• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性に嬉しい腹巻の効果。お腹を包むことはメリットだらけ!

Date:2016.03.31

shutterstock_243591553男性よりも筋肉が少なく、複雑な臓器の影響で冷えやすいという、女性の身体。冷えは放っておくと免疫力や体力を奪い、他の病気を引き起こします。

ポイントは、手足だけでなく内臓から温めること。それにはバランスの良い食事や運動などが効果的ですが、忙しい中でその時間を確保するのはなかなか大変ですよね。

腹巻きなら、つけるだけ。時間も手間も一切かからない、究極の楽チン解決法なのです。

お腹の冷えは女性の大敵!主な悪影響4つ

日本では女性の5〜7割が冷え症に悩んでいるとも言われます。そして、無関係だと思い込んでいた体調不良が冷えから来ている場合もあります。

以下のような症状に心当たりのある方は、内臓が冷える「内臓冷え症」かもしれません。

  1. お腹に触るといつも冷たい
  2. 疲れやすい・風邪をひきやすい
  3. いつも便秘・下痢ぎみ、または両方を交互に繰り返す
  4. 低血圧・平熱が低い
  5. 痩せ型である

内臓、つまりお腹が冷えると身体にどんな影響があるのか、具体的に見ていきましょう。

影響1:免疫力が下がり、病気にかかりやすくなる

体温が1度下がると、免疫力は30%以上落ちると言われています。

免疫力が落ちるということは、ウイルスなどの異物に対抗したり、身体の中の傷ついた箇所を修復したりする機能が弱まるということ。

つまり、風邪はもちろん様々な病気やストレスに身体が負けてしまいやすくなるのです。

影響2:ダイエットしても痩せにくくなる、肌が荒れる

内臓が冷えると基礎代謝もガクンと落ちます。この現象はダイエットの大敵です。

人間の身体は、何もせず横になっているだけでも、心臓を動かしたり呼吸したり、生きていくために活動しています。この間も身体は脂肪を燃焼させ、カロリーを消費しているのです。

基礎代謝が落ちると、この脂肪燃焼・カロリー消費量が落ちます。結果、体温の高い人よりも痩せにくくなってしまうのです。

また冷えた内臓で血流が滞ることにより、毛細血管にまで充分な血液が行き渡らなくなります。

すると肌の新陳代謝が衰え、血行の悪さによる顔色不良が目立ったり、目の下のクマなどが表れやすくなったりと美容にも悪影響です。

影響3:月経不順・生理痛・不妊を引き起こしやすくなる

女性の身体で、お腹周りは子宮や卵巣が集まる場所。これらの臓器が冷えて機能が低下すると、月経のリズムが崩れたり、ひどい生理痛を引き起こしたり、妊娠しづらくなったりします。

昔から「女性はお腹を冷やしてはいけない」と言いますが、それは真実を突いているのです。

影響4:慢性的なお腹の冷えは、脳機能の低下に繋がることも

お腹と脳は遠いでしょう?と思うかもしれませんが、血液は約45秒で全身を巡ると言われています。冷えでお腹周りの血流が滞ると、当然、脳へのぼる血液も不足しますし、冷たくなります。

その状態が続くと、今度は脳自体が冷えてきます。冷えると脳の機能は低下し、思考能力が落ちたり、だるくて思うように動けない虚脱感などを引き起こします。

このように、お腹を冷やすと一つもいいことがありません。上手に温めていきたいところです。

腹巻きなら楽してお腹を温められる!その効果6つ

腹巻きって、以前はちょっとおじさん臭いイメージがありましたよね。でも最近は、女性をターゲットにした可愛いデザインや、肌に優しい厳選素材のものもたくさん販売されています。

お腹をじんわり温めるのは気持ちがよく、巻いて過ごすだけで以下の効果が期待できます。

  1. 内臓を温め、全身の冷えを改善
  2. 頭痛・肩こり・腰痛・吐き気などの緩和
  3. 便秘・下痢を改善し腸を元気にする
  4. 月経不順・生理痛を改善
  5. ダイエット効果をアップ
  6. むくみ解消・美肌効果

それぞれの効果を詳しくご紹介しますね。

効果1:内臓を温め、全身の冷えを改善

腹巻きを巻くと体温が1度ほど上昇すると言われています。体温とともに免疫力もグンと上がるため、非常に大きな効果です。

冷え症の人が手足を温めてもなかなか温まりません。いったん温かくなったとしてもすぐに冷めてしまいます。それは、手足だけでなく全身を巡る血液が、冷えきっているから。

手足を温めてもまた冷えた血液が循環してしまうため、すぐに冷めてしまうのです。解決するには、血液そのものを温めてあげることが大切です。

お腹には内臓が集まっており、血流も集中しています。ここを腹巻きでじっくり温めることによって、身体の隅々まで温かい血液が巡るようになるのです。

効果2:頭痛・肩こり・腰痛・吐き気などの緩和

頭痛や肩こりの大きな原因は、血行が悪いこと。お腹周りが冷えると腰痛を引き起こしますし、内臓機能の低下が原因不明の吐き気に繋がることもあります。

実際、寒い冬の日に長時間外で過ごしていると、その日の帰宅後や翌日に気分が悪くなったりめまいがして寝込んでしまうことがあります。これは、内臓まですっかり冷えきってしまったため。

