• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

なかなか落ちない服についたファンデーションの汚れの落とし方

Date:2017.02.09

メイクをしてから着替えると、襟元などにファンデーションがついてしまうことがありますよね。

脱ぐ時にも気をつけないと、おでこのファンデーションがついて汚れてしまいます。洗濯をしても落ちなくて、白っぽい服だと目立ってしまって困りますね。

服の生地を傷めることなく自分で落としたいんだけど、どうすればいいんでしょう。

今回は、服についてしまったファンデーションを自分できれいに落とす方法をご紹介しますね。

クリーニングに持っていく時間がないときに、ぜひ試してみて下さい。


ファンデーションが落ちにくい理由

化粧品が服につくと、ほんとに落ちませんよね。そんなに簡単に落ちたらメイクは崩れまくりますし、クレンジングも必要ないということになりますから、落ちにくくても仕方ありません。

ファンデーションが落ちにくいのは、油と顔料の組み合わせだからです。ファンデーションの顔料は、粘土鉱物が使われていることが多いんですが、これが落ちにくい理由です。

粘土と油、つまり泥汚れに油が入っている感じなんですよ、ファンデーションの汚れって。それは洗濯機に入れて洗っただけでは落ちませんよね。

服についたファンデーションを落とす方法

それでもついてしまったファンデーションを落とす方法はあるんです!家にあるもので落ちるので、ぜひ試してみて下さい。

白シャツ、白ニット、白ニットキャップなど白いアイテムは特に汚れが目立ちますね。でも大丈夫!この対処法さえ知っておけば、ファンデーションも怖くありません。

服だけでなく帽子など小物にも使える方法です。ただし、洗濯表示をきちんと確認して下さいね。

洗える素材でないものにあれこれ手を加えてしまうと、生地を傷めてしまって着られなくなることもあります。

クレンジングオイルを使って落とす

服についたからといって、特別に考えることはありません。化粧を落とすのと同じように考えればいいんです。

そこで、クレンジングオイルの登場。メイクを落とすように、服の汚れも落としてみましょう。

<クレンジングオイルの使い方>

  1. ファンデーションのついたところにクレンジングオイルをつけて指でなじませます。
  2. 汚れが浮いてきたら洗い流します。

ポイントは、最初に衣類を濡らさないこと。化粧を落とす時と同じです。なじませるときは、こすらずに汚れを浮かすようなイメージでトントンと優しく落とします。

緊急処置としては、コンビニで売っているシートタイプのメイク落しを使ってもいいでしょう。

メイク落としにはジェルやミルクなど他のテクスチャーのものもありますが、洗浄力の強さを考えるとオイルタイプが一番適していると思います。

ベンジンを染み込ませて落とす

ベンジンとは薬局で売っている薬品で、汚れ落としなどに使えるものです。マジックインキやクレヨンなど油性の汚れにも強いのが特徴です。シールをはがすのにも使えます。

<ベンジンの使い方>

  1. 白いタオルなどを用意します。
  2. ファンデーションがついた箇所に白いタオルを当てます。
  3. 小皿などにベンジンを取り、タオルや歯ブラシ、スポンジなどにベンジンをつけてファンデーションがついたところを裏から優しく叩きます。
  4. その後は普通に洗濯します。

ベンジンを使って、裏側から他の布に汚れを移すような感じで落としていきます。決してこすらないように注意して下さい。

こするとシミが広がってしまうので、ポンポンと叩くようにして。歯ブラシなどを使うとやりやすいかもしれません。

生地を傷めてしまう可能性もあるので、目立たないところで練習してからの方がいいでしょう。

ベンジンは引火性があるので、キッチン周りで使うときは注意して下さいね。火気厳禁です。換気も良くして作業するようにして下さい。

シェービングクリームを塗る方法

なんと、ムダ毛処理に使うときのシェービングクリームで、ファンデーションが落とせるんですよ!男性用のシェービングクリームでももちろんOKです。

<使い方>

  1. ファンデーションがついた部分にシェービングクリームを塗ります。
  2. 5分ほどおいて普通に洗濯をするだけです。

シェービングクリームに入っている界面活性剤などがメイクの汚れを分解するのです。

ただし、汚れ落としに使うのは泡状になっているものを使うこと!ジェル状のものでは汚れが落とせません。

化粧水を使って落とす

軽い汚れなら化粧水でも多少落とすことが出来ます。

<化粧水を使った染み抜き法>

  1. コットンに化粧水を含ませて汚れを拭き取ります。
  2. その後は固く絞った布でトントン叩くときれいになります。
  3. 後は普通に洗濯して下さい。

新しくついたばかりの汚れならこの方法できれいになるでしょう。

台所用洗剤を使って落とす

台所用中性洗剤も脂汚れに強い洗剤です。ファンデーションの汚れも油汚れですから相性がいいんですね。

<使い方>

  1. 汚れた部分に洗剤をつけてもみ洗いします。
  2. その後普通に洗濯して下さい。

リキッドファンデーションに向いている方法です。

台所用洗剤とクレンジング剤を組み合わせる

ファンデーションがついてから少し時間が経ってしまった頑固な汚れには、台所用洗剤とクレンジングオイルを両方使ってみましょう。

<使い方>

  1. 洗剤とクレンジングオイルを1:1で混ぜます。
  2. 歯ブラシなどで汚れた部分につけて叩くようにして汚れを浮かせます。
  3. その後40度のぬるま湯でもみ洗いをしてください。

