• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

吐き気の原因と吐き気を今すぐ抑える12の方法!つわり・体調不良時に

Date:2017.02.09

風邪、胃腸炎、疲労など色々なことで吐き気を催すことがあるでしょう。とにかく、気持ちが悪くて、辛くて、今すぐなんとかしたい!と思いますよね。

そんな吐き気を抑えて楽になる方法をご紹介しましょう。

いざという時に知っておくと便利な解消法ばかりなので、吐き気を感じて苦しい時に役立ててみて下さい。


吐き気はなぜ起きる?その原因とは

吐き気はお酒の飲み過ぎや風邪、胃腸炎、不快なにおい、乗り物酔いなど様々なことが原因で起きますよね。ストレスなど心因性の吐き気もあります。

消化器の働きが乱れることによって、脳の嘔吐反射中枢が刺激されることで「吐きたい」「気持ちが悪い」という反応が起こる状態のことを「吐き気」と呼びます。

吐き気がひどくなると実際に嘔吐してしまうのです。

吐き気が起きる原因は本当にたくさんあるので、簡単にご説明しますね。

胃腸の病気によって起こる吐き気

一番多いのは、消化器系のトラブルで起きる吐き気でしょう。

<腹痛も伴う嘔吐>

  • 胃腸炎
  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 胃酸過多
  • 虫垂炎(盲腸)
  • 腹膜炎
  • 膵炎(すいえん)
  • 尿路結石

など。

<下痢や便秘を伴う吐き気>

  • 過敏性腸症候群
  • 食中毒
  • ノロウイルス
  • 腸閉塞

<胸やけを伴う吐き気>

  • 逆流性食道炎

一過性の吐き気だけならまだしも、痛みや嘔吐が続く場合には早めに病院を受診した方がいいでしょう。

その他の病気が原因で起こる吐き気

風邪やインフルエンザでも吐き気が起こることはあります。また、胃腸の病気ではないのに吐き気が起こることがあるので、吐き気以外にも症状があれば注意しましょう。

<頭痛を伴う病気>

  • くも膜下出血
  • 脳腫瘍
  • 緑内障

<めまいを伴う病気>

  • 脳出血
  • 脳しんとう
  • メニエール病

これらの病気が原因の場合は内科ではなく神経外科や耳鼻咽喉科を受診した方が良いでしょう。

心因性の理由によって起こる吐き気

女性の場合は精神的な理由によって吐き気を感じることも多いですね。

  • ストレス
  • 拒食症や過食症
  • パニック障害
  • 自律神経失調症

女性はホルモンバランスの乱れによって吐き気が起きることもあります。女性ホルモンと自律神経にはとても密接な関わりがあり、どちらのバランスが乱れてもよくありません。

自律神経もホルモンもコントロールしているのは脳の視床下部というところで、ここは体温調節をしたり、生きていくために必要な身体の動きをコントロールする場所でもあるんです。

ストレスで自律神経やホルモンのバランスが乱れると他の機能にまで影響が出て、吐き気を催すことがあります。女性の身体は本当にデリケートなんですね。

病気ではないけれど起こる吐き気

吐き気が起こるのは、何も病気だけが原因ではありません。

  • 妊娠初期のつわり
  • 乗り物酔い
  • アルコールの過剰摂取(二日酔い)
  • 暴飲暴食
  • 薬の副作用

食事の仕方に問題があるときもあります。胃に負担のかかる脂っこいものや高カロリーなもの、消化の悪いものを食べたときも吐き気を催すことがありますね。

誰でも1度は経験があるのではないでしょうか。

つわりは赤ちゃんが元気な証拠。妊娠による自然現象なのでこれを止める方法はないのですが、人によってはビタミンB群が含まれた葉酸サプリを飲むことで吐き気が治まる場合があるようです。

