• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌の調子が良くなった!化粧水を使わない美容法

Date:2013.07.05

とある情報番組で取り上げられたスキンケアがあちこちで話題になりました。その方法とは化粧水を使わない美容法。

番組では毎月多額のお金をかけてスキンケアに励む40代の女性よりも何もつけていない90歳近いおばあちゃんの肌のほうが水分保有量が多かったという実験結果や、その理由が紹介されていました。

原因としては40代の女性は化粧水をたっぷりつけても油分でちゃんとフタをしなかったこと、そして洗顔や過剰なケアによる摩擦により肌に未熟な細胞ばかりが生み出されてしまい皮脂が十分に分泌されず肌が水分を蓄える力を失っていたことがあったようです。

番組の伝えたかったことは「化粧水は蒸発してしまうのでクリームできちんと蓋をすること」だったようですが、視聴者の関心は番組の主張とはちょっとずれて「化粧水等でケアしすぎるとかえって肌の力が弱くなるのではないか」という点に集まったようです。

化粧水を使わないスキンケアとは

化粧水を使わないスキンケアとは、普段私たちがたっぷり使っている化粧水をやめるというなんとも大胆で勇気のいるケア。お肌には本来皮脂と水分のバランスを保ち自ら肌の潤いを守る機能が付いています。

しかし化粧水をつけると肌の上で水分が蒸発してしまう、化粧水だけではなく美容液など肌にとって異物を乗せることで肌本来の機能が衰えてしまっている。

だから化粧水など肌に刺激となっているケアはやめて、肌が本来持つ力を取り戻してもらおう、そんな考えからこのケアが生まれたようです。

もちろん、美容や肌の専門家も化粧水が蒸発しやすいことは重々承知のうえで、いかに化粧水の潤いを肌にとどめるかを熟考したケアを提唱しています。

しかし、そういった美容家の方々もお肌を休ませるために週に1日など化粧水・メイクをいっさいしない日というのを設けていることも事実。

また同じ肌の専門家でも、皮膚科のお医者さんとなると化粧水や美容製品の使用に警鐘を鳴らす人もいます。

化粧水を使わないスキンケアをトピックとした掲示板を読むと、このケアを始めたことで肌の調子が良くなった、シミが薄くなった(!)、プルプルになった、かさつきが気にならなくなった、など嬉しい悲鳴が続々上がっているのは事実。

もちろん合わなかった、私はかえって乾燥しました、、、という声もちらほら聞こえます。彼女達がやっていたケアはどういうものなのでしょうか。

顔にオイル、馬油、ニベアクリーム、、、驚きの大胆スキンケア

さて、掲示板では「化粧水はすでに○年使っていません」という人も続出!彼女たちの書き込みを読むとケアにはこんな共通点が。

洗顔が終わるといきなり顔にホホバオイルやニベアクリーム、馬油、ワセリンなどそれぞれ自分の肌にあった油分をうすく塗って終わり!

え?もう終わり?と耳を疑いたくなるような方法です。とくに毎朝時間をかけてローションパック、美容液、乳液などでケアしている方が同じ方法を真似ようと思えばとても抵抗を感じてしまうでしょう。

しかしこれを続けてみた結果肌の悩みが改善された、シミが消えたとか、毛穴が気にならなくなったという声まで続出。

またオイルや馬油などを挙げましたが、この中でも人によって合う・合わないは様々。ニベアが一番しっとりするとか、自分にはオイルが合っていたとか。

私も知人に勧められ実践してみたのですが、一番合っていたのは馬油。それも洗顔後に水分をタオルで拭きとらず、濡れたままの手のひらにごく少量の馬油をとり優しく顔を押さえる程度。

油分は多くつけすぎるといつまでも肌の上でヌルヌルしてしまいますが、ごく少量であれば5分も経つといい感じに肌の上でしっとりサラサラに変化してくれています。

やってみること1年間、その結果は、、、?

このスキンケアを知ったころ、私の肌は突然のニキビの大量発生に悩まされていました。当時海外に住んでいたので、その土地の乾燥した気候なのか、忙しさやストレス、当時思いあたる原因はさまざま。

普段はニキビなんてできないのに、ある日を境におでこやこめかみに沢山ニキビが出来てパニックになりました。日本から持ってきた化粧水や薬をつけても改善どころか増える一方。

知人から紹介され、馬油を日本から取り寄せしばらくつけてみたところ、確かに時間を掛けて仕上げていたスキンケアと、この馬油オンリーのスキンケア、終わったあとの肌の感触に違いはありません。

むしろ馬油だけのほうが、肌が優しい膜で覆われている感じがします。そのままメイクをしても問題なし!意外とすぐさらさらになります。

メイク落としも必要な皮脂は残すように、ミルクタイプで優しく落としてぬるいお湯で軽くすすぐ程度。こうすることでなんだか肌が良い具合にふやけ、それを馬油でフタをしているという感触が続きました。

結果ニキビはいつの間にか出なくなり、それまで環境の変化で乾燥したりオイリーになっていたりした肌も一定の調子でいてくれるように。

あれから一年が経ちました。海外にいたおかげか(?)出回っている沢山の情報や化粧品の誘惑も少なかったため浮気もせずに馬油のケアを続けられ、肌トラブルに悩まされることはなくなりました。

肌の調子が安定するので、ちょっと自分の肌に自信が持てるようになりました。

妊娠を機に疲れや食事がそのまま肌に出るようになりましたが、そういうときは食事と睡眠を改善、そして肌もなるべく刺激を与えないよう馬油だけでのケアを2、3日すると元に戻ってくれます。

さて、勇気のいる「化粧水を使わない」美容法ですが、あなたもやってみます?

この記事をシェアする

関連記事