腹巻きで体温を上げ、血行をよくしましょう。パソコン作業や立ち仕事にも負けない温かい身体を保てます。

効果3:便秘・下痢を改善し腸を元気にする

経験者も多いのではないでしょうか。お腹が冷えると

  • 胃腸
  • 大腸
  • 小腸

などの消化器官の働きも弱まります。冷えが招くのは下痢だけではないのです。

腸の動きが鈍ることにより排泄する力が弱まり便秘になったり、下痢と便秘を交互に繰り返すというようなつらい症状にも繋がります。

一度、腹巻きを使ってしばらくお腹を温めてみましょう。健全な消化機能を取り戻せば、

  • しつこい便秘
  • 膨満感
  • 嫌なガス
  • 体力を奪う下痢

などの症状が一気に解決する可能性もありますよ。

効果4:月経不順・生理痛を改善

子宮や卵巣ももちろん内臓です。冷えの影響をダイレクトに受けやすく、月経不順やひどい生理痛を引き起こします。

お腹を温めてあげると、これらはだいぶ改善されることが多いです。生理痛がとくにひどい時は、腹巻きの上からカイロを貼って、お腹や腰を温めるのも有効です。

効果5:ダイエット効果をアップ

腹巻きにより体温が上がると、基礎代謝もグッと上昇します。

呼吸や心臓のポンプなどにより脂肪を燃焼してくれる、基礎代謝。それが上昇することで、何もしなくても根本的に痩せやすい身体になるのです。

もちろん、

  • 運動
  • カロリー制限

と組み合わせると効果倍増です!

効果6:むくみ解消・デトックス・美肌効果

身体が温まると、余分な塩分や毒素を排出する働きも高まります。身体に害のある成分が、血流に乗り、汗と一緒に外へどんどん吐き出されていくのです。

汗といっても目に見えるとは限りません。人間は、常に身体から見えない汗を蒸発させています。

腹巻きで血行がよくなると、この見えない汗で悪いものが自然と排出されてゆき、

  • むくみ
  • 肌トラブル

が改善されるでしょう。

デトックス効果で身体が軽くなっていくのを実感しましょう。

長時間の使用厳禁?使い方のポイント

いいことずくめの腹巻きですが、使い方にはちょっとしたポイントがあります。

ポイント1:腹巻きは長時間つけ過ぎてはいけない

腹巻きの適切な使用時間は、一日3〜5時間程度と言われています。

長くつけ過ぎると内臓が自分で熱を保つ機能を弱めてしまい、かえって身体に悪影響の可能性があるためです。

ポイント2:女性はウエストの少し上までカバーすると良い

腹巻きを巻く際は、

  • 男性は腰の辺り
  • 女性はお腹〜ウエストの少し上、またはバストの下辺り

までカバーすると良いそうです。

寝汗で冷えないよう注意する

寝るときに腹巻きを巻く場合は、温まりすぎて寝汗をかくことのないよう注意しましょう。お腹にはもともと脂肪が多く、脂肪は一度汗で冷えると再び温まりにくいものです。

温めるつもりで腹巻きをしたのに、寝汗で一晩冷やし続けてしまった……ということがないよう、くれぐれも気をつけましょう。寝るときは、通気性がよく薄手のものを選ぶのがよいでしょう。

チョイスも楽しい!腹巻きの素材の選び方

今や一大市場となった腹巻き。女性向下着メーカーや、大手衣料品メーカーからもデザイン性の高い製品がたくさん販売されています。

腹巻きは、長時間肌に触れるもの。デザインだけでなく素材にもこだわってみましょう。

コットン:洗ってガンガン着回せる優れもの

吸湿性・通気性・保温性、全てバランスよく兼ね備えているのが綿素材。

洗濯機でガンガン洗っても型くずれしにくく、季節を問わず着用できるのも嬉しいですね。

シルク:肌触りにこだわるなら、とっておきのこの一枚

腹巻きだって、肌触りの良さならやはりシルク製品です。コットンなどと比べ価格は少々上がりますが、薄手でアウターに響かず、静電気もあまり起きません。

すべすべとしたつけ心地に一日中ごきげんでいられるかも。敏感肌の人にもシルクがよいでしょう。

ウール:温かさナンバーワン!

温め効果で選ぶなら、ウール素材がオススメ。厚手のものが多く、しっかりお腹をガードしてくれます。もこもこして衣服に響くこともあるため着用場面に注意しましょう。

また、寝るときには温まりすぎて寝汗をかく恐れがあるため、避けたほうが無難です。

化学繊維:様々な機能を備えた新素材も

各メーカーごとに多彩な機能が開発されている、化学繊維。

「身体にフィットしやすいもの」
「発熱・速乾」
「保湿素材」

など、気になるものがあれば試してみるとよいでしょう。ただしお肌が敏感な方は、要注意です。

夏のエアコン対策にもオススメ!365日のお供に!

さて、いかがでしたか?たかが腹巻き、されど腹巻き。冬だけでなく、夏こそエアコンで冷えるのが職場というもの……。一年中腹巻きを着用することが理想です。

最近はスカートやインナーパンツと一続きになって縫製された、ファッションアイテム一体型の腹巻きも登場しています。ずり落ちる心配もなく、オシャレの邪魔もしません。これならオフィスでも安心です!

実力も楽しさも抜群のアイテム・腹巻き。お気に入りの一枚を見つけて、お腹ぽかぽか、身体スッキリでいきましょう!

この記事をシェアする

関連記事