• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美術館でのマナー講座~文化系デートで彼から愛される行動とは~

Date:2013.10.09

あなたは誰かと美術館へ行ったことはありますか?美術館だけでなく展示会や静かな博物館など、文化系のデートをしたことはありますか?こういう場所というのはただ「楽しい~!」というノリだけではデートが成立しないのが難しいところ。

知識と教養が試されているような気がして、なかなか落ち着かないデートだった…という人も少なくないと思います。

ただでさえ静かな場所は緊張するというのに、それが文化系デートとなるとなおさらです。かといって「行きたくない」では済まされません。

こういう場所は、彼氏さんだけではなく、友人や先輩からも一緒に行こうと誘われる機会がありますので、その際のコツを知っておいて損はありません。

ここでは文化系デートで一緒に行った相手から愛されるポイントやコツをご紹介したいと思います!美術館などで楽しく過ごす、ということは教養の向上やマナーの向上にもつながりますので、決して読んで損はないはずです! 

展示されている作品の悪口は決して言わない

展覧会、美術館、博物館などの文化系デートをする際に、一番大切なことは「その場に展示されている作品や展示品の悪口は決して言わないということです。

これは、本当に徹底して守るべきマナーと言えます。もし一緒に行った人が興味のある展示会や美術館であればなおさらです。

また、作品には作者それぞれの思いや、こだわりが込められており、美術館に行くということはそういったものを感じ取りに行くということでもありますので、その作品に対する悪口、批判などは言わないほうが絶対にいいのです。

専門家や批評家のような態度をとってしまうと、一緒に行った人に不快な思いをさせてしまう可能性もあります。

「なにこれ、意味わかんない」と言わない

この発言にも気をつけましょう。美術館や展示会にはときおり、本当に「作者の意図がわからない…」と思わざるを得ないような難しい作品が飾ってあることがあります。

しかし、それを丁寧に鑑賞し、自分の中の知識を増やすというのも文化系デートの醍醐味でもあり、楽しみでもあります。ですので見た瞬間に「なにこれ、意味わかんない」と作品に向かって言うのは絶対にやめましょう。

そういう態度をとってしまうと、彼氏さんに「もう一緒に連れてこないほうがいいかな」と思われてしまう恐れもあります。また、あからさまな作者批判、作品批判もしないように気をつけましょう。

「会場、寒い~」を連呼しない

展覧会の会場というのは作品をより良い状態で保管しなければならないため、少し温度を低めに設定してあります。暑い空気に長く触れていた作品は痛んでしまう可能性があるからです。

そのため、会場はちょっと涼しい、というよりも「寒い」と感じるくらいの温度に設定されていることがあります。そんなときに気をつけなくちゃいけないのが、「会場、寒いんだけど」を連呼しないということ。

あまりにも「寒い、寒い」と言われると、一緒に行った人が疲れてしまいます。もし文化系デートを提案されたら、上着をカバンに忍ばせていくのがいいでしょう。

会場が寒いと思ったら上着を羽織る。一枚着るだけでかなり体感温度は変わってくるはずですし、彼氏さんもホッとすることでしょう。

ほかのカップルを見て感想を言わない

これが結構大事だったりします。美術館に来ている他のカップルを見て、その人たちについていちいち感想を言わないということ。これはなにも美術館だけではなく、あらゆる場面に共通するマナーだったりしますよね。

「あのカップルの男のほう、ずっとあの絵ばっかり見てる~」、「あのカップルの女の子のほう、あの作品から離れないね、私も見たいんだけど」といった具合に、他のカップルについてあれこれ言うのは厳禁。人を見に来たのではなく、作品を観に来たのですから。

「見るの疲れた」と言わない

さて、マナーに気をつけて鑑賞していたつもりでも油断した瞬間につい出てしまうのがこの「疲れた」という言葉。これには本当に気をつけなければいけません。それまで完璧にマナーを守っていたとしてもこの「疲れた」の一言で台無しになってしまうこともあります。

彼氏さんだって、「疲れさせちゃったのかな」と心配することになりますし、気を遣わせてしまうことになります。美術館や展示会は会場も広く、歩くだけでも大変という会場もあるかもしれません。歩きやすい靴で行くなど、自分なりの工夫も必要になってくるでしょう。

会場内で食べ物や飲み物を取り出さない

これはマナー中のマナーですよね。このマナーを違反してしまう人は少ないと思いますが…。でも、油断したときについ、ガムを噛んでしまったり、飴をなめてしまったり、ペットボトルから一口飲んでしまったり…。なんてこのがあるかもしれません。

作品を飾ってあるところに行く以上は、食べ物と飲み物に関するマナーは徹底して守らなくちゃいけないことです。それを守れるかどうかで彼からますますの信用を得られるかどうかが変わってくると言っても過言ではありません。

楽しかったときちんと伝える

さて、文化系デートで彼から愛される一番の行動は、マナーを守ることもさりながら、きちんと「楽しかった」と感想を伝えることにあると思います。

なかなか行く機会のなかった所につれてきてもらったことへのお礼、そして興味深い作品を観ることができたことへの感謝、一緒に作品を鑑賞できたことへの喜びなどをしっかり言葉にして伝えるようにしましょう。

彼はきっと喜ぶと思います。なぜなら彼は「あなたがその空間で楽しんでくれたかどうか」ととっても気にするに違いないからです。きちんと感想を伝えることでますます彼との絆も深まりますよ。今度の文化系デートが楽しみですね♪

この記事をシェアする

関連記事