• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

炭水化物抜きより簡単、グルテンフリーダイエットは効果バツグン

Date:2014.10.10

ここ数年、炭水化物抜きダイエットなどが注目を集めています。

炭水化物を抜くことで糖の消費が減り体重が減るというものなのですが、白米が主食の日本人にはこの炭水化物抜きダイエットは大変という声もよく耳にします。

そこで最近注目を集め始めたのがハリウッドセレブやレディー・ガガなどが行っているグルテンフリーダイエット。

このグルテンフリーダイエットというのはどういうもので、どういう注意点があるのでしょうか。

グルテンフリーダイエットとはどういうもの?

グルテンフリーダイエットとはどういうものなのでしょうか。名前のとおり、グルテンを含んだものを食べないというダイエットです。

グルテンといっても難しいですが、麦・小麦などを使ったものを食べないということになります。

このグルテンには食欲中枢を刺激する効果があるそうで、小麦などを使った食品を食べると食欲が増進してしまうそうです。

よくラーメン食べた後にご飯食べたくなるという人がいますが、これもその1つだそうです。

そしてあまり知られてないようですが、グルテンの中に含まれる「アミロペクチンA」という成分が血糖値を急上昇させるので太りやすい体質になってしまいます。

炭水化物や砂糖なども血糖値が急上昇しますが、グルテンはそういうものよりも上昇幅が高いとも言われています。

グルテンを含む食材にはどういうものがあるのか

小麦からできているものは全てダメです。日頃食べているものだとパン・ラーメン・うどん・パスタ・焼きそば・天ぷらなど揚げ物の衣・ピザ・餃子、シュウマイ、春巻き(皮)・ケーキといったところです。

意外なところでは市販されているカレールーやシチュールー(レトルトも不可)です。

お菓子なども小麦粉を使っているものはダメで、他にもビールなどは麦を使われているのでダメです。

こう考えるととても難しいのですが、代替品などもあるのでそういうものを上手に使うとあまり苦労することはありません。

代替品を使うことで簡単にダイエットできる

上記のように小麦粉を使っているものを上げるととても多くてダイエットは難しいと感じてしまいます。しかし最近、小麦粉に変わる代替品で商品を作っているという企業も増えています。

まずはパンです。パンは小麦粉アレルギーのために米粉を使ったパンやケーキを取り扱っているというショップも増えています。他にも洋菓子の場合はそば粉などを使ったものだとグルテンフリーになります。

他にも天ぷらや唐揚げなどの揚げ物には小麦粉の代替品としておからパウダーを使ったりしている人も増えているそうです。

このグルテンフリーダイエットを始めて1番変わるのが食生活です。

洋食はグルテンを含んでいるものが多いのですが、和食はグルテンを含んでいるものが少ないので食事の基礎が和食に変わってきます。

和食は海外でも健康食として注目を浴びているので、自然と食生活も変わっていきます。

ダイエットをしたいけれど食事を抜いたり白米をやめることができないという人は是非このグルテンフリーダイエットにチャレンジして欲しいです。

今の時代は米粉やそば粉を使ったスイーツなども増えているので意外に苦痛に感じないという人が多く、成功率も高いと言われています。

まずは2週間、グルテンフリーダイエットにチャレンジしてみましょう。体の中が変わって痩せやすい体質になっているかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事