成功させるためのコツについてご紹介していきます。忙しさでダイエットができずに悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。


時間のなさでダイエットが失敗する人にありがちな特徴

まずは、「時間がない」といってダイエットが失敗に終わる人の特徴についてチェックしていきましょう。

時間がなくてダイエットができない人の特徴

  • 目標を高く持ちすぎる
  • ダイエットの成果や結果に満足しない
  • 少ない時間であれもこれもしようとする
  • 途中で「向いていない」「無理だ」とあきらめようとする
  • 「週に○回」など、毎日続けようとしない
  • 自分の生活では実現できないダイエット方法をしたがる

ダイエット方法は多種多様、数多くの方法があります。「時間がない」といってダイエットが成功しない人の多くは、自分に合ったダイエット方法を見つけるのが苦手なだけなのです。

自分の生活リズムや性格、体質など…様々なことについて考えながら、無理のないダイエット方法で痩せていきましょう。またダイエット中のネガティブな気持ちは、ダイエットを成功に導くためのモチベーションを粉々に打ち砕いてしまいます。

ダイエット方法が合っていれば、「成果が出ない…」とネガティブな気持ちが出てくることもなくなりますよ。

時間がなくても大丈夫!ダイエットを成功に導くコツ

時間はなくても痩せることは可能です。ただし、時間がないならそれなりに日常生活の中で”痩せる工夫”をするのが大切。

時間がない人ほど実践しているダイエット成功のコツを見ていきましょう。

ダイエットを生活習慣にする

時間のない人は、痩せるための活動にわざわざ時間を割く必要はありません。普段行っている日常生活の動作を、ダイエットの意味を持った習慣にしてしまえば良いのです。

習慣として日常生活に組み込めるダイエットには次のような例があります。

  • 通勤のついでに運動をする
    …ウォーキングやサイクリング、階段の昇り降りなど
  • 入浴をしながら身体をマッサージしたりストレッチしたりする
  • テレビを見ながら表情筋のエクササイズをする
  • 長時間立つときはつま先立ちや片足立ちで足の筋トレをする

人によっては、まだまだダイエットにできる日常生活の動作はたくさんあります。

普段何気なくやっている習慣をダイエットにしてしまえば、時間をつくらなくてもダイエットが可能になります。日常の一部をダイエットにすることで、途中で忘れて続かなくなるような心配もありませんね。

自分の生活習慣を振り返りながら、何かダイエットにできそうなことはないか考えてみましょう。

▼痩せ習慣についてはコチラも参考にしてください!

痩せる習慣の記事のトップ画像キャプチャ

継続して小さな目標をつくる

ダイエットにあてられる時間が少ないと、どうしても「ここまでやったぞ!」という達成感があまり得られません。そのため目標を達成できずに不満ばかりが溜まって、ダイエットが長続きしないのです…。

ダイエットにあてる時間があまりない人は、とりあえず小さな目標を立てるところから始めてみましょう。どんなに小さな目標でも、達成できるとモチベーションが一気に上がります。

達成感はダイエット成功のカギにもなる存在です。どんな小さなことでも良いので、毎日自分なりの目標を決めてそれを目指しましょう。

ハードルの高すぎず低すぎず…な目標を考えてみてください。

  • 1日の摂取カロリーを○kccal以内に収める
  • 万歩計で数えて1日に計○歩の移動をする
  • エレベーターやエスカレーターを使わない
  • 電車の中で1分間つま先立ちをする

…などがおすすめですね。

最初の内は毎日同じ目標でも構いませんが、慣れてきたら別の目標に変えてみましょう。週替わりで目標を変えてみると良いですね。

食事の置き換えダイエット

時間のない人がやっているダイエット方法の中でも、「置き換えダイエット」は手軽に始められます。

ルールは朝・昼・夜のどこかの食事を、ある食べ物と置き換えるだけ。おすすめは夜の食事と置き換える方法です。夜の食事は消化されにくく身体に溜まりやすいため、ボリュームを減らした方がダイエット効果が得られやすいのです。

ですが、夕食を置き換えてしまうとストレスを感じてしまうという人も。そんな人は食欲を感じにくい朝食で置き換えをしてもOK!ただし昼食は日中のエネルギーになるため、置き換えずにしっかり食べましょう。

よく食事と置き換えられているのは次の食材です。

  • グリーンスムージー
  • おからや豆腐
  • バナナ
  • アイスクリーム
  • ヨーグルト

野菜や果物のように、栄養価の高いものは置き換えダイエットにとても向いています。時間のない人にとっては、ミキサーにかけるだけのスムージーは魅力的ですよね。

置き換えダイエットは、置き換える食材の内容をローテーションで変えていくのがおすすめです。味に飽きてしまったら、ダイエット自体が続きにくくなってしまいます。

飲み物を白湯中心にする

白湯は沸かしたお湯をほどよく冷ました飲み物のこと。もとは水ですから当然カロリーもありませんし、胃腸に程よく馴染んでくれます。

白湯を飲むと体温が上がって、代謝が良くなり痩せやすくなります。また、胃腸の消化機能を高めてお通じを促進してくれる効果も。

ただお湯を沸かすだけですから、時間のない人でも簡単に作れるのが魅力ですよね。いつも外出先に持っていくドリンクや、食事の飲み物を白湯に変えてみてください。

▼白湯のダイエット効果についてはコチラも参考にしてください!

