• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

全身美白を目指そう!肌の黒ずみは20代のケアが大切

Date:2013.12.21

shutterstock_257970731

肌の黒ずみ、気になっていませんか?

20代に入ると角質が固くなりやすく、体のいたるところに黒ずみができてしまうことがあります。例えば、肘や膝などの角質の溜まりやすい場所。下着やジーンズなどで強く擦れてしまう場所など。

10代の頃は全く気にならなかったので、当然ケアをしていない人も多いはず。それによって20代も半ばに差しかかると、体の黒ずみがかなり目立つようになってきます。

下着による擦れで起こる黒ずみは、普段人に見えない場所にできますよね?そのためついつい放置してしまいやすいです。また、膝なんかも「脚を出さないファッション」に切り替えることに逃げてしまう人も多いです。

20代で生脚を出せない女性の中には、脚の太さや形に悩んでいる人の他に肌の黒ずみに悩んでいる人が多いのです!

肌触りが良く、肌に刺激や負担の少ない素材の下着を!

ブラジャーやショーツは、24時間365日付けているもの。寝るときにはブラをしない人もいますが、ショーツは履いて寝る人が圧倒的でしょう。そのため、下着と肌の間には摩擦が常に生じていることになります。

肌触りの悪いものや、刺激を感じさせる素材のブラやショーツは避けるようにしましょう。

また、サイズがきついものや食い込みやすいデザインのものは普段使いするべきではありません。肌に強く当たって摩擦の力の大きくなってしまいます。ブラは、自分のサイズにぴったり合ったものでなければなりません。

しかしショーツは少しゆとりのあるサイズでもOKです。

膝や肘の黒ずみの原因も摩擦です!

肘や膝は身体の中でも特に角質が固くなりやすい場所ですよね。角質が固くなるということは、外部刺激から肌を守ろうとしている証拠。足の裏の皮膚が他の皮膚よりも固いのもそれと同じです。

膝や肘は、体重をかけてつくことの多い場所ですよね。その分刺激が加わり、摩擦によって角質が分厚くなり、結果黒ずみになってしまうのです。膝や肘にはとにかく負担をかけないように注意して生活してみましょう。

肘はテーブルにつけず、頬杖などもやめましょう。膝の黒ずみも同様、掃除や作業をするときも膝をなるべくつかないように気を付けてみましょう。

また、ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗いするのも「摩擦」になります。角質が取れるような気がするため、固いタオルでゴシゴシと洗ってしまう人も多いです。しかしそれ自体が肌への刺激になるので、更に身体を守ろうという働きを見せます。

その結果、肌はどんどん黒ずんでしまうことに・・・。膝や肘も決して擦り洗いせずに、泡で優しく洗うように心がけましょう。

レモンで黒ずみが消える!?

果物のレモンを使って、角質ケアをすることができるのをご存知ですか?レモンを輪切りにし、直接気になる肌にくるくると馴染ませます。お風呂上りの肌が柔らかくなっているときがベストタイミングです。

レモン果汁には肌の新陳代謝を活発にさせる効果があると言われています。黒ずみだけでなく、シミやくすみなども改善できるとして、今注目されているんです。

レモンは真新しいものではなく、絞ったものの残りでもOK。料理やデザートに使用し、その残り物を有効に活用してみましょう。

肌は日々、老化していることを忘れずに・・・

人目につかない場所だから・・・。タイツやストッキングで隠せば目立たない・・・。そうやって黒ずんだ肌をそのままにしていませんか?20代女性はまだまだ若いと感じているかもしれません。しかし、肌は確実に日々老化しているのです!

角質やダメージをそのままにせず、しっかりケアするように心がけましょう。全身美白のマシュマロのような肌を目指して、見えないところのケアにも手をかけてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事