• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理前や妊娠中の吐き気に効く!女性特有の吐き気を抑える方法

Date:2014.09.04

生理前や妊娠中などに吐き気に襲われて困ったことはありませんか?

一時的ではなく断続的に続く場合は、食事も難しくなります。体力を低下させないためにも適切に対処する必要があるでしょう。

今回は、ホルモンの影響で悩む女性が多い吐き気を抑える方法をご紹介します。

吐き気ってどうして起こるの?

予告なく起こる吐き気は、一体どうして起こるかご存知でしょうか。

「胃に不快感がある」、「吐きそう」、「食欲が無い」などの症状が吐き気と呼ばれていますが、原因は脳にあると言われています。

脳にある嘔吐反射中枢という部分が異常を感知し、刺激を受けることで吐き気が引き起こされるのです。

一般的には食べ過ぎや飲み過ぎ、乗り物酔い、妊娠中の悪阻、ストレス、胃がん、心の病気などで吐き気が起こると言われています。

では、早速吐き気を抑える方法を7個ご紹介しましょう。

1 食べ物の匂いを避けて爽やか系の香りを楽しむ

吐き気が辛い時には、油や香辛料などの匂いがする食べ物を避けることをお勧めします。

自宅に居る場合は、家族が食事を終えるまで別の部屋で過ごす、外出中の場合はマスクをして匂いを避けましょう。

日頃からペパーミントやレモンなど爽やかな系の香りのアロマや精油を持ち歩くこともお勧めです。吐き気に襲われた時にマスクやハンカチに数滴垂らして食べ物ではない香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2 気分が明るくなる音楽を聴く

吐き気がある時には、「いつ吐くだろうか」、「あとどのくらい吐き気が続くだろうか」と気持ち悪いということばかり考えてしまうでしょうから、気分を変えるために明るくなる音楽を聴くことをお勧めします。

ご自身が好きなアップテンポの音楽、または気分を安定させるクラシックやハワイアンミュージック、波の音が入った音楽なども良いでしょう。

吐き気のことをあまり考えないように、深呼吸しながら音楽に集中しましょう。

3 吐き気を抑えるツボを押す

吐き気は、ツボを刺激することでも抑えられます。手の薬指の小指側爪部分を押すだけです。ここは関衝(カンショウ)と言う名のツボで、吐き気だけではなく食べ過ぎや胃炎を抑えます。

テーブルの角や椅子の背もたれなどに薬指を押しあてるか、ご自身の指でつまんで左右の関衝を刺激し吐き気を軽減させましょう。

4 気が休まる相手と話す

吐き気をひと時でも忘れるために、気が休まる友達や彼氏、家族などと話すこともお勧めです。人と話すことで吐き気が軽減されることがあるからです。

急に吐きそうになって席を立っても問題ないほど仲が良い相手であれば、気持ちもリラックスして吐き気があっても話が弾んで笑えるかもしれません。気分転換やストレス発散効果も期待できるでしょう。

電話でも直接会ってもどちらでも良いので、吐き気を忘れられる相手を探しておくと良いでしょう。

5 家事や仕事などは無理せず休む

吐き気がひどい時は、無理せず休むことも抑える方法の一つです。家事や仕事などをせず横になって休みましょう。吐き気休暇と称して体の負担になることは一切しない日にするのです。

家事や仕事によるストレスが強い場合には、吐き気の原因になっていることもありますので、現実逃避できる読書やドラマ・DVD鑑賞などもお勧めです。

6 ミント味の歯磨き粉で歯磨きをする

吐き気がある時には口の中をすっきりさせることもお勧めです。甘みがない辛口のミント味の歯磨き粉で歯や舌などを磨きましょう。

吐き気がひどくて歯ブラシを動かすことが難しい場合には、歯磨き粉だけを指に出して舐めてミントを口の中に行き渡らせてからうがいをするか、ミント味のマウスウォッシュでうがいをして口腔内をすっきりさせることをお勧めします。

7 ジンジャーエールを飲む

ショウガが含まれているジンジャーエールは、炭酸飲料なので吐き気の時には飲みづらいと思われるかもしれませんが、ショウガの香りと炭酸の効果で吐き気が軽減されると言われています。

一気にガブガブと沢山飲まずに、少量ずつ口に含んで体に入れることで吐き気が軽減されるでしょう。

また、ショウガには吐き気を和らげる効果や唾液の分泌を促進させる働きもあり、古くから薬としても使われてきたので砂糖やはちみつ漬けした物をそのまま食べても効果があると言われています。炭酸が苦手な方は、すりおろしたショウガを飲むこともお勧めです。

改善がない場合は婦人科で相談を

吐き気がある場合は、体を締め付けている物を外すことも抑える方法の一つです。ガードルやブラジャー、パンツなど締め付け感がある物は外して、できるだけゆっくり呼吸しましょう。

また、婦人科系の病気による吐き気の場合は、ナウゼリンという吐き気止めを処方してもらうこともできます。どんな方法を試しても吐き気が改善されない場合は、一度婦人科でホルモンバランスが乱れていないか検査してもらってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事