• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どうして痩せないの?あなたがダイエットに失敗する8つの原因

Date:2014.11.04

数々の人の食生活を見てその問題を発見し、より健康的に生きていくためのアドバイスをする栄養士さん達。彼らはまた、痩せたい人達の食生活のアドバイスもしています。その中で、どうしても体重を減らせずに困っている人もいるのだとか。

そして、その原因は間違った食生活にあるのだそうです。この記事では栄養士さんが教える、ダイエット失敗の8つの原因についてご紹介します。

1.カロリー量と、カロリーの質

痩せたいからといって、摂取カロリーをやみくもに制限するのは考え物。カロリーが少なければいいとばかりに、栄養の入っていない食べ物ばかりを食べていると体のバランスが崩れ、脂肪が効率よく燃焼できなくなります。

カロリーは少なくても、糖質がたっぷりの果物や炭水化物ばかり食べたりするのも、また太る原因になるのです。

2.○○を食べないダイエットの罠

炭水化物、乳製品、砂糖などなど、「この食べ物を食べなければ痩せる」こういったダイエットは良くあります。

お医者さんなどに特別アドバイスを受けた上で何かの食べ物を摂らないというのはともかくとして、素人判断で何かを食べないダイエットをするのはあまりおすすめできないものです。

何かを食べない代わりに、他の食べ物をたくさん食べてもいい。制限ダイエットにはこのような条件がついていることがありますが、それが結局食べ過ぎ、カロリーの摂りすぎにつながって、結局痩せられないというスパイラルに陥るのです。

3.罪悪感が最大の敵

体重減少の最大の壁と言ってもいいのが、「罪悪感」。一度の食事で何かダイエットの障害になるものを食べてしまった。

この罪悪感はその後の食事を急激に減らしたり、食べ物を制限して体が飢餓状態に陥ったりし、結果食べたものの栄養を体に蓄積し始めて体重減少ができなくなるという悪循環に陥ります。

一度や二度の失敗は大丈夫。パニックにならずに、もとの正しい食生活に戻りましょう。

4.栄養素のバランスは大丈夫?

タンパク質、脂肪、食物繊維などの栄養素は健康な体を作るのに大切な要素。

これらの栄養が足りていないと脳は空腹であるというサインを出し続け、他の食べ物をたくさん食べることで、この飢餓状態を埋めようとします。それが、体重増加の原因になってしまうのはもうお分かりですね。

5.ヘルシーでも食べすぎは禁物

アボカドやナッツ、オイル類などヘルシーな食べ物として知られているこれらの食材も、食べ過ぎてしまったら元の木阿弥。これらの食べ物は栄養たっぷりであるのと同時に、カロリーもなかなかのもの。ヘルシーだからたくさん食べてもいい、というわけではないのですよ。

6.時には羽目を外しても

誕生日パーティーや、素敵なディナー。時にはこういった豪華な食事を楽しむのもいいでしょう。けれどその次の日も、次の日もずっとこういった食事が続くのはあまりよくありません。

つまり、時にはたくさん食べるのはいいけれど、すぐに元の健康的な食事に戻るのが大切。本当に痩せたいと思うのなら、この意思の強さも大切です。

7.精製された炭水化物に注意

ほかほかのごはんから、おいしそうなパン。私たちの生活には炭水化物がたくさんです。ごはんにしろ、パンにしろ、私たちの食生活に密接にかかわっているこれらの食べ物を、ダイエット中だからと言って制限するのは簡単ではありません。

少しの手間ですぐに食べられる手軽さと、味の良さ。これらの魅力的な食べ物はおいしいものですが、体重減少の大敵。炭水化物を摂るのなら、精製度合いの低いものを少量にとどめましょう。

8.敵は食べ物ばかりにあらず

カロリー制限をし、健康的な食べ物を食べ、外食を減らし…とダイエットのための生活をしているあなた。そんなあなたに「なんでそんなことやっているの?」と声を掛けてくる友達や家族が、実はダイエットの最大の敵だったりします。

飲み会に誘って来たり、健康的な食べ物についてとやかく言ってきたり。身近な相手だからこそ、その誘惑に負けそうになる人も多いのでは?

いかがでしたか?食べ物や身近な人など、ダイエットの障害になるものはさまざま。原因のすべてを排除するのは容易ではありませんが、それらのものが障害になると頭に入れておくだけでも効果はあるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事