ファンデーションだけでなく、口紅汚れなどにも使える方法です。

鍋を使って煮洗いをする

いつものお洗濯も、洗うお湯の温度を上げるだけで汚れ落ちが違ってきます。

<煮洗いの方法>

  1. 鍋にお湯をわかし、粉末洗剤もしくは酸素系漂白剤(粉末)を加えます。
  2. 弱火で15分ほど煮てからお湯を捨て、洗濯機でもう一度洗います。

洗剤の量はお湯1Lに対して小さじ2程度を加えます。沸騰しているお湯に洗剤を加えると吹きこぼれてしまうので、必ず弱火にしましょう。

粉末の酸素系漂白剤か重曹でもかなり落ちます。漂白剤を使うときは、グツグツ煮なくても大丈夫。

いったん沸騰させたら火を止めて粉末を入れ、20分くらいつけ込んでから普通に洗濯します。

ただし、綿や麻以外の素材は向いていません。化繊や絹はシワになったり縮んだりしますので、やめておいた方がいいでしょう。

市販の染み抜き剤を使う

これまでご紹介してきた方法は家にあるものを使った対処法ですが、市販の染み抜き剤を使ってももちろんOKです。

シミの種類や生地の種類によって様々な染み抜き剤がありますから、自分が持っている洋服の中で一番多い素材のものに対応できる染み抜き剤を1つ持っていると便利ですね。

外出先でうっかりついてしまったら

会社にいるときなど、外にいる時にファンデーションがついてしまっても、応急処置の方法を知っておけば安心ですね。

<応急処置の方法>

  1. 落としたい部分にペーパータオルなどで裏から当て布をします。
  2. ハンカチなどにお湯を染み込ませ、ハンドソープを少しつけます。
  3. ファンデーションがついた部分を上から叩くようにして押さえ、汚れを吸い取ります。

こするのではなくて、叩いて落としていくのがコツです。

シミ抜きを上手にするためのコツ

ファンデーションの落とし方はわかりましたが、確実にきれいにしたい場合のちょっとしたコツも知っておいて下さい。

シミは出来るだけ早く対処する

ファンデーションは油汚れですから、とにかく早く対処することが大事なんですね。これは他のシミと同じことです。

時間が経つほどに落ちにくくなっていきますから、繊維に染み込む前になんとかしましょう。

洗濯をするまえにシミ抜きをする

シミは洗濯を何度もしてしまうと落ちにくくなってしまいます。ファンデーションがついていることに気づいたら、洗濯をする前に染み抜きをして下さい。

汚れが染み込まないように、生地をこすらない!

どの染み抜き方法も、基本的には「叩いて」汚れを浮かせます。カーペットの染み抜きと一緒で、こすると布地に汚れが染み込んでしまうんです。

ファンデーションの汚れを

  • 拭き取る
  • 吸い取る

ようなイメージで落としていきましょう。

生地をこすると毛玉の原因にもなるので、気をつけてください。

ファンデ汚れを予防するひと手間

どうもファンデーションが服につきやすいな、という人は、洗濯して乾かした後に、襟の内側にベビーパウダーをつけておくと汚れがつきにくくなります。

パウダーが汗や皮脂を吸い取る役目を果たすので、通常の襟汚れも防ぐことが出来ますよ。

洗えないものはクリーニングに出す方が無難

ドライクリーニングの表示があるものは、基本的に水洗いはNGです。水を使って染み抜きをすると輪ジミを作りやすく、かえって目立つことに。

色が抜けてしまったり、思わぬトラブルが起きることもあるので、スーツなど水洗いできないものは基本的にクリーニング店に任せた方が良いでしょう。

着物は着物クリーニングへ

着物はあまり着る機会がないと思いますが、これが意外と下を向いたときなどにファンデーション汚れがつきやすいんですね。

でも着物は基本的に「絹」ですから、家で水洗いしてはいけません。高価な着物が台無しになりますから、これは着物ケアが出来る専門のクリーニング屋に出した方がいいでしょう。

お気に入りの服をずっとキレイに着たいから

ファンデーションの汚れもその日のうちに落とせばきれいになります。大事なのはそのまま放置しないでしっかりお手入れすること。し

うっかり汚れても落とし方さえ知っておけば大丈夫ですね。お気に入りの服をずっとキレイに着るために、早めに対処してしっかり汚れを落として下さい。

この記事をシェアする

関連記事

コメント