• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

半身浴のより効果的な入り方!美肌やダイエット、冷え性改善にも効果あり!

Date:2013.04.12

半身浴、していますか?半身浴はダイエットや美容にも効果があると言われていますよね。この記事では、半身浴の詳しい効果や豆知識についてご紹介します。知らないより知っていた方がさらに効果は上がるはず!ですよ。

半身浴はダイエットになるの?

半身浴で脂肪燃焼!体重減少!すっきりボディ!!・・・ということは、ありません。痩せるためには、「摂取カロリー<消費カロリー」という状態にしなければならないのですが、半身浴で消費できるカロリーはそんなに多くはないからです。

半身浴の方法や人それぞれの体質と体重によっても異なりますが、半身浴で消費されるカロリーは100kcal前後だと言われています。

100kcal分の食べものというと、ポテトチップスだと10枚前後、チョコレートなら5かけくらい、ご飯なら60g程度しかありません。それだけを消費するためにスポーツをした場合、ジョギングなら15分、水泳でクロールを泳ぐと6分くらいしかかかりません。

しかもこれらの運動は筋肉をつけてくれますが、半身浴では筋肉はつきませんし、直接脂肪を燃焼してくれるわけでもありません。

でも「半身浴はダイエットになる」「ダイエットに効果的」と言われますよね?!それは何故なのでしょうか?

それは、半身浴を行うと血行がよくなり、新陳代謝が高められるから。代謝が活発になると太りにくくなるし、血行が改善されることで余分な脂肪が燃焼されやすい状態になります。

半身浴には即効性はないけれど、じっくり行えば太りにくく痩せやすい身体をつくってくれるようです。さらにダイエット効果をあげたいなら、食生活の改善とストレッチを行うこと。

身体を冷やす食べ物よりも、なるべく身体を温める食べ物をいただくようにして、半身浴後はゆっくりとストレッチを行うようにしましょう。こうすることでより代謝が高まるので、ダイエット効果をあげられますよ。

半身浴がニキビに効く?

半身浴がニキビに効くなんてにわかに信じられませんが、これは本当のこと。特に、毛穴の黒ずみや、アゴ付近にできる冷え性にきびに効果が高いようです。

アゴ付近に出来るニキビは、男性ホルモンの過剰分泌の他に、冷え性も原因の1つであると言われています。半身浴は冷え性に効果があるため、こうした冷え性が原因の症状が解消されやすいのです。

また、半身浴をすると毛穴が開いてたくさんの汗が流れるので、毛穴につまった老廃物や脂質が排出されやすくなります。

背中のニキビはなかなかケアが難しいのですが、半身浴をすれば簡単に老廃物を排出できるようになるので、とっても簡単にケアができますよね。ニキビに悩む方にも、半身浴はオススメなのです。

半身浴で血行改善、冷え性解消

半身浴の最も大きな効果は、血行促進・血行改善でしょう。上の章でダイエット効果やニキビ改善についての効果を書きましたが、それも元をたどれば血行促進・血行改善によるものです。

半身浴をすると、滞りがちな下半身の血行が改善されます。体温より少し温かいくらいのお湯で、下半身を中心にゆっくりと温めるからです。そうして温められた血液が全身をめぐり、まさに「身体の芯から温まる」状態になるのです。

身体の表面のみを温める普通の入浴法とは違い、半身浴をすると身体の内側までじっくり温められているので、湯冷めしにくく、温かさが長持ちします。これを続けることで、冷え性や低体温の改善にもつながるというわけです。

半身浴のリラックス効果

ぬるめのお湯に入ると、副交感神経が優位になり、身体の緊張がほぐされてリラックス出来ます。逆に熱めのお湯に入ると、交感神経が刺激されて気分がシャキッとします。

夜はぬるめのお湯に入り、朝は熱めのシャワーを浴びるといい、と言われるのはこういったことから来ているのです。

また、半身浴の発汗作用でたくさん汗をかくと、体内にたまった毒素を排出するデトックス効果が期待できます。「いらない物が身体から出て行っている!」という感覚は、気持ちがいいですよね。

さらに、全身が温められて血行がよくなることで、疲労物質である乳酸も排出されやすくなります。ゆっくりお湯につかって疲れを癒し、リラックスできる、というわけです。そうして緊張がほぐされたおかげで、夜もぐっすり眠ることができます。

リラクゼーション効果や癒し効果を存分に発揮するためには、お風呂タイムを楽しむこと。時間を気にしたり、我慢してお湯につかったりしていては効果が半減してしまいます。

お湯にお好みのアロマをたらしてみたり、好きな本を持ちこんでみたりして、お風呂タイムを存分に楽しみましょうね。

この記事をシェアする

関連記事