白湯のダイエット効果の記事のトップ画像キャプチャ
白湯の味に抵抗があったり飽きがきたりしたときは、

  • レモン汁
  • ショウガ
  • ハチミツ

のどれかを少量混ぜてみてください。味が変わって飲みやすくなりますし、バリエーションも増えますよ。

▼レモン白湯についてはコチラも参考にしてください!

レモン白湯の記事のトップ画像キャプチャ

温活を意識した生活をする

「温活」は、文字通り身体を温める活動のことを言います。体温を上げると血流が促進され、基礎代謝がアップするのです。

基礎代謝とは、何もしていなくても消費しているカロリー量のことです。ただ眠っているだけのときでも消費カロリーが増えるのですから、ちょっとお得ですよね!

  • 何かを飲むときは温かい飲み物を飲む
  • 肌の露出を少し控えめにする
  • 何か羽織れるものやブランケットなどを持ち歩く
  • 室内温度を冷やしすぎない

…といったように、日頃から体温を下げずに上げる心がけをしておきましょう。体温さえ上げていられれば、ダイエットに時間をあてられなくても十分に痩せやすい体質に近づけます。

食事は良く噛んでゆっくり

「時間がない!」と焦る人ほど食事は早食い気味になってしまいます。ですが、当然早食いはダイエットの大敵です。

早食いをすることで、次のような太る要因がつくられます。

  • よく噛まれなかった食べ物が消化・吸収活動を妨げる
  • 噛む回数が減ることで満腹中枢が刺激されず、満腹感が減る
  • 食事を満足に味わえないため、満足感が減って食欲が満たされない

時間がない人こそ食事はよく噛んで味わい、ゆっくり食べることが大切です。食事制限やエクササイズでカロリーを落とすよりも、慌てずに食事をした方が痩せ体質に近づけるのです。

「食事量を減らしたい」、「食べた分をすぐに消化して排出したい」と思っているのなら、食事の時間はしっかり確保しましょう。ダイエットのために時間をつくるよりもずっとこちらの方が大切です。

朝・昼・夜のうちのどこか1食で置き換えダイエットをしているのなら、置き換えで縮められた時間を他の1食にあててゆっくり食事をすると良いですね。

毎日お風呂に浸かる

時間がない人ほど入浴をシャワーで済ませてしまいがちですが、時間がないからこそしっかりお湯を張ってお風呂に浸かるようにしましょう。

お湯を張る時間や湯船に浸かる時間を惜しみたい気持ちはわかります。ですが全体的に見てみると、シャワーよりもお風呂に浸かった方が効率的です。

お風呂に浸かると次のようなメリットがあります。

  • 温活で血流を促進できる
  • 疲労を回復できる
  • お湯の中でストレッチができる
  • リラックスして穏やかな入眠を促せる

ストレッチは身体をぐぐっと伸ばして筋肉をほぐす運動です。入浴中のように身体が温まった状態であれば、ストレッチの効果も倍増。より筋肉がほぐれて、代謝活動や血流を高めることができるのです。

また、疲労を解消して安眠を促すこともダイエットに繋がるポイントですね。疲労は身体機能を低下させるため、代謝や消化が鈍って太りやすくなります。睡眠不足は脳の機能を低下させ、食欲をコントロールできずに過食を招くことも。

入浴は時間がかかる行為に思えますが、一度で複数の痩せやすい効果を得られる手段です。長い目で見てみると、時間を惜しんでシャワーで済ませるよりも断然効率的な方法ですよ。

ドローイングダイエットをする

ドローイングとは、簡単に言ってしまえば「腹式呼吸」です。ただ呼吸をするだけですから、特別に時間は取りませんし何か道具が必要なわけでもありません。時間のない人にもおすすめのダイエット方法ですね。

ドローイングのやり方

  1. お腹を膨らませ、お腹に空気を溜めるイメージで大きく息を吸う
  2. 限界まで吸ったらその状態で息を止め、体内に酸素が巡るイメージをする
  3. 空気を溜めたお腹がしぼんでいくように、ゆっくり息を吐きながらお腹をへこませる
  4. 限界までお腹をへこませたら、30秒間その状態でキープ
    ※この状態のとき、呼吸をしていてOK
  5. また1のように息を吸っていく

この方法を5回で1セット。1日5セット行うのが目安です。

お腹を使って息を吸ったり吐いたりするだけですが、腹筋やインナーマッスルを使うことで筋力を鍛えられるのです。

筋力が鍛えられれば代謝が上がりますから、脂肪の燃焼を促すことができますね。

ダイエットにあてる時間が上手く作れないという人は、ちょっとした暇を見つけてドローイングにチャレンジしてみてくださいね。背筋を伸ばして行うのが一般的ですが、ドローイングは歩きながらでも行えるのが魅力です。

▼ドローイン・形状記憶ダイエットについてはコチラも参考にしてください!

形状記憶ダイエットの記事のトップ画像キャプチャ

忙しい人には忙しい人に向いたダイエット方法がある

時間がないからと言って、痩せられないということはありません。努力と工夫しだいでは、忙しい毎日の中でもしっかりダイエット成果を残すことはできます。

時間を取りそうなエクササイズやトレーニングも、日常生活の何かと連動させて取り組むことは可能です。また、食事の仕方や服装などでもダイエットは可能。

時間をかけるだけがダイエットではありません。忙しくて時間のとれない人は、日常生活の中で並行できるダイエット方法を試していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • 緩い運動で痩せるダイエット方法が知りたいです。

    返信

コメント