• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知っていた?話題のグリーンスムージーに使っていい野菜の種類

Date:2015.01.23

shutterstock_124634230_

美容と健康に絶大な効果がある!ということですっかり有名になったグリーンスムージー。モデルやタレントさんの間でも人気で、大幅ダイエットに成功したと言う話も聞きます。

流行っているからグリーンスムージーを飲んでみたい!と思っているあなた、今現在飲んでいるあなた、グリーンスムージーに使ってもいい野菜があること、使ってはいけない野菜があることを知っていたでしょうか?間違った材料で作ってしまうと効果も半減してしまいますよ!

グリーンスムージーの定義

グリーンスムージーとは緑色のスムージーのこと。そう思っているあなた、それは間違いですよ。確かに色が緑色ですから、緑色の野菜を原料として使っているのだなということは誰でも容易に推測できます。

グリーンスムージーと呼ばれる飲物にはちゃんとした定義があるのです。それは生の緑色の野菜と、果物、そして水を混ぜ合わせた飲み物のことなのです。その定義に当てはまらない飲み物はグリーンスムージーとは言えないのです。

野菜ジュースとの違い

グリーンスムージーだって野菜ジュースの一種じゃないの?と思っている方、きっと多くいらっしゃると思います。

確かにグリーンスムージーも野菜を使っていますから野菜ジュースだと言えます。それは野菜と果物を混ぜ合わせた飲み物のことを私たちや野菜ジュースと呼ぶからです。

グリーンスムージーの場合はそれよりもさらに作り方や材料が厳密に定義されているのです。野菜ジュースとグリーンスムージーの違いを簡単にまとめてみました。

  • 原料による違い
  • 野菜ジュースの場合、特に原料に細かい決まりはありません。使う野菜の色に関しても作る人が自由に決めることができるのです。グリーンスムージーでは緑色の葉野菜を使うのが鉄則です。

  • 生にこだわり
  • 原料は生にこだわる必要が一切ありませんので、野菜ジュースでは加熱した野菜を使っても問題ありません。グリーンスムージーは生にこだわっていますので、熱を通した野菜ではグリーンスムージーとは言えないのです。

  • 水のみ使ってOK
  • 野菜ジュースは使う野菜の種類によって香りや味がきつくなることがありますよね。そのままの状態では飲みにくくなってしまうため、牛乳や豆乳で割って作ることがあると思います。

    ところがグリーンスムージーでは乳製品は使ってはいけないという決まりがあります。使っていいのはお水だけなのです。

使っていい野菜とは

グリーンスムージーは生の緑色野菜を材料として使うのが鉄則です。ところで、なぜグリーンスムージーは緑色にこだわっているのでしょうか。それは緑色の野菜には人間が生きていく上で欠かせない栄養素が豊富だからです。

ところが現代人は残念ながら緑色の野菜を食べる量が昔と比べて大幅に減っているのです。それが持つ栄養成分を最も効率よく吸収できる形にしたのがグリーンスムージーなのです。

  • ほうれん草
  • 緑黄色野菜の代表的野菜の一つ。鉄分、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。大人の方でも苦手とする方も少なくありませんよね。しかも生で使いますから余計にえぐみが気になるかもしれません。

  • 水菜
  • ほうれん草と比べると緑色が薄い気がしますが、たっぷりのβカロチンを含んでいます。ビタミンCも含まれていますので、美白作用を助ける、コラーゲンの生成時に使われます。緑黄色野菜の中でもクセが少ないので初心者にもおすすめな野菜。

  • 小松菜
  • 小松菜もほうれん草のように、ビタミンAやCが豊富。また若返りのビタミンEも含んでいます。さらに女性に不足しがちな鉄分も補給できますよ。

  • セロリ
  • サラダにもスープにも入れて食べる野菜ですね。こちらもビタミンA、B、Cがたっぷりと含まれています。

その他にも大葉、ケール、クレソン、春菊、モロヘイヤ、ミントといった野菜類がグリーンスムージーに使っていただきたいおすすめの材料です。

先にグリーンスムージーで使いたい野菜の種類をいくつか紹介しましたが、どの野菜もビタミンAやB、Cを豊富に含んでいるのです。

ビタミンAは皮膚の粘膜を保護してくれますので、皮膚を丈夫にしてくれる働きがあります。またビタミンBはお肌の代謝を促進してくれますので、ターンオーバーを整えてくれるのです。それ以外にも糖質をエネルギーに変えるように作用してくれますから、ダイエットの頼もしい味方でもあります。

美容と健康にとって嬉しい効果をもたらしてくれる成分がぎっしりと詰まっている原料を、がグリーンスムージーでは使っているのです。

使ってはいけない野菜とは

グリーンスムージーに使っていい野菜については、何となくわかっていただけたことと思います。そして注意して頂きたいのが使ってはいけない野菜があるということです。

  • キャベツ
  • こちらも緑色の葉野菜で野菜ジュースにもよく使われている野菜ですよね。ところが、グリーンスムージーでは使ってはいけないのです。理由はお腹を圧迫してしまうガスがたまりやすくなるからです。

  • じゃがいも
  • 緑色の野菜ではありませんが栄養豊富な野菜ですね。野菜スープや煮物にも使える万能野菜ですがグリーンスムージーにはNGなのです。

    ジャガイモの他にさつまいもやかぼちゃといったデンプン質を多く含んでいる野菜も使わない方がいいのです。それが緑野菜の栄養吸収を阻害してしまうからです。

    いかがでしたでしょうか?思っていた以上にグリーンスムージーは奥が深いのです。シンプルな材料を使い、材料を厳選しているからこそ栄養吸収率も高く美容や健康に高い効果をもたらしてくれるのです。

    注意事項をきちんと守ればグリーンスムージーは簡単に作れますよ。

この記事をシェアする

関連記事