• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

バレエはダイエットに効果あり!ダンサーの美の秘密教えます

Date:2014.10.16

バレエの舞台を見たことはありますか?ダンサーたちが涼しい顔をして、完璧で優雅な舞いを披露してくれるのです。

一見して彼らの踊りは、水面下の白鳥のごとく見えない努力の末に勝ち得られたものだということはまず分からないかもしれません。

バレエダンサーたちの美しい動きの源は、コアマッスル。ステップ一つ、回転一つ、ジャンプ一つ、それ以外のすべての動きに関して、一つとして体の中心の筋肉を使わないものはありません。

この記事では踊り子たちの美の秘密、コアマッスルとの関係についてご紹介。あなたも真似ができるエクササイズもありますよ。

コアを鍛えるエクササイズ

彼らの緻密な踊りは、コアマッスルが重要なカギを握っています。

ダンサーたちは腹筋、V字腹筋やプランク(ひじをついた腕立て伏せのポジションから、片手ずつ通常の腕立て伏せの状態に伸ばし、再びひじをつくエクササイズ)などの筋肉トレーニングを欠かしません。

筋トレ以外のダンスレッスンの時も、彼らは常にお腹の筋肉を体の内側に引き込むように意識しています。

こうしてレッスンの間中ずっと、彼らのコアマッスルは鍛え続けられえるというわけです。

ジャンプで鍛える

バレエの舞台を見る機会があったら、ダンサーたちのジャンプを気を付けてみてください。

まるで無重力のように柔らかく跳んで、柔らかく着地しているのが分かると思います。

この優雅なジャンプもやはり、コアマッスルのなせる業。

ジャンプの前には腹筋とおしりの筋肉を総動員し、着地するときも同じく体の中心をしっかり保つことでソフトに行うことが可能になります。

あなたがジャンプを真似しようとするときには、さすがにステージを借り切って飛び回るわけにはいかないので、膝より少し低めの台を用意して、そこに両足でジャンプして乗る、というエクササイズをしてみましょう。

スローエクササイズ

バレエダンサーたちがコアマッスル強化のために行うエクササイズはまだまだあります。

それはアダージオと呼ばれるゆっくりとした動きのプロセスです。たとえば足を上げて、ターンするというシンプルな動きをゆっくりとするのです。

さすがにこの動きは専門的なのでパスするとしても、ゆっくりとした動きで筋肉トレーにニングするのはあなたでも可能です。

ダンベルを2秒で持ち上げたら下ろすのは4秒かけるなど、動きに時間の緩急をつけるだけでも、筋肉を効率よくつけて美しい体作りに役立ってくれます。

バランスエクササイズ

ダンサーたちの舞の中でよく見られるのが、トゥシューズのつま先一つで体を支え、腕を横や上に上げてバランスをとるポーズ。

とっても優雅に見える動きですが、ここでもコアマッスルがマックスで使われています。

バランスをとるときに怖いのが、転ぶこと。これを防ぐために彼らは体の中心にしっかり力を入れて踏みとどまっているのです。

また、腕を上や横に上げるのはバランスを取りやすくするのではなく、実はそのハードルを上げているのです。

お家で真似をするなら、ヨガのバランスのポーズなどを基本にし、コアの筋肉を感じながらふらふらしないで立てるようにするのがおすすめです。

いかがでしたか?バレエダンサーたちのすんなりとしてエレガントな肉体は、体の内側の筋肉をしっかりと鍛えているからこそ。

コアマッスルがきちんとついていると新陳代謝もアップし、太りにくい体に導いてくれます。

さあ、今日からあなたもバレエダンサーの美ボディを目指してみませんか?

この記事をシェアする

関連記事