• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼とのドライブデート中に車酔いしてしまったときにすぐにできる対処法

Date:2012.12.20

彼との楽しいドライブデート。でも、体調が悪かったり、彼の運転が悪かったりすると車酔いを起こしてしまうこともありますね。気持ち悪いとせっかくの楽しいデートも台無し。彼だって心配したり、不機嫌になったりしてしまうもの。

酔ってしまったら、食事でもできないし、目的地に着いて楽しく過ごすこともできず寝てばかり…なんてデートはしたくないですね。車酔いをすぐに治して、楽しいデートにする方法、車酔いにならないように予防する方法、対策などを紹介していきましょう。

車に酔ってしまったら?

酔ったかな?と思ったときは、窓を開けて風を入れる、横になる、遠くの景色などあまり動きのないものを見る、衣服をゆるめる、頭を冷やす、酔い止めの薬を飲む、といったことをしてみましょう。

また、ペパーミントには吐き気を和らげてくれる作用があります。ペパーミントのハーブティを飲んだり、オイルを持ち歩き香りをかぐといいでしょう。酔いがひどくならないうちに、車を止めてもらい外の空気を吸うといいですよ。

車酔いに効果のあるツボ

酔ってしまったらツボを押しましょう。乗り物酔いに効くと言われているのが「合谷(ごうこく)」というツボ。親指と人差し指の間、手の甲側にある少し凹んだところにあります。

ここを指でぐっと押しましょう。「内関(ないかん)」のツボも吐き気などに効くと言われているツボ。手首の指幅3本分下に下がった位置にあります。

乗り物酔いの薬を飲む

乗り物酔いの薬は車に乗る前に飲む薬が多いです。車酔いをしやすい人、今日はちょっと体調が悪いと思ったら酔い止めの薬を飲むようにしましょう。酔い止めの薬を飲んだ安心感も、酔いを予防する効果につながりますよ。

車の揺れに注意

車酔いをしないようにするには、頭をあまり動かさず、進行方向を見るようにしましょう。また、カーブに合わせて体を傾けるようにすると、予防になりますよ。

進行方向見えないときには、なるべく遠くの景色を見るようにしましょう。また、揺れている車内で本を読んだりパソコンなどをしていると、乗り物酔いをしやすくなりますので注意。

服装は締めつけないものを

お腹を圧迫するような服装は控えましょう。ベルトできつく締めつけたりするのもよくないです。動きやすい、リラックスできる服装にしましょう。

デートの前日はよく寝る

睡眠不足や疲労がたまっていると、自律神経が乱れやすく車酔いをしやすくなります。デートの前日は睡眠を十分とるようにしましょう。

また満腹でも空腹でも車酔いはしやすくなるので、空腹を避け、ドライブの前には食べ過ぎないようにしましょう。車の中で手軽に食べられるお菓子や飲み物を用意しておくといいですよ。

車酔いに効く食べ物

車酔いに効くと言われているのが梅干し。ピクリン酸が肝機能の活性化を促して毒を排出してくれるから、酸っぱさが三半規管を調整してくれて酔いを解消してくれるから、など梅干しの乗り物酔い予防効果についての理由はいろいろ言われています。

またショウガも胃の過剰な働きを抑えてくれるので、吐き気を抑えてくれると言われています。反対に乗り物酔いしやすい食べ物としては、柑橘系の食べ物、アイスクリーム、ヨーグルト、チーズケーキなどがあります。

また、子どもの頃の記憶で、これを食べたら吐いてしまった、などという記憶があるとそれがトラウマになって酔う、ということもあるので注意しましょう。

この記事をシェアする

関連記事