• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スキンケア選びに要注意!春の肌は乾燥しやすくなっている

Date:2015.03.23

shutterstock_133972433_毎日のスキンケア、女性は自分の肌に合っているものを選んで使っているという人がほとんどだと思いますが、そのスキンケア、1年間を通して同じものを使っていませんか?

基本的には同じものを使っても大丈夫なのですが、本来は季節に合わせたものを選ぶのが美肌のポイントとも言われています。

春の肌が乾燥しやすいのは何故

多くの女性が悩んでいるのが肌の乾燥です。その乾燥をスキンケアで潤してあげるのですが、乾燥というと「冬」というイメージが強いので冬はしっかりと保湿をしているという人も多いと思います。

しかし実は冬よりも春の方が肌が乾燥するという女性が多いんだそうです。

気温変化が激しく肌が対応できていない

乾燥と言うと寒い時期に起こすと思ってしまいますが、原因はそれだけではないと言われています。

その原因の1つが肌が気温に対応できるかどうかということです。春は気温差や湿度の差が激しいと言われています。

前日は気温も高く湿度も適度だったのに翌日は気温も湿度も下がっているという時がよくあります。これでは肌が気温に適応できません。

そのため皮脂の分泌も適切にできず肌が乾燥状態になるようです。

花粉の飛ぶ時期、肌は知らない間に乾燥する

春になると多くの人が悩んでいるのが花粉症です。この花粉、花粉症だけではなく肌にも影響を与えます。

飛散している花粉が知らない間に肌に付着、その花粉が肌を乾燥させるとも言われています。

顔全体ではなく目元だけ、口元だけという乾燥が出ている人はこの花粉が原因の可能性が高いようです。

普段のスキンケアにプラスしたいアイテムとは

春の乾燥肌をどうにか回避したい、そういう時に普段のスキンケアにプラスしたいアイテムとはどういうものがあるのでしょうか。

保湿力の高いアイクリーム

上記でも書きましたが春は花粉などの影響で目元の乾燥を訴える女性が多いと言われています。そこで使いたいのがアイクリームです。

普段からアイクリームを使っているという人も多いと思いますが、この時期は保湿力の高いアイクリームを選びましょう。

目元をピンとハリを与えるというものよりは、乾燥をさせないものを使うのがポイントです。しっかりと保湿をしてあげるだけで目元にはハリも出てきます。

この時期、目元を乾燥させてしまうと夏の紫外線でさらにダメージを与えてしまうので、しっかりと春からケアしておくことが大事です。

持ち歩き便利なミストタイプ化粧水

温度差などで肌が対応できず潤っている時と乾燥している時があるという人はミストタイプの化粧水がおススメです。これは外出する時も持ち運びができますが、自宅でも大活躍です。

自宅にいる時、肌が乾燥したからといって毎回化粧水を出して付けるのは面倒、だからそのままにしておくという人もいますが、これが一番肌にはよくありません。

乾燥していると感じたら常に潤いを与えることが大事です。常に使えるようにミストタイプの化粧水を常備しておけば、乾燥する前に潤いを与えることができるので乾燥肌も改善していきます。

パックは洗い流さないタイプのもので潤いを

スキンケアの中でスペシャルケアとしてパックなどをしている人も多いと思います。このパックにはいろんなタイプがあります。

その中にパックをした後に洗い流さないといけないものがあります。このタイプのパックは夏などの汗をかきやすい時期に適したもので、乾燥しやすい時期や乾燥肌の人にはあまり向いていません。

保湿美容液の含まれているシートパックやクリームタイプのパックでしっかりと内側から潤してあげましょう。

乾燥肌の人はさらに注意が必要

春の季節、乾燥肌の人はさらに肌が乾燥してしまい悪化するという人もいるようです。乾燥肌なうえに春の乾燥で悩んでいるという人におススメのものは何があるでしょうか。

肌状態が不安定な人は敏感肌用を

乾燥肌の場合、どうしても潤いを与えたいので保湿重視でスキンケアを選んでしまいます。

しかし春の乾燥の場合は気温などで肌も変化するので肌状態が不安定なことが多いとも言われています。

そういう場合は保湿重視よりも肌状態を安定させてあげることで大事です。肌状態が安定すると乾燥肌も緩和していくので春乾燥が気になる人は敏感肌用スキンケアを使ってみるのがおススメです。

クレンジングは潤い効果のあるクリームタイプ

以外に気にしていない人が多いのがクレンジングです。クレンジングは肌の油分まで落としてしまうものがあるので乾燥肌の人は選ぶ時は慎重に選ばないといけません。

肌に負担をかけない、必要な油分も失わないということを考えるとクリームタイプのクレンジングがおススメです。

クリームタイプというとメイクが落ちないというイメージがあり使うのをためらう人も多いのですが、最近はしっかりとメイクを落としてくれるものになっています。

クリームタイプは潤い成分が入っているものが多いので洗い流しても乾燥しにくくなっています。

保湿オイルで油分も補う

乾燥肌の場合、水分だけでなく油分が足りないという人もいます。そういう場合、保湿ばかりしてもその蒸発を抑えてくれる油分がないので常に乾燥肌のままということもあるようです。

春時期の乾燥は特に油分が補えていない場合があるのでクリームなどで保湿をするのではなく保湿力もあるオイルを美容液の代わりに使うのがおススメです。

保湿オイルを始めて使うと自分の肌がどれだけ乾燥しているか分かるのですが、肌が乾燥している人はオイルを塗ってもすぐに吸い込んでしまいます。

オイルを塗ることで肌の中の水分蒸発を抑え、そしてオイルで外的刺激からも肌を守ってくれるのでおススメです。

春のスキンケアは夏を見越したケアもプラス

春の乾燥肌をスキンケアで補ってあげることも大事ですがもう1つ大事なことがあります。それは夏のための肌作りをしてあげることです。

夏は紫外線が強くなり汗をかくので肌が傷みやすい季節でもあります。汗や紫外線に負けない肌を春から作ってあげることも春のスキンケアの役目と言えるのではないでしょうか。

春からしっかりとケアをしている人と夏に慌ててケアをする人では肌状態も変わってくるので今から乾燥肌対策と一緒に夏のためのケアも始めておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事