• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今すぐできる簡単に歯を白くする方法!これで笑顔美人になろう

Date:2012.10.21

笑ったときにこぼれる白い歯は、女性の魅力の一つになりますね。白くてキレイに並んだ歯は清潔感を漂わせ、好感度もアップ。反対にタバコのヤニで黄ばんだ歯や虫歯だらけの歯は、不潔な印象を与えてしまいます。

歯に自信がないと、笑うのも気をつかってしまい素敵な笑顔は作れません。口を開けるのも変に意識してしまい、必要以上に無口になってしまうことも。

でも、歯だってケアをすれば白くキレイな歯になれるのです。お肌だけでなく、歯のケアも怠らないようにするために、誰にでもできる簡単なケアの方法を紹介しましょう。

ホワイトニング用歯磨き粉を使う

簡単にできる方法の一つが歯磨き粉をホワイトニング用にすること。日本で販売されているホワイトニング用の歯磨き粉というのは、主に歯の表面に付いた色素を落として白くするという歯磨き粉。酸などが配合され、汚れを分解して歯を白くしてくれます。

ただし、研磨剤や漂白剤が含まれている歯磨き粉は、歯や歯茎にダメージを与えてしまう可能性もあるので、できるだけ研磨剤や漂白剤が含まれていない歯磨き粉を選びましょう。

また、ホワイトニング用の歯磨き粉の中には、歯の表面の傷をエナメル質と同じカルシウムである、ハイドロキシアパタイトで埋めて、歯を白くしたり、強くするというものがあります。このタイプの歯磨き粉は、歯をつるつるにして丈夫にしてくれる効果があると言われています。

ホワイトニング効果のある歯ブラシ

磨いているだけで歯が白くなるという歯ブラシもいろいろ出ていますよ。ブラシのヘッドに搭載されたステインクリーナーが歯を磨くたびにステインを取り除き、ステインクリー毛は歯と歯の隙間のステインまでかきだし、さらに前歯のステインはヘッドに搭載されたパッドで集中的にケアすることができるので、ステインを取り除く、という作用で歯の本来の白さを取り戻してくれます。

また、歯垢除去もできる、というスグレモノの歯ブラシもありますよ。また、電動歯ブラシの中にも、特に歯垢除去機能やステインを取り除く機能を搭載しているものもあり、歯を白くしてくれますよ。

歯を白くする歯磨きの方法

歯を白く保つには、歯磨きの方法も重要です。重要なポイントとしては、食べたらすぐ磨くこと。食べたものの汚れがこびりついてしまわないうちに、歯磨きをするようにしたいもの。うがいだけでも効果があると言われています。

また、強く磨きすぎないこと。通常の歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、強く磨くと歯の表面にあるエナメル質を傷つけ、そこに汚れなどが入り込んで歯を黄色くしてしまうのです。

正しいは歯磨きの方法は、力を入れずに小刻みにブラッシングすること。歯の裏側も表側もきちんと磨くこと、口の小さい人は小さいサイズの歯ブラシを用意しましょう。

歯医者さんでホワイトニング

一番安全で効果的なのは、歯医者さんでホワイトニングをすることです。主に行われているのは、歯の表面に薬剤を塗り、レーザーなどを当てます。歯の状態によって回数は異なります。効果は約4ヵ月~10ヵ月以上と言われて、治療の後歯茎の痛みや違和感があることがあります。

自宅でホワイトニング

歯医者さんでマウスガードを作ってもらい、そのマウスガードに薬剤を入れてホワイトニングをします。2~8時間、毎日入れておかなければなりませんが、効果は半年~1年くらい持続すると言われています。

歯の汚れを落とす食べ物

食べるだけで歯を白くする食べ物というのはないようですが、歯の汚れを落としてくれる食べ物