• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットのプロ直伝!あと数キロの体重が減らない3つの理由

Date:2014.11.04

食生活の改善、運動…いろんなことを我慢してやっと目標体重まであと少し!今まではがんがん体重が落ちてきていたのに、あと数キロのところでなぜかペースダウン。どうしてこの3キロが減らないの!?

ダイエットをしていると、時折この「あと数キロの壁」にぶつかります。順調に落ちていた体重がいきなり減らなくなると、やる気がなくなったり落ち込んだりとモチベーションにも影響が出てきます。

どうして目標体重まであと少しの時にこういうことが起きるのか?この記事ではダイエットのプロの見解をご紹介しましょう。

1.体がマンネリ化!?

まず考えられるのは、食生活や運動がずっと同じ、もしくは似たようなことの繰り返しに陥り、体がそれに慣れてしまっている可能性です。

ダイエットを始めた当初は食生活も運動も新しい習慣ですから、体には相当な刺激があります。

しかしそれが毎日のことになってしまうと体の適応能力が働き、少ないカロリーでも体がうまく回るようになったり、運動をしてもそれほどの刺激にならなくなったりと体がマンネリ化してしまうのです。

そんな時には新しい刺激が必要!新しいカロリー少な目メニューを試したり、エクササイズ方法を変えてみたりなど、体をびっくりさせるようなことをしてみましょう。

2.カロリーが少なすぎ!?

痩せるためにはカロリー制限!これは確かに間違ってはいないのですが、行き過ぎるとかえってダイエットの障害になることがあります。

特にエクササイズをたくさんしているのに、それに見合ったエネルギー補給がされていないのは要注意。体が飢餓モードに入り、食べ物を脂肪として溜めこみやすくなるほか、代謝を落としてエネルギーをあまり使わないようになってしまうのです。

チーズや繊維質の多いクラッカー、生のアーモンドや果物など、200キロカロリー程度のおやつをエクササイズ前に食べるようにしてみましょう。この少量のカロリーが、体をパーフェクトに動かし、かつ脂肪を効率的に燃やすのに役立ってくれます。

3.ちょっと怠けている!?

先ほどの二つは自分に厳しく、真面目にダイエットを続けてきた人に起こりうる壁。けれど、あと少しで目標達成だからと怠けてしまうことでも体重減少のスピードは落ちます。

あと少しで理想体重になるからと、ちょっとおやつを食べすぎたり、エクササイズを休んだりしていませんか?これくらいいいかな、とついつい自分を甘やかしてしまうと、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。

特に、ちょこっとした間食には注意です。というのも、自分が食べているものについて意外と人は鈍感だからです。一つまみ、一つまみと少量の食べ物を食べ続けていると、それがいつか脂肪の塊になってかえってきます。

再度自分が何を口にしているか注意すること、またダイエット開始当初のようにエクササイズを頑張っているか振り返ってみること。これが大切です。

いかがでしたか?ダイエットに厳しすぎて壁にぶつかる人、自分に甘くなって壁にぶつかる人。あなたは一体どちらでしょうか。この記事を参考に、ぜひ最後の数キロ減量を成功させてください。

この記事をシェアする

関連記事