• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

長野県発!美肌や冷え性、ダイエットにも効果抜群の「えのき氷」とは

Date:2013.03.12

スーパーなどでも年間通して割と安く手に入る「エノキタケ」。もやしと並んで家計のピンチを支えてくれるありがたい食材です。その白くて細い華奢な体はなんとなく頼りなげで、栄養なんかないんじゃないの?と思ってしまいますよね。

ですが!実はこのエノキタケ、食物繊維の含有量はキノコの中でもトップクラス。さらにタンパク質やミネラルなど、美容に欠かせない栄養素も豊富に含まれていて、女性にはありがたい食材なんです!

そして注目すべきはその排泄力。しっかり出してお腹の中からキレイにするため、ダイエットにも効くと最近注目されているんです。そんなエノキタケの栄養素を効率よく吸収できるように考えられたのが今回紹介する「えのき氷」。

「えのき氷」って何?

エノキタケの生産量日本一の長野県中野市で生まれた「えのき氷」。簡単に言うと、エノキタケと水をなめらかになるまでミキサーにかけ、鍋で煮詰めて、凍らせたものです。

使うときは解凍してお味噌汁に入れたり、炒め物に入れたり、いろんな料理にポンポン入れるだけという手軽さ。

コクが出て味に深みが出るというか、まろやかになるというか。カレーなんかに入れてもいいみたいですよ。先日我が家でも餃子に入れたのですが、とっても美味しく仕上がりました!

わざわざミキサーにかけたり煮たり凍らせたり、そんな面倒なことしなくたってそのまま使えばいいじゃないと思ったあなた。エノキタケは「えのき氷」に姿を変えることによって、栄養が格段に吸収されやすくなるのです。

その秘密は「えのき氷の調理過程」にありました。

「えのき氷」が栄養価に優れている理由

まず、ミキサーで砕くとどうなるか。エノキタケの食物繊維の中にある硬い細胞壁が砕かれ「キノコキトサン」という成分が出やすくなります。キノコキトサンには脂を排出したり、内臓脂肪を分解したりする働きがあることが近年の研究で分かっています。

そして煮る工程。エノキタケの成分は熱に強いため、加熱によって壊れることなく水分中にうまく溶け出します。水溶性の方が体には吸収されやすいですからね。

最後の凍らせる工程にもちゃんと意味がありました。凍らせると細胞が膨張して引きちぎられ栄養価が細胞の外に出るため、吸収されやすくなるのだそうです。

「えのき氷」deダイエット

「えのき氷」を使った実験が行われました。108名の男女を「えのき氷摂取グループ」と「通常の食事グループ」に分け、脂質や中性脂肪の変化を比較するというもの。

「えのき氷摂取グループ」には2ヶ月に渡ってえのき氷3個分(生のエノキタケ50g相当)を食事に加えて毎日摂ってもらいました。

すると、「えのき氷摂取グループ」は「通常の食事グループ」に比べて、総コレステロール、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)、総脂質、中性脂肪のそれぞれの値が低下したのです。特に、LDLコレステロールについては男性よりも女性の方が著しい低下を示しました。

実験によって数値でも「えのき氷」がダイエットにいいことが示されたわけですが、ではどうしてこのような結果になったのでしょうか?

その理由は、エノキタケに豊富に含まれる食物繊維にありました。食物繊維が体内の不要物の排泄を促す役割があることはみなさん知っていますよね。

きのこに含まれている食物繊維は野菜などの食物繊維と違って細胞壁が壊れにくいという性質を持っています。そのため、細胞を分解しようとして腸が活発に働くようになり、結果として便通がよくなるのだそうです。

腸の動きが鈍って老廃物が長く腸内に留まるようになると、それだけで糖分や脂質を必要以上に吸収しすぎてしまうため、太りやすくなってしまうというわけです。便秘が続くとお腹周りから脂肪がついてしまうのはこのためなんですね。

「えのき氷」ダイエットはリバウンドしにくい!

辛い食事制限をしてせっかくダイエットしたのに、リバウンドしちゃった!なんて経験のある方にとって「えのき氷」まさに救世主。そもそもなぜリバウンドするのかというと、ダイエットで食事制限をすると当然ながら体に必要な栄養素が不足します。

すると、体の防御反応とでも言いましょうか、一時的に過剰に栄養を取り込もうとする力が働いてしまい、リバウンドしてしまうのだそうです。

その点、えのき氷ダイエットは、栄養バランスに優れたエノキタケを使用しているため、急激に栄養素が損なわれることなく、かつ豊富な食物繊維が老廃物をしっかり排出してくれるのでリバウンドしない健康的なダイエットが実現できるのです。

だからといって「えのき氷」だけを食べるのはもちろんダメ。バランスのよい食事を心がけた上で上手に料理に取り入れるのが賢いやり方です。「えのき氷」を使ったレシピ本も出版されていますし、ネットでもレシピ検索できますので、興味のある方は一度調べてみてください。

「えのき氷」de美肌&冷え性改善

実際に「えのき氷」を体験した人の中で、「美肌になった」という声が多く聞かれるそうです。その理由として2つのことが考えられます。一つ目は、しっかり老廃物を排泄することで基礎代謝が高まり、肌のターンオーバーが促されて調子がよくなること。

そして二つ目は、「えのき氷」に含まれている「トレハロース」という成分。このトレハロースには高い水分保持機能があるため、肌が潤うのだそうです。

さらに「えのき氷」で女性を悩ます冷え性が改善したという声も。これは、腸内環境が整う⇒栄養の吸収がよくなる⇒血液の質が高まる⇒末端まで血液が流れるようになる⇒冷えが改善される、という好循環が生まれるためです。

血流が改善するとういことは生理痛や肩こりにだって効くということですよね。お悩みの女性は必見ですよ。

「えのき氷」の作り方

テレビ番組で紹介されたことを皮切りに、全国のスーパーなどでも売られるようになった「えのき氷」。私の自宅近く(長野県)のスーパーでも売られていました。お値段は300円弱。製氷皿8~10個くらい入っていたと思います。

近くのスーパーには売っていない!とか自分で作った方が安上がり!と思う人はチャレンジしてみてください。

  1. エノキタケ(300g)と水400mlをなめらかになるまでミキサーにかけます。
  2. ①を鍋にかけて約1時間弱火で煮詰めます。この際、吹きこぼれや焦げ付きを防ぐためにも、時々かき混ぜてください。
  3. 粗熱をとって製氷皿に入れ凍らせます。

できあがったえのき氷は、ジッパー付きの袋やタッパーに入れて冷凍庫で保存してください。

煮込み時間が1時間とちょっと長いので、まとめてたくさん作った方がいいかもしれません。また、ちょっと目を離すと吹きこぼれたり焦げ付いたりしてしまうため、ちょくちょく見てください。

また、1時間も煮込むなんて面倒…という人は楽天の通信販売なんかでも販売しているみたいですので、一度検索してみてくださいね。

ダイエットにも効果テキメンで女性に嬉しい効能をたくさんもたらしてくれる「えのき氷」。専門家によると体の細胞が生まれ変わる3ヶ月を目安に食べ続けると、効果を実感できるそうです。いつもの食事にポンと加えるだけ。あなたも試してみませんか?

この記事をシェアする

関連記事