• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

グルーガンで簡単キレイ!針なしでできるリボンバレッタの作り方

Date:2017.06.15

リボンバレッタ06151

店頭に並ぶ、リボンバレッタの数々。色々な柄に、色々なサイズ、色々な素材。

でも「これ!」っていうものにはなかなか出会えなくない?もうちょっと大きかったら、とか、このリボンがあの素材ならいいのに!とか。

やっと好みのリボンに出会ったと思ったら、バレッタじゃなくてヘアゴムだったりね。

あるあるです。

いつも「おしい~!」と心の中で叫んでる、仲間のみなさま!朗報です。

作れます!

しかもズボラの神だから、私。

針なしで作っちゃうよ!でもクオリティは手前味噌ながら申し分なしだよ!

所要時間はたったの15分。

ズボラさん、不器用さん、騙されたと思って、やってみて。

DIYなどの材料リスト
リボン
グルーガン
バレッタ金具
ライター
はさみ

基本リボンの制作をしていこう

まずはこれ、リボンね。

グログランのシマシマリボン。

ボーダー好きとしては、ボーダーリボンのバレッタが欲しかったのだけど、これがなかなかなくて!出会えないまま、はや○年。

なんでもっと早く作ろうと思わなかったのか、もはやそれがギモン。

作りたいリボンの大きさ、大体決めて。

ハサミでカット。

切り方は、真っ直ぐでも、斜めでも。

このままでは間違いなく切り口からほつれてくるので。

ライターで軽く炙ります。

燃えないように注意、火傷に超注意!

端が少し溶けて、しっかりほつれ止めになりますよ。

これで安心。

リボンの形に折り曲げて

そのまま手前方向に、半分折り。

解けないように注意しながら、上下を向こう側へと折り曲げます。

リボンの幅が狭い場合・リボンの厚みがある場合は大変だけど、今回のように幅1.5㎝のグログランリボン程度あれば、余裕、余裕。

その状態のまま、糸でグルグル。

針は使わないけど、糸は使うよ。

縫わないぶん、結構ギューギュー巻いちゃいます。

最後もキッチリ、堅結び。

余分な糸を切ればほら、ちゃんとリボンでしょ?

巻いただけじゃ不安かも?と思っても、大丈夫。あとでしっかりグルーガンが留めてくれますよ。

ボリュームを出す下準備

基本のリボンだけだと、ちょっと淋しい。

どうせならふっくら可愛いリボンがいいね。

リボンを基本リボンの幅×2の長さに切って。

(※ここはほつれ止め無しで大丈夫)

ここでグルーガンの登場。

・・・というか、ここからはすべて、グルーガンの出番。

端に少し垂らして(一滴くらい。出し過ぎない)、

ギュッと縦半分に折りましょう。

ここでグルーを付けすぎていると、はみ出してきて熱い思いをします(経験者談)。

両側を同じように処理して、笹船(古い)みたいな形を製作。

端を持ちあげて、

クルッと外側に半回転。

リボンの中心に、留めますよ。

もちろんグルーガンね。

もう一方も、反対側に半回転させながら留めましょう。

同じものを、もうひとつ。

どんな様子になるかっていうと、

これを重ねて、

重ねて。こんな感じ。

バランス悪そうだったら適宜整えてね。

今の形になるように、グルーガンで留めますよ。

グルーはすぐに固まってしまうので、事前に完成形を思い描いておくのが大事。

厚みがあって重ねづらいけれど、ギュッと抑えてしっかりと留めます。

固まるまで抑えておいて、冷えたら潰してしまった膨らみを、指で戻しておきましょう。

中心を抑え、バレッタに装着!

最後に中心の結び目に見えるところを作りましょう。

リボンを5cmほどにカット。

端を1/3の位置で縦に折って、グルーガンで接着。

残りの1/3は反対側に折り曲げましょう。蛇腹になるように。

今度は反対端。

先ほどとは上下が逆になるように気を付けて、蛇腹に接着しましょう。

これで、綺麗ながらアシンメトリーの自然なシワが入るっていう仕組み。

リボンの中心に乗せて

裏側をグルーガンで接着!

しっかり抑えて、接着!

リボンの完成~!

リボンのボリュームもしっかり、中心もふわっとしていて可愛いリボンでしょ?

最後の作業はこちら

バレッタ金具ね。お好みの大きさ(リボンからはみ出ない大きさ)で選んでね。

こちらもグルーガンで付けちゃいます。

グルーガン、万能!

しっかり固まるまで抑えておきましょう。

表に返して形を整えたら、完成!

我ながらこれは、自信作。

手作りには見えないでしょ?

おまけ

調子に乗って、もうひとつ。作り方は全く一緒。

太いリボンで作ってみました

折って貼って

できあがり!

これなら冠婚葬祭の正式な場でも、使えちゃう!

横幅は殆ど同じでも、印象はだいぶ変わるものですね。

どちらがお好み?

どちらもリボンの輪部分が三重になっているので、ふんわりしながらもしっかりとしたした仕上がり。

お店で売っているものと比べても、遜色ないはず!

所要時間は15分、かかる費用も300円以内。ぜひぜひ挑戦してみてね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事をシェアする

関連記事

コメント