• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

他人ごとではない円形脱毛症になりやすい人とその原因?

Date:2013.03.16

それはある日突然気づくことが多いそうです。確かに頭のてっぺんなんてそうそう見ませんよね。ところが、あれ?と思って見てみると、頭に10円くらいのハゲができている!まさか私が?女性なのに?そんなにストレスを感じているの?と不安になりますね。

円形脱毛症は女性でもなります。むしろ女性の方が多いと言われています。ストレスが大きな原因だとも言われています。そして誰でもなる可能性があります。

「ストレスなんて感じなさそうなのに」という人でもなります。でも、なりやすい傾向の人、というのはあるようです。

アナタは大丈夫ですか?円形脱毛症になりやすいタイプであれば、対策をとった方がいいですよ。

円形脱毛症になりやすい人とは?

円形脱毛症になりやすい人とは、ストレスを受けやすい人、ストレスを発散できない人、ストレスをストレスと感じない人、と言われています。

また、優しい人、自分のことよりも他人のことを優先して考える人、他人のペースに我慢して合わせてしまう人、などが円形脱毛症になりやすいとされています。

円形脱毛症は誰でもなる?

円形脱毛症は性別、年齢を問わず誰でもなる可能性があります。中学生や高校生、幼稚園児でもなります。

突然ショックなことが起きたとき、ストレスを受け続けてある日突然、進路に悩んでいるときなどさまざまなことが原因で発症します。女性がなりやすいとも言われています。

円形脱毛症の特徴

ほとんどが頭部にできるようですが、決まってはいないようです。眉毛などの毛が抜けてしまうこともあるようです。10円玉くらいの大きさになると気付くことが多いようですが、もっと小さかったり、頭部全体の髪の毛が抜け落ちることもあります。

円形脱毛症で抜けた髪の毛は、毛根すべてが弱っているばかりではなく、毛根がきれいだったり、先がとがっていたりするもの、といろいろです。これから分かるのは、髪をつくり出している毛母細胞に突然作用して抜けているということです。

なぜストレスを受けると毛が抜けるのか?

髪の毛が突然抜ける理由としては、一つは免疫細胞が原因とされています。

免疫細胞であるTリンパ球は病気に感染した細胞を見つけると排除するという免疫細胞です。そのTリンパ球が毛母細胞を異物として認識してしまい、毛母細胞を攻撃してしまい、脱毛につながる、と言われています。

また、ストレスが原因で、首の後ろにある僧帽筋が血行不良になり、髪の毛を生み出す毛包の周囲の末梢神経が影響を受けて、髪の毛の成長が止まってしまう、とも言われています。

こんな症状があったらすぐに病院に

突然髪が抜け始めた、抜けた部分のカタチが500円玉くらいの大きさである、脱毛した周辺の髪の毛に痛みを感じずに抜くことができる、抜けた髪の毛の毛根の部分がとがっている。脱毛の部分が広がってきた、頭皮にむくみを感じる、爪にすじやくぼみができた、などといった症状があった場合は、すぐに病院に行きましょう。

円形脱毛症の対策

円形脱毛症になったら、またはならないためにもストレスを解消する方法を見つけましょう。また、脱毛の後が気になってそれがストレスになってしまうことも。ウィッグをつけたりして気にならにようにしましょう。

また、洗うと脱毛が広がりそうだといって触らないと、頭皮が不健康になり抜け毛の原因になります。髪はていねいに洗って、頭皮を清潔にしましょう。また、頭皮マッサージなども頭皮の血行をよくしてくれますよ。

この記事をシェアする

関連記事