• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

効果はほうれいせんだけじゃない!「ごま油」うがいのすごいパワー

Date:2014.04.28

あなたの肌へのアプローチ、どんなスキンケアをしていますか。お肌への水分は化粧水パックで、栄養は美容液で・・・。外側から肌へ働きかけるスキンケア方法はいろいろありますよね。

その美容法も確かにお肌がもっちりしていいのかもしれませんが、もっと内側から働きかけるスキンケアはないものでしょうか。そう考えていた矢先、目に飛び込んできた美容法、それは「ごま油うがい」!!

濃厚な香りのごま油がダイレクトにのどを通るなんて・・・抵抗を感じるようなネーミングではあります。しかし調べてみたところごま油うがいによってほうれい線に効果があるというではありませんか!これはどういうことなのでしょうか。

「ごま油うがい」の起源はアーユルヴェーダから

ごま油うがい、その起源はアーユルヴェーダというインドの伝統的医学にあります。

アーユルヴェーダは5000年にも及ぶ歴史を持つ医学で、この世界において「ごま油」は肌に塗っても毛穴を通って毛細血管に栄養分が届き、全身を巡ったのち15分ほどかけて骨にまで到達する(!)と言われているシロモノ。

うがいのみならずごま油はアーユルヴェーダにおいてマッサージオイルとしても使われています。クレオパトラも使っていたとかいないとか・・・。

そしてアーユルヴェーダにおいて「ヴァ―タ」と呼ばれる風のエネルギーなるものが、私たちの老化の原因となっており、そのヴァータを弱めてくれるものがごま油、つまりシミ取りやデトックスに効果的だと言われているのです。

ちょっと専門用語も出てきて、初心者には理解しにくい概念・世界ではありますがこれが「ごま油うがい」の誕生した世界の考え方なのです。

ごま油うがい、実際にはどんな効果が?

アーユルヴェーダの話は一旦置いておいて、実際にはごま油にはどんな効果・作用があるのでしょうか。

ごま油うがいをすることによって得られる効果、それはアンチエイジングや口臭・歯周病予防、喉の保湿効果など。加えて白髪・脱毛など頭皮への効果もあるのだそう。

ごま油にはアンチエイジング効果に優れた「ゴマリグナン」という抗酸化物質が含まれています。紫外線やストレスが原因で発生する活性酸素の働きを止めてくれるのが抗酸化作用で、これがシミやしわの予防をしてくれます。

「不足すると肌にトラブルを招く」と言われている必須脂肪酸のひとつ、「リノール酸」もごま油に含まれる栄養素。

必須脂肪酸はお肌の細胞を作り、肌から水分が逃げるのを防いでくれる美肌には欠かせない成分です。魚に含まれる「オメガ3」と呼ばれるものも必須脂肪酸のひとつ。これらの栄養素を、ごま油でうがいすることによって体内に取り入れようというのです。

なぜ料理で摂取ではなく「うがい」なのか。それは食べ物で消化するよりも舌の裏からのほうが吸収力が高いとされているからです。舌の裏や口の中の粘膜からデトックス効果のあるごま油が入り込み、毒素の排出を促してくれるのです。

ごま油うがいのやり方は簡単

さて早速そのごま油うがい、いざやってみたいけれどどんな方法なのでしょうか。用意するものは白ごま油(「マルホン」などから出ている「太白胡麻油」を愛用している人が多いようです)を好きなだけ、そして温度計です。

白ごま油は名前のとおり、普段料理用に購入している茶色いごま油とは違いますのでご注意を。インターネット等で簡単に見つかります。

最初に白ごま油を100℃~110℃まで熱します。この作業を「キュアリング」と呼ぶのですが、この「キュアリング」によって抗酸化作用のある「セサモール」という成分が生成されるのだそうです。

熱したら火を止めて粗熱をとります。そしてそれを遮光瓶に入れて保管し、毎日少しずつ使っていきます。

うがいで使うごま油の量は大さじ1杯程度。口に含んだらまず歯磨きのときのように「ぶくぶくうがい」をしてください。最初は量が少ないのでうがいしにくいのですが、どんどん唾液が出てごま油と混ざることで嵩が増えます。

そのまま今度は上を向いてガラガラうがい。口の中も左右万遍なくうがいし、ごま油の養分が口の粘膜、舌の裏すみずみまで行きわたるようにします。あとはティッシュにごま油を吐き出しておしまいです。

時間の目安はぶくぶくうがい30秒、ガラガラうがい30秒とされています。そしてうがいする時間帯なのですが、アーユルヴェーダの世界では朝6-10時、夕方16-18時にうがいをすると効果的だと言われています。

ちょっと最初は抵抗を感じるかもしれませんがあなたも早速はじめてみませんか。

この記事をシェアする

関連記事