• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

フルーツティーで心も体も潤して。フルーツティーの色で違う効能を教えます

Date:2012.09.23

日本でもじわじわとファンが増えているフルーツティ。ブルーベリーやリンゴを乾燥させたこのお茶の魅力は女性にしかわからない?だってこんなに効くのですから。心にも美容にも。

フルーツティーって?

乾燥させたフルーツをお茶葉の代わりに使います。ビタミンをミネラルを多く含み、さっぱりとした味と香りが楽しめます。

純粋にフルーツだけのお茶もあれば、ルイボスなどノンカフェイン茶葉とのブレンドティーも最近の人気です。組み合わせで味と香りが違いますから、自分流にいくらでも楽しめます。

3つの特徴

1つ目の特徴として、ビタミンとミネラルがとても豊富なことです。フルーツティーの基本は赤い色でビタミンを多く含むハイビスカス、さらにミネラルを多く含みさわやかな風味のローズヒップが基本のブレンド素材です。

ここに好みのドライフルーツを加えてお茶にします。緑茶や紅茶では得られないほどのビタミンとミネラルを美味しく摂取できます。

2つ目はその「香り」。お湯を注ぐと部屋に広がる香りに優雅な気持ちになることでしょう。ちなみに、人は好みの香りをかぐとその一瞬で体温が上昇するそうです。香りにはそんな効果もあります。

3つ目はリラックス作用です。ヨーロッパでは就寝前にフルーツティーをいただくことを習慣としている女性が多くいます。温かいお茶で体をあたため、香りで心もリラックスしていい睡眠を心がけるのです。カフェインレスなので、睡眠の妨げにはなりません。

飲み方

日本ではまだポピュラーとはいいきれないフルーツティーですが、飲み方は簡単です。

茶葉を入れて熱湯を注ぎ5分から10分ふたをし、蒸らしてから飲むと風味が損なわれません。水出しでしたら、茶葉を水につけたまま1~2時間冷蔵庫においてから飲みましょう。

さらにそこで「でがらし」になったフルーツはヨーグルトにトッピングしたりアイスにのせて食べましょう。ドライフルーツには食物繊維が豊富ですから、捨ててしまってはもったいないです。

フルーツティーの効能

フルーツによってそれぞれ効能があります。しかし薬とは違い個人差等があることをお忘れなく。一般的にフルーツの色で効能がわかれます。

「赤い色のドライフルーツ」

赤い皮にカロチノイドを含み免疫力を高めます。

  • ローズヒップ・・・バラが咲いた後につく実です。ビタミンC,A,Bを多くふくみ美肌の味方です。
  • ハイビスカス・・・クエン酸、ビタミンCが多く含まれます。疲労回復、むくみにも効き、肌荒れにも効果があります。
  • リンゴ・・・便秘の解消、高血圧に。
  • ローズ・・・ホルモンの調整

「紫色のドライフルーツ」

アントシアニンを含むので目の疲れや動脈硬化の予防が期待できます。

  • ラズベリー・・・安産のハーブと言われます。子宮を強化したり乳の出をよくするので出産前後におすすめです。
  • ブルーベリー・・・目の疲れ、整腸作用に。
  • サクランボ・・・疲労回復

「オレンジ色のドライフルーツ」

粘膜の強化やガン予防に効果があるベータクリプトキサイチンを多く含みます。

  • きんかん・・・喉の痛み 咳
  • オレンジピール・・・干したオレンジの皮のことです。鎮静、利尿作用、整腸作用

「黄色のドライフルーツ」

老化防止に効果があります。

  • パパイヤ・・・美肌、消化不良
  • レモン・・・むくみ
  • 洋梨・・・風邪、のどの痛み、消化不良

楽しんで飲みましょう

フルーツティーは以上のように効能もありますが、基本は楽しんで飲みましょう。自分の好みの味と香りのティーをみつけて飲んでください。

お茶は世界でお水の次に多く飲まれる飲み物ですが、緑茶や紅茶のほかにもフルーツティーがあることを忘れないでください。素敵なブレンドで優雅にいただくと、豊かな睡眠を約束してくれます。心と体を潤すフルーツティー習慣、はじめませんか?

この記事をシェアする

関連記事