ただし、葉酸も過剰摂取すると逆に吐き気を感じる人がいるので、用法・用量は守って飲むようにして下さい。

栄養不足(栄養失調)で起こる吐き気

朝ごはんを抜いて出かけたらめまいがして気持ちが悪くなった、という経験はありませんか。栄養が足りない時にも吐き気が起こります。

お腹がすきすぎても気持ちが悪くなりますし、慢性的に栄養が足りない人も貧血を起こして吐き気を催します。

普段の食生活がなってないと自覚のある人は、食事をしっかりするだけでも吐き気を抑えられます。

吐き気を止める方法12選!これだけ知っておけば大丈夫

吐き気止めは市販薬として販売されていないので、病院へ行かないと処方してもらえません。

また、吐き気が続く場合は病院を受診することが大前提ですが、あまりに気持ちが悪いと動けませんね。

一時的にでも吐き気を止められれば楽になるので、そんな時に役立つ対処法をまとめました。

1.梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)を飲む

日本に古くからある民間療法ですが、梅と生姜の殺菌力で食中毒による吐き気にも良いとされています。

<作り方>

  1. 湯のみに梅干しを入れてつぶします。
  2. 生姜のすりおろしも少々加えます。
  3. 醤油を少し加えて番茶を注ぎます。

番茶がなければ熱湯でもかまいません。葛でとろみをつけると、より身体が温まりますね。

吐き気以外にも、

  • 疲労回復
  • 冷え性

の改善にも良いとされ、マクロビオティックでもよく勧められている飲み物です。

自分で作るのが面倒な人は、梅醤番茶のペーストも売っていますよ。番茶を注ぐだけでできるのでおすすめです。

2.生姜を入れた飲み物を飲む、食べる

生姜には吐き気を抑える効果があるといわれています。チューブの生姜があれば、お湯を加えて生姜湯を作って飲んで下さい。

もしくはジンジャーエールでもかまいません。その際は、炭酸がきついと胃が膨らんで余計気持ち悪くなることもあるので、容器を振って炭酸を抜いたり、鍋で温めてから飲むといいですよ。

生姜の砂糖漬けなどをつまんでも吐き気を抑えてくれます。

生姜はつわりにも良いといわれています。吐き気を感じやすい人はおやつとしてつまめるように買っておくといいかもしれません。

3.水分をしっかり摂る

水分を適度に取ることで吐き気が緩和されます。体調が悪くて吐き気がしているとき、嘔吐を伴うような吐き気のときは特に水分補給が大切です。

脱水症状を起こさないようにこまめに水分を取りましょう。1度にがぶ飲みするとそれはそれで気持ちが悪くなるので、ゆっくりと飲んで下さい。

スポーツ飲料も良いのですが、糖分が多いので、2倍に薄めて飲むか、もしくは電解質を摂るための経口補水液を利用した方がいいですね。

4.市販の胃腸薬を飲む

食べ過ぎや飲み過ぎで胃酸が出過ぎている時、胃もたれを感じるときは市販の胃腸薬でスッキリさせましょう。

サクロンQ
オキセザゼイン配合で胃の粘膜に直接作用して吐き気を抑えてくれます。
セルベール
胃の粘膜を保護して、胃酸やアルコールなどの刺激から胃を守ります。ソウジュツ乾燥エキスやコウボク乾燥エキスなどの生薬も配合されています。
タケダ漢方胃腸薬
9種類の生薬を配合した漢方処方の胃腸薬で、吐き気以外にも様々な胃の不快感に対応できる胃腸薬です。
これらの胃腸薬は、あくまでも胃の調子を整えることで一時的に吐き気を抑えるものですから、飲み続ければ胃が健康になるというものでもありません。

また、胃腸が原因でなければ効かないこともあるので、効果を感じられないときは違う方法を試してみて下さい。

5.漢方薬で吐き気止め

漢方には、中枢性の嘔吐に有効な「半夏(はんげ)」や末梢性の嘔吐に有効な「生姜(しょうきょう=しょうが)」という生薬があります。

これらが入っている漢方薬としては

  • 小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

があります。

最近では、漢方の市販薬も増えてきたので、吐き気をよく感じる方は常備しておくといいかもしれません。

6.吐き気を抑えるツボはこれ!

