• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

努力しても体重が減らない!ダイエットの停滞期、理由は?乗り切り方は?

Date:2013.02.17

ダイエットを始めるときは、いつも「これを人生最後のダイエットにする!」と心に決めて、強い意志でスケジュールをたてて挑むライター高田です。

そりゃもう、ダイエット前の私の意思の強さったらない。「この勢いで痩せたらガリガリになっちゃうんじゃね?」って我ながら心配しちゃうくらい、予定と気持ちだけは立派。

でもまぁ、たいていその心配は杞憂に終わりますよね。ダイエットが1ヵ月続いたことがありませんから、ワタクシ。あのダイエットを続けていたら・・・ねぇ?今ごろは・・・ねぇ?さぞかし・・・ねぇー。

ダイエットが続かなかったのは、体重が減らなくなったのが原因。こんな経験、ダイエッターなら誰もが一度は経験しているのでは?痩せるためには、身体の仕組みを知ることも大事!ということで、ダイエットの停滞期について学んでみましょーう!

「停滞期」は何故やってくる?

ダイエットをはじめて1ヵ月間は順調に体重が落ちていたのに、ある時期から体重が減らなくなってイライラ。「この体重計、壊れているんじゃないの?」と機械のせいにしてみたり、「ここが私の限界ってことか?」と限界説を持ちだしてみたり。

そしてあまりに変化のない体重に嫌気がさして、ストレス喰いに走ってリバウンド。やったね!体重に変化があったよ!減少方向じゃなくて増加方向だけどね!!

なんてこれ、まんま私の経験なんですけど。この体重が落ちなくなるという現象、それは「停滞期」のせいなのです。この停滞期は、何故、どのようなタイミングで起こるのでしょうか?

人間の体には、身体の環境を一定に保つための防衛機能が備わっています。ホメオスタシス(恒常性)と呼ばれるこの働きのひとつの例として、体温の維持が挙げられます。

寒いときに、身体がぶるぶる震えることがありますよね?これは、外気の寒さに負けないように筋肉を動かして熱を生みだし、体温を保つようにしているのです。逆に、暑いときに汗をかくのも、ホメオスタシスの働き。汗をかいて熱を逃し、体温が上がり過ぎないように調整しているのです。

にっくき停滞期は、このホメオスタシスの働きがいかんなく発揮された結果。摂取カロリーより消費したカロリーが上回る生活を続けていると、始めのころは順調に体内の脂肪がエネルギーに変わって消費されますが、ある時期をきっかけに身体が摂取カロリーの不足を「危機的状況である」と判断して、エネルギーを蓄える身体へとチェンジしてしまうのです。「なるべく変化のないように」と省エネボディになってしまうのですね。

ホメオスタシスが反応し始める“ある時期”とは、1ヵ月で体重が5%減ったとき。例えば体重50kgの人が1ヵ月かけて2,5kg痩せると、ホメオスタシスが働いて、痩せにくい停滞期へ突入してしまいます。

ちなみにこの停滞期、痩せにくい時期であると同時に、とっても!太りやすい時期でもあります。何故なら、身体は消費を抑えて貯蓄を増やす省エネモードに突入しているから。その状態でダイエットを中断して元の生活に戻ると、「現状維持」どころか逆に太ってしまうことに。

停滞期のつらさに負けて、ダイエットを中断してしまう私が「リバウンド王」になってしまう原因は、ここにあったということ!停滞期は、とってもリバウンドしやすい時期なのですね・・・泣けます。

停滞期はいつ終わる?

では、停滞期のあいだもダイエットを続けていると、どうなるのでしょうか?身体が「この状態が正常だ」「このままでも餓死しない」と判断すると、ホメオスタシスの働きが薄れ、再び順調に体重が減る減量期へと突入します。

この「大丈夫」と判断されるまでには、わりと時間がかかります。個人差があるのですが、だいたい2週間~1ヵ月くらいはかかると言われています。

しかもこの停滞期、一度経験したらもう二度とない、というものではありません。ダイエットを続けてしばらくすると、再び停滞期に突入することもあります。

停滞期を乗り切るには?

停滞期を乗り切るコツは、「いつかは抜け出せる」と信じてストレスをためこまないこと。ついつい痩せることに躍起になってしまって今まで以上に食事制限をしてしまったり、過度のエクササイズを取り入れたりしてしまいがちですが、停滞期は体重が減りにくい時期なので、努力が結果につながらずにストレスになりかねません。

むしろ停滞期は、「ダイエットが順調に進んでいる」「身体が変わっている時期」という証拠でもあります。努力して乗り切れば、痩せやすい身体になってる!はず!!

来るべき減量期に備えて、停滞期にはたんぱく質やビタミン・ミネラルの栄養を補給しておきましょう。たんぱく質は筋肉を作る栄養素であり、基礎代謝量のUPを狙えます。ビタミンやミネラルは美肌のために。せっかく痩せたのに、お肌はボロボロ・・・では悲しいですからね。

たまには自分にご褒美をあげながら、ストレスをためこまないようにして停滞期と仲良く付き合い、長い目でダイエットを続けていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事