• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

裁縫のできない方でも簡単にできる!リボンの可愛いヘアゴムアレンジ術

Date:2012.11.08

そのままでは味気ない髪を留めるゴムを簡単に可愛くする方法をお教えします!針や糸を一切使わずに作ることが可能なので、不器用な方でも簡単に作ることができます。空いた時間を使ってぜひ作ってみてください!

【準備するもの】

生地…適量 手芸用のわた…適量 ヘアゴム 手芸用ボンド

【生地を好きな大きさに切る】

まず始めにリボンとなる生地を切ります。生地の縦の長さがリボンの縦の長さ、生地の横の長さがリボンの横の長さの2倍になるので、自分で作りたいリボンの大きさをある程度イメージしながら切ってくださいね。

【生地をくっ付ける】

リボンの大きさをイメージして切った生地の横に手芸用ボンドを付けます。この時縦の部分にボンドは付けないでくださいね。

上と下の横ラインすべてにボンドを付けたら、生地の真ん中を中心として両サイドを曲げます。写真のような形になればOKです。この時真ん中でないとリボンの中心がズレてしまうので注意してくださいね。

ボンドがしっかりとくっ付いたら生地を裏返します。この時強く引っ張ると生地が取れてしまうといけないので優しく裏返してください。裏返すとこのように真ん中だけが開いた状態になります。

【わたでリボンのふくらみをだす】

次に手芸用のわたを用意します。

適量の大きさに取ったわたを両サイドから詰めます。パンパンになるよりもあと少しボリュームが欲しいかな?と思うぐらいで止めた方が綺麗な形のリボンになります。

わたを入れるとこのように小さなクッションのような感じになります。

【リボンに必要なものを用意する】

リボンの真ん中に来る生地を用意します。同じ生地でも可愛いのですが、今回は水玉模様で色違いの生地を使いたいと思います。生地は切ってそのままでも良いのですが、糸が見えると見栄えが悪くなるので写真3のようにボンドを付けて生地を切った部分が見えないように張り付けています。

次にゴムを用意します。ゴムの大きさは自分が使いたいゴムの大きさに合わせて用意してくださいね。

【リボンの形を整えていく】

リボン本体の真ん中をつまみリボンの形を整えます。

その形を崩さないようにもう1つの生地を1回巻きます。

次に生地を巻くのと一緒にヘアゴムも巻きます。この時ゴムと生地にボンドを付けるとより固定されます。

最後に生地を巻く前にもう1度生地にボンドを付けて、生地をしっかりとくっ付けます。

これでリボンのヘアゴムの完成です!

【実際にヘアゴムを使おう】

実際に使ってみるとこのようになります。どれも自宅にある材料なので100円以下で作れちゃいますよ^^/針を使わず作れるので手芸が苦手な人でも簡単に可愛いリボンのヘアゴムを作ることが出来ます♪

この記事をシェアする

関連記事

コメント