• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌のざらつきの原因は洗顔?時間をかけずにつるすべ肌になる方法

Date:2014.06.25

何気なく頬を触ったらざらざらしている、ということがありませんか?考えられる原因はさまざまです。肌に老廃物が溜まっている、吹き出物ができている、もしくはできそうである、毛穴が詰まっている…などといった原因が考えられます。

見た目にはざらつきが分からなくても、触っていてツルツルしていないのは気になります。それにそのままにしておくと、見た目にもざらついた感じが分かるようになってしまいます。

肌のざらつきは早めに解消した方がいいもの。時間をかけずに、すぐにツルツルすべすべになる方法を紹介しましょう。

まずは洗顔の見直しを

肌がざらついている時は、洗顔の見直しをしましょう。洗顔は美肌の基本とも言えるものです。それをおろそかにしていたり、適当にしていると肌に悪影響を与えます。
見直すのは洗い方です。とにかく優しく、ていねいに洗ってみてください。

洗顔料を流す時にも顔をこすらないように、タオルで拭くときにもゴシゴシとこすらないように、注意してみましょう。それだけで肌がやわらかくなることもありますよ。

美肌の基本は保湿ケア

洗顔後は化粧水をつけて、保湿美容液や保湿クリームをしっかり塗りましょう。これを毎日繰り返すことが大切です。保湿をしっかり心がけることで、肌の新陳代謝も促されます。

新陳代謝が乱れていると、古い角質が肌に溜まって肌がごわつき、ざらざらしてきます。保湿ケアをきちんとして、肌のターンオーバーを正常にしましょう。

角質ケアでツルツル肌

一度乱れてしまった肌の新陳代謝を正常にするには、ピーリングといった角質ケアがおススメです。肌の残っている古い角質を取り除いてあげると、驚くほどツルツルになりますよ。美白効果も期待できるので、本当に一皮むけたような美肌になります。

保湿パックで乾燥対策

肌がざらつくのは乾燥しているせい、ということも考えられます。乾燥した肌にいくら水分補給をしても肌に浸透していきません。まずは、肌に水分が浸透できるようにパックで保湿ケアをしてあげましょう。

シートパックやコットンパックもよいのですが、肌の乾燥がひどい時には固めてはがすタイプのパックの方がいいでしょう。

早寝早起きで美肌

肌のゴールデンタイムというのは知っている方も多いでしょう。午後10時~午前2時の間は睡眠を取っていることが大事です。この時間に成長ホルモンが多く分泌され、肌の新陳代謝を促すのです。

ちょっとのざらつきならよく寝ることで、肌の調子が変ってきますよ。午後10時に寝るのは無理でも日付が変わらない時間に寝るように心がけましょう。

顔の産毛を剃る

顔の産毛を剃ると、肌がツルツルになり、肌の色もワントーン明るくなります。ファンデーションのノリもよくなりますよ。

顔の産毛を剃る際には、肌に負担をかけないようにていねいに、やさしく剃るようにしましょう。頻度は少な目にした方がいいですよ。あまり高頻度で剃ると、肌を傷めてトラブルの原因になります。

できるなら顔そりの専門サロンなどに行って剃ってもらった方がいいでしょう。

化粧品を変えてみる

肌がゴワゴワしている、透明感がない、など肌の調子が悪くなる原因はさまざまですが、化粧品が合っていない、ということも考えられます。

化粧水や乳液、クリームの成分が肌に合っていない、油分が多すぎる、またはファンデーションやチークなどが刺激になっているのかもしれません。

心当たりがあればそれを変えてみましょう。一気に変えてしまうと原因が分からなくなってしまうので、一つずつ変えてみるといいですよ。

スキンケア用品は年齢によっても肌に必要なものが変ってきます。若い頃と同じもので、肌が物足りなくなってきているものもあるかもしれません。

また、化粧品の使いすぎ、ということもあるので適切な量を、正しい方法で使用するようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事