• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ご祝儀袋は種類がいっぱい…知って覚えてマナー美人になろう!

Date:2014.08.06

友人から結婚式の招待状が届いたこと、あると思います。もちろんご祝儀袋にお金を入れて、お祝いの言葉を添えて渡したことと思います。しかし、そのご祝儀袋に色々な種類があることをあなたはご存じだったでしょうか?

毎日を普通に暮らしていても、ご祝儀袋と関わる事柄に出会う機会というのは少ないと思います。でも、その少ない機会に遭遇したときにミスをしてしまうと、あなたの信頼が急降下してしまうハメになるのです。

社会人として、なにかあったときに恥ずかしくないようにマナーを身につけ、周りの友人知人が迷っているときには「ここではこうだよ!」としっかり人に教えられるようになってくださいね。

蝶々結びだけだと思っていませんか?

まず、ご祝儀袋にかけられた紐のようなもののことを”水引”といいます。その水引には蝶々結びがありますよね。一番ポピュラーな形だと思います。それともう一つは結びきりと呼ばれる形があります。

水引にも色が紅白のものと、白黒のもの、それ以外にもすべて銀色のものや金銀のものなどたくさんの種類があるということ…ご存じだったでしょうか。

更にいえば、水引の本数だって、5本と10本があるのです。本数によって、用途が全然違ってくるのですから、注意が必要ですよ。蝶々結びの水引は、何度も結びなおせることから、主に何回訪れても良いお祝いごとに使用されます。

それに対して結びきりの水切りは、一度使ってしまったらもう使うことは出来ないことから、一度(今回)だけが望ましいような行事の際に使用するのが正しいです。

結婚祝いを用意するときは…

例えば、結婚祝いを包むとき、あなたはどんなご祝儀袋を用意したでしょうか。

正解はというと、まず袋の右上の部分に「のし」と呼ばれるものがついているものを、更に水引は10本のもので且つ、形が蝶々結びではなく結びきりのご祝儀袋です。

”のし”というのは、昔からなにかおめでたいことがあった時に、その土地の海産物を贈ったことがはじまりだといわれていますが、その名残で今も特別なお祝いではのしといわれる飾りのついたご祝儀袋を用いるそうです。

更に、祝儀袋に掛ける「水引」の本数は、一般的な祝い事には5本のものを使用するのですが、結婚祝いに幸せな時間が、たくさんの喜びが重なるように…と、水引10本のタイプを使用します。

ここで、蝶々結びの水引のものを使ってしまうと、結婚が何度も訪れることを言うのと同じこと。とても相手にとって失礼な話ですよね。今は、4組に1組が離婚するとも言われていますが、結婚は一度、自分が決めた相手とずっと幸せに暮らしたいですよね。

ですから、こういったマナーをしっかりと身につけ、相手に失礼が無いようにすることと同時に、自分自身がお祝いをしてもらうときにイヤな思いをしないよう、皆がマナー美人の世の中になったら良いですね。

紅白の蝶々結びをつかう時とは

1番ポピュラーなのが、紅白の蝶々結び。これを使う機会と言ったらとても多いです。まず、出産祝い。友人知人、親類が出産した際にお金を包むときは、紅白の結びきりではなく蝶々結びのものを使いましょう。

出産というのはとてもおめでたいことですよね。もしかしたら、第2子、第3子…と、今後も出産が何度も訪れるかもしれません。その度にとてもおめでたいのですから、ここは蝶々結びが用いられます。

また、子供関連の祝い事にも用いられます。入園祝い、卒業祝い、七五三…お祝いごとはたくさんありますよね。それと、長寿のお祝いにもこの形のご祝儀袋が用いられます。あとは、夢のマイホームを建てた人への新築祝いなどでしょう。

では、結びきりは結婚以外でなにに使うのでしょうか

白と黒の水引…ここで皆さんが思い浮かべるシチュエーションは葬儀の香典だと思います。白黒の結びきりの水切り…そして、薄墨で名前を書けば、大正解です。

では、紅白の水引で結びきりの形で5本のご祝儀袋も存在します。結婚ではなく、更にこの1度限りであってほしい出来事とは一体何でしょうか。

それは、”お見舞い”です。快気祝いや全快祝いなど、なにか病気をされた人に対して使用するのです。確かに、病気が治ること自体は「治って良かった!」というお祝いの気持ちですが、そもそも病気にならないことが一番良いことですよね。

ですから、蝶々結びではなく、結びきりを選択するのです。

この記事をシェアする

関連記事