• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ネイルの似合う手になろう!手湿疹の原因はハンドクリームかも!

Date:2014.12.09

きれいな手をしている知人がいるのですが、彼女は洗顔後、「化粧水→乳液→日焼け止め」までのケアを同じように手にもすると言っていました。彼女の手はシミなどもなく、潤いがあり指の関節部分もふっくらとして、しわがあまりありません。

手のきれいな彼女ですが10年前まで手湿疹に悩まされていたそうです。そんな彼女の手湿疹は意外なものが原因だったといいます。彼女と同じ原因で手湿疹になる人は驚くほど多くおられます。その原因が、ハンドクリームなのです!

なぜクリームで手湿疹になるの?

ハンドクリームが手湿疹の原因という事に驚かれる方もおられるかもしれません。ハンドクリームの使い始めはすごく気持ちが良かったのに急にかゆくなってしまうのです。

かゆくなる…これが手湿疹の始めの症状です。湿疹ができるとかゆくなり、掻いてしまうとキズになり炎症を起こしていきます。炎症を起こした部分にまたそのハンドクリームを塗るとさらに湿疹が出始めて、いわゆる負のスパイラルに入ってしまいます。

添加物

ではなぜハンドクリームが手湿疹の原因になったり手荒れの原因になるのでしょう?原因として考えられるのが、添加物です。

ハンドクリームには尿素、植物オイル、ヒアルロン酸などを配合したものがあります。良い成分が配合されていても全体の割合からすれば数パーセントにすぎません。

安定した品質でしかも保湿性に優れたものを商品化しようとすると乳化させる添加物がどうしても必要になります。

鉱油

また、たいていの市販のハンドクリームの主原料は鉱油系からできているようです。ワセリンという鉱油からできているものを使われているならまだ品質が良い方。ワセリンが記載されていなくても鉱油系のものがあるのです。

ですから、肌に合わない人が出てきても仕方のないことかもしれません。

ハンドクリームはある程度の期間続けて使うものです。長く続けて使ってみなければ効果がわからないと、暗黙のうちに誰もが心得ているものとなっています。しかしそれが大きな落とし穴という事になります。

添加物は使い方次第で悪者に?!

添加物の中にはアルコール、界面活性剤などがあります。もちろんアルコールは低刺激であるはずと思われるかもしれませんが、安値で売られているものの場合はそうとも限りません。

消毒用のアルコールであっても、使用する回数が多ければ、手荒れしてしまいます。

また界面活性剤、服などの洗濯用洗剤が手についたまま放置すると、かゆみが出てきます。界面活性剤は汚れを落とすのに必要な薬品ですが、ハンドクリームでは様々な薬品を中和させ洗浄しやすいように配合されています。

たった2つの添加物であっても、肌荒れやかゆみの原因となるものが入っており、それをたくさん…しかも長い期間つけていれば、手湿疹が出てきても当たり前なのかもしれません。

先ほどの手のきれいな知人のひどかった手湿疹がきれいに治ったのはなぜか?というと添加物の入っていないクリームをずっと塗っていたと言っていました。

添加物の入っていない物などあるの?と思われるかもしれませんが、いくつかあります。

添加物のないハンドクリーム!

添加物の入っていないハンドクリームは意外とたくさんあるものです。付け心地などの好みもあるものですから、無添加商品の特徴を知っておけば好みのものを見てけられるかもしれません。

無添加クリームの特徴は…

*蜜ろう(蜂の巣から取れるワックス成分)が使われているクリーム
*動物性オイル(馬油、スクワランなど)

動物性のオイルの場合はそのままつけるとベタベタするので家事をしにくいものです。ですので、動物性オイルであってもクリーム状に加工してあるものを選ぶと良いでしょう。蜜ろうを混ぜてホイップ化してあるものは添加物が少ないといわれています。

また、主原料に何が使われているか?ということ!ハンドメイドのような無添加のハンドクリームにも様々な保湿成分が使われていますが、蜜ろうのような天然ワックスでブレンドされています。

化学名が多いほど要注意!

手湿疹に悩まされておられるならコストパフォーマンスだけで選ばないようにされておられると思います。ですが、海外ブランドのロクシタンなど、保湿力に優れお値段もそこそこするようなものであっても、しっかり添加物は入っているものです。

価格が高くても良いとは限らず、安くても品質が悪いとも限りません。ですから裏のラベルをよく見て選びましょう。添加物はすべて化学名で記載されています。化学名が多ければ、添加物が多いと判断しましょう。

品質の良いものを選んで手湿疹を治し、ネイルの似合う手を目指していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事