吐き気を感じたらツボを抑えるのも有効な対策です。

内関(ないかん)
手首の付け根から指3本分下がったところにあります。ストレスによる吐き気や乗り物酔いにも有効です。

労宮(ろうきゅう)
手の平の真ん中にあるツボです。ストレスや心労による吐き気に有効です。

関衝(かんしょう)
薬指の小指側の爪の生え際にあります。両方の薬指を刺激してみて下さい。

とっさの吐き気を抑えるには、これらのツボをゆっくりと、ちょっと痛いかなと思うくらいの圧で押してみて下さい。

労宮は反対側の手の親指でぐーっと押していくと気持ちがいいですよ。もしくはツボの位置を温める方法も有効です。

7.横になって頭を冷やす

めまいを伴うような吐き気のときは、とりあえず横になって頭を動かさないようにするだけでも楽になります。

その時に、冷たいタオルなどをおでこに当てて頭を冷やすと吐き気が和らぎます。

8.乗り物酔いは首を冷やす

乗り物酔いや三半規管が乱れていて、頭を動かすと余計に気持ち悪くなるので、まずは出来るだけ動かないように安静にします。

それから首の後ろから後頭部にかけて冷やしましょう。自律神経の乱れを整えて、吐き気を止めることが出来ます。

9.気持ちを落ち着けてリラックスする

不安やストレスから来る吐き気は、とにかく気持ちを落ち着けることが大事です。

不安が強くなることで余計に吐き気を感じてしまいますから、違うことを考えたり、いったんその場所を離れて気分転換をするなど、気持ちを切り替えることを考えましょう。

10.アロマオイルを嗅いで吐き気を和らげる

アロマオイルの香りには吐き気を和らげてくれるものもあるんですよ。1本持っておけばとても便利なので、自分が好きな香りのものを常備しておくといいと思います。

  • ペパーミント
  • レモン
  • ジンジャー
  • ラベンダー

など。

柑橘系アロマもさわやかな香りで吐き気を和らげます。アロマを使う方法が妊婦さんにもおすすめ。

つわりが辛い時にさわやかな柑橘系の香りを嗅ぐと、吐き気も和らぎ、気持ちもリフレッシュできるでしょう。

ただし、香りの好みは個人差があります。これらの香りでも逆に吐き気を感じる人もいますから、体調を見ながら試してみて下さい。

11.アロマジェルでお腹をマッサージ

妊婦さん以外の人はマッサージにアロマを使うのもおすすめです。お腹に良いアロマを使ってマッサージすると、胃の痛みや不快感、吐き気を抑えることが出来ます。

おすすめのアロマは

  • ジンジャー
  • コリアンダー
  • ペッパー
  • ペパーミント
  • アニス

などです。

これを水溶性ジェル、または植物オイル小さじ1杯に、アロマオイルを2~3滴加えてよく混ぜ、お腹に塗りながら優しくマッサージします。

即効性はありませんが、20~30分ほどすると症状が楽になってくると思います。

12.食事をきちんとする

気持ちが悪いときは普通あまり食べられないのですが、栄養失調タイプの人は温かい食事をするだけでも吐き気が治まります。

特に胃が空になっているために吐き気が起きるのであれば、消化の良いおかゆやうどんなど、温かいものを食べ低を保護すれば吐き気も治まるでしょう。

吐き気が治まらなければ病院へ

今回たくさんご紹介した方法は、あくまでも一時的に吐き気を抑える方法であって、吐き気の原因を解消する方法ではありません。

二日酔いや食べ過ぎなどはっきり原因が分かっていればまだ良いのですが、そうでない場合は思わぬ病気が隠れている可能性もあります。

精神的なことが理由であれば、解消するのに長い時間がかかるかもしれません。

吐き気が起きているということは身体からのサインです。無理に止めない方がいい場合もあるので、なぜ吐き気が起きているのかを考えることもお忘れなく。

いずれにしても、とりあえず吐き気を抑えたら、その原因を解消することをしっかり考えて下さいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • 癒璃奈

    頼りになります❗
    すぐに吐き気が治まりました‼
    ありがとうございました

    返信
  • バグ

    やってみます

    返信
  • こまたん

    ありがとうございます!やって見ます!

    返信
  • twiceミナ

    助かります。

    返信
  • マリオ

    薬が無かったのでツボを押してみたら少しだけ吐き気が治まった気がします…
    ありがとうございました!

    返信

コメント