• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その肌トラブルはお風呂が原因かも?正しい入浴で美肌になる方法

Date:2013.10.27

ストレスフルで忙しい毎日を送っている女性にとって、お風呂は至福のひと時でもあります。

「美容の為に毎日のお風呂タイムは欠かせない!」「1日の終わりは好きな香りのバスオイルでリラックス」でもちょっと待ってください、その入浴法はお肌と身体にも優しいですか?

実は「お風呂=美容に良い」というイメージばかりが先行してしまい、間違った入浴法で肌や身体を痛めている人が多いのも事実。間違った入浴法は「肌あれ」「乾燥肌」「疲労」を招きます。美容と健康に良いはずがこれでは逆効果に・・・。

実は「日本人の好む入浴法」と「美容に良い入浴法」は違う事が多いのです。正しい入浴法で身体を守りながら、美容と健康を手に入れましょう!

こんな入浴でトラブル肌になる

・温かいお風呂にゆっくり肩まで浸かって、汗をたくさんかく。

疲れた時の温かいお風呂って気持ち良いですよね。でも日本人が「温かい」と感じる温度は42度前後。42度のお風呂にゆっくり浸かっていると、肌の潤いである「セラミド」が流れ出してカサカサ肌に!

さらに心臓に負担がかかり、グッタリ疲れてしまいます。42度の高温浴は、5分が限度です。

・お風呂に浸かって肌を柔らかくしてから、しっかり洗う。

お風呂に浸かってふやけたお肌は、とてもデリケートな状態。そんなお肌をナイロンタオルでゴシゴシ洗うと、皮膚が傷ついて乾燥やかゆみの原因に!

乾燥肌の人はお風呂に浸かる前か、5分程度浸かったら早めに洗うようにしましょう。また汚れは手の平や柔らかいガーゼででなでるように洗うだけで、十分キレイになりますよ。

・睡眠時間を削ってでも、お風呂でくつろぎたい。

「深夜でも美容の為に、1時間はお風呂タイムを楽しむ!」なんていう行為は、NGです!入浴よりも睡眠の方が美容に影響が大きいので、睡眠時間を削っての入浴はむしろマイナス!

また入浴で上がった体温が下がるまでの1~2時間は、なかなか寝付けず睡眠不足になってしまいます。さらに22時以降は身体が「睡眠モード」に入るので、入浴すると疲れやすい状態なのです。

深夜のお風呂は「ぬるめのお湯に10分浸かる程度」「睡眠時間の1時間前には入浴を終わらせる」のがコツです。

・半身浴が大好き!

「汗をかく事でキレイになる!」と信じて、週2~3回の半身浴を習慣にしている女性は多いようですが、ちょっと問題点をあげてみたいと思います。

半身浴によって汗をかくほど「汗腺」が活発になって、より汗をかきやすい体質になります。体臭やメイクの崩れが気になる女性にとって、必要以上の発汗はちょっと手間ですよね。

また浴室の温度管理が出来ないお風呂では、上半身がかなり冷えて苦労している人も多いようです。元々は心臓や血管に疾患がある人の為の入浴法なので、健康な若い女性はわざわざ半身浴をしなくても普通に入浴したら良い気がしますが・・・。

目的で使い分ける、入浴法イロイロ

・乾燥肌の入浴法

入浴剤には潤い成分である「セラミド」や「保湿オイル」の入ったものを使うと乾燥しにくくなります。温度は36~39度のぬるめのお湯がおすすめです。20分以内を目安にして、長湯はしないよう気を付けてください。

汚れはお湯につかるだけでほとんど落ちているので、石鹸でしっかり身体を洗うのは週1~2回で十分です。

・就寝前リラックスしたい時の入浴法

38~40度のちょっと温かい程度のお風呂に、10~20分肩までつかります。好きな香りの入浴剤を使うとより効果的です。肩こりや疲労感があるのなら炭酸ガスの入浴剤がオススメ!

・美肌になれる入浴法

36℃の「ちょっと寒いぬるま湯」から入り、少しずつ温度を上げて42度の「熱いお湯」にして5分浸かったら出ます。その後タオルに包まるなどして、体温が急に下がらないように保温します。

肌の修復に関わる「ヒートプロテイン」を刺激して、代謝を高める入浴法です。週2回を目安に行いましょう。

・ダイエットの為の入浴法

「42度の熱いお風呂に3分浸かる→5分休憩しながら洗ったりお手入れをする」これを3回繰り返します。ちょっと疲れますが、疲労物質が流れてスッキリしますよ!かなりの発汗があるので、水分補給をしながら行ってください。

ちなみに「美肌」と「ダイエット」の入浴法は身体の負担が大きいので、疲れている時や健康に不安がある人には向きません。また効果をきちんと出す為にも、入浴前と後に1杯のお水をお忘れなく。お水と一緒に美容ドリンクや牛乳を飲むと、美容効果が期待できますよ!

入浴後は発汗で血がドロドロしているので、ビールなどのアルコール類は避けましょう。

入浴は身体に負担がかかる!?

お風呂は正しく入ると疲れた身体を癒し、滞りがちな新陳代謝を促進させて女性をキレイにしてくれます。でもちょっと間違えると、身体に負担をかけて肌を老化させる原因にもなるのです。

ちなみに入浴中に死亡する人は年間1,5万~2万人と言われ、これは交通事故で亡くなる人の倍近い数字。もちろんほとんどは高齢者や生活習慣病を患っている人ですが、入浴が身体にかける負担の大きさを表している事は間違いありません。

温度や入浴時間を守って、素敵なお風呂ライフを楽しんでくださいね!

この記事をシェアする

関連記事