• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

超多忙な人・失敗続きの人も絶対ダイエットが成功する5つの秘訣

Date:2015.09.03

shutterstock_272407388 - コピー

ダイエットは意気込みが強くても仕事が忙しいと運動などができなくなり、諦めてしまうことがあります。その他に仕事の付き合いで外食が増えるとダイエットなんて気にできなくなることもありますよね。

他にも「ダイエットはしているけれど結果が出ないから」とすぐに諦めてしまう人もいます。キツイ思いをしているのに結果が出ないなら続ける意味がないと思ってしまう女性もたくさんいます。

実は、すぐに諦めてしまう人や忙しくてダイエットをする時間がないという人でも絶対にダイエットに成功する秘訣が実はあるんです。

なぜダイエットに何度も失敗してしまうのか…

何度もダイエットにチャレンジしても失敗してしまうという人がいます。「自分は努力が足りない」と落ち込んでいる女性もいますが、実は自分で気づいていないだけでルールを作り上げている人が多いようです。その中でも多いのが次の3つです。

1.ゴールへのハードルが高い

「ダイエットをするんだったらしっかりとした結果を出したい!」と思い、目標を高くあげている人は何度ダイエットをしても失敗してしまいます。

短期間で大きな成果を出すのは難しく、毎日ジムや運動、そして食事制限もしないと大きな成果は出ません。ダイエットを始める時はまずは「自分が出せそうな範囲」の目標を立てるのが成功への鍵です。

2.無理なプログラムを実行しようとする

痩せるには、運動や食事制限も大事。そして補助的にサプリメントも…なんて1回のダイエットであれもこれもと無理矢理なプログラムを作っている人が時々います。

きちんとトレーナーがついていれば無理なプログラムも可能ですが、自分でダイエットをする時に無理なプログラムを作ると途中で挫折してしまいます。

3.結果が出ないと諦めてしまう

ダイエットを継続的にしていると結果がでない時期があります。その停滞期が続くと「結果が出ないならやっても一緒だ」と諦めてダイエットをやめてしまう人も多いようです。

こういう状態を繰り返している女性は知らない間に痩せにくい体質に変わっていることがあるので注意しましょう。

忙しくても、ダイエット失敗続きでも必ず成功する5つの秘訣とは

「何度ダイエットにチャレンジしても痩せない」「忙しくてダイエットどころじゃない」という人でもある秘訣を守るだけで確実に結果を出すことができます。

1.日常の動きをダイエット運動に変える

ダイエットといえば運動を欠かすことができません。よくダイエットのためにジムに通ったり、ウォーキングをしている女性を見かけます。

でも仕事が忙しいと運動をする時間がない。そういう時は日常行っている動きをダイエット版に変更してあげれば特に運動の時間を取らなくても知らない間に運動をしていることになります。

まずは通勤などで歩く時ですが、たらたらと歩くのではなく、背筋を伸ばして3分は自分のペースで歩き、その後は3分早歩きをする「強弱歩き」をします。

これを1日合計15~20分続けると1万歩歩いた時の運動効果よりはるかに上回る運動をしていることになります。

1万歩歩くのはかなり時間がかかりますが、この歩き方だとたった15分、それも通勤時間などに組み込めば、特に運動時間を取る必要はありません。

次に階段の昇り降りです。ちょっとしたところでもついエスカレーターやエレベーターに頼っていませんか?それを階段に変えるだけで運動量は上がります。

2.目標を低く、それを数回続ける

ダイエットの失敗には目標の高さもあります。いきなり「5キロ痩せる!」と目標を立ててダイエットをしたけれど、なかなか5キロは痩せなかったと途中で諦めてしまうなんて女性もいるようです。

ダイエットで確実に結果を出したい時はまずは1~2キロ減から始めることです。このくらいだと簡単にできますし、すぐに「できた!」という達成感があるのでダイエットはツライという気持ちがほとんど出てきません。

この低い目標を数回繰り返していくと、知らない間に5キロ痩せていて、ダイエットがツラいものだという意識もなくなります。この方法で痩せることが楽しいと感じ始めると気づいたらスリムに!ということもあります。

3.日頃から体を温める

「食事制限もして運動もしているのに痩せない!」とダイエットを途中で諦める人に多いのが体の冷えです。

体が冷えていると基礎代謝が落ちるので、ダイエットをしても痩せない・痩せにくいということが起こります。

日頃から体が冷えないように温めるようにすると基礎代謝が上がるので、ちょっとの運動で代謝が上がり痩せやすい体に変化します。

代謝が落ちている人は、下記のことに注意すると基礎代謝があがり痩せ体質に変化します。

  • 冷たいものはなるべくとらない
  • 毎日湯船に浸かって体を温める
  • 肩甲骨を動かして、褐色脂肪細胞を活性化させる

4.外食する時はなるべく居酒屋

忙しいとついつい外食が増えたり、会社の付き合いや友達と食事に行くこともあります。この時にオススメなのが居酒屋です。

「居酒屋って太りやすい食べ物ばっかりじゃないの?」と思ってしまいますが、実は居酒屋は料理の種類が多いので、ダイエットをしている人にとっては1回の食事でいろんな栄養素を効率的に食べることができるのです。

ダイエットの時に居酒屋で守って欲しいルールは下記の通りです。

  • 最初にサラダ(野菜系)を食べる
  • 揚げ物ではなく、刺身や焼き物を食べてたんぱく質を摂る
  • 枝豆や豆腐などの大豆製品を食べる
  • 炭水化物は食べない
  • 腹八分目に抑える

難しいようですが、自分が居酒屋に行った時のことを考えてみてください。意外に炭水化物を食べないで帰ることありませんか?

居酒屋は野菜・魚・肉と多くのものが揃っているので炭水化物を摂らなくてもお腹は満たされます。

居酒屋といったらお酒が欠かせません。お酒もダイエットには大敵と言われていますが、全く飲んではいけないというわけではありません。

なるべく量を減らしたいですが、下記のようなお酒はオススメです。

  • 赤ワインや焼酎・ウイスキーなどの蒸留酒
  • クエン酸が豊富な梅酒

カクテルやビールは糖質が多いのでなるべく避けましょう。

5.我慢は禁物、間食は100キロカロリー以内ならOK

ダイエットをしている時は間食もダメとおやつを諦めるのが今までは常識になっていました。しかし我慢ばかりしているとダイエットは続きません。

そこで最近は100キロカロリーまでの間食・おやつであれば食事でカバーできるので我慢はしないというのが主流になっています。

その他、無糖のドライフルーツだとビタミンも摂れますし、ナッツ類もカリウムが摂れ、むくみ予防にもなります。チョコレートもカカオ70%以上のものであればダイエットに効果的と言われています。

間食は我慢せずに適度な量を摂ってストレスにならないようにすれば必ずダイエットを途中で断念することはありません。

ダイエットはキツイものではなく楽しむもの!

shutterstock_194972948 - コピー
ダイエットはキツイもの・我慢するものという意識があるから長続きしないし、結果ばかりを追い求めてしまいます。

間食も摂り、無理な運動をしなくてもダイエットはできるのでキツイものという考えはなくして楽しみながらダイエットしてみましょう。そうすれば必ず結果は出ます。

この記事をシェアする

関連記事