• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今よりも美肌に!肌質別、正しいファンデーションの選び方!

Date:2014.11.14

より美肌にみせたい!

私はどんなファンデーションを使えば良いの?ファンデーションの種類がありすぎて選べない!

あなたの魅力を最大限に引き出すファンデーション選び。肌質によって、合うファンデーションは違います。

今日は肌質別のファンデーション選びをご紹介しましょう。

ファンデーションの種類と特徴

パウダーファンデーション

粉を押し固めた形状のファンデーション。手軽に使えることから、メイク直しや時間のないときの簡単メイクなどに向いている。

付属のスポンジでファンデーションを適量とり、顔に滑らせるように使用する。
サラッとした質感なので、乾燥肌の人には注意が必要。

リキッドファンデーション

液状のファンデーション。保湿成分が入っているものが多く、乾燥から肌を守る性質がある。

油分を含んでいるため、肌をカバーリングする力も高い。重ねることによって、より高いカバー力を発揮する。

油分を含んでいる分、化粧崩れもしやすいので仕上げにはフェイスパウダーなどを使用するのが吉。

クリームファンデーション

クリーム状のこっくりとした形状のファンデーション。リキッドファンデーションよりもカバー力は高い。

油分も多く、保湿成分もリキッドファンデーションよりも多いため、冬場など乾燥する時期には好まれる。

仕上げは必ずフェイスパウダーなどの粉類を使用しないと崩れます。

上記以外のファンデーションも、スティックタイプやフォームタイプのものもあります。

実際につけてみて、自分に合うかどうかを判断しましょう。

乾燥肌の方におすすめのファンデーション

  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション

このような、油分も適度にあり、保湿成分も入っているタイプのファンデーションが良いでしょう。

乾燥肌だけどどうしてもパウダーファンデーションが使いたい!という方は、しっとりタイプのパウダーファンデーションや、水あり水なし両用の2ウェイファンデーションを選びましょう。

普通肌の方におすすめのファンデーション

  • パウダーファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション

基本的にどのファンデーションでも大丈夫でしょう。好みのファンデーションを見つけましょう。

脂性肌の方におすすめのファンデーション

  • パウダーファンデーション
  • リキッドファンデーション

皮脂を吸収するような成分のあるパウダーファンデーションがおすすめです。

カバー力も欲しいのであれば、リキッドファンデーションですが仕上げのフェイスパウダーはしっかりと使用しましょう。

クリームファンデーションは油分が多いので、脂性肌の方には不向きです。

いかがでしたでしょうか。

ファンデーションを選ぶ際に気をつけていただきたい点は、自分の肌質に合っているか、首との色は合っているかです。

肌質に合っていないものを使用すれば、色が合っていても崩れやすかったり美しく見えない原因にもなります。

逆に肌質には合っているものでも、首との色が合っていなければ不自然に見えてしまいます。

店頭での色選びは、手の甲だけで行うのではなく、実際に顔につけることが自分に合ったファンデーションを選ぶ正しい方法です。

ファンデーション選びがバッチリだと、美肌にも拍車がかかりますよ!

この記事をシェアする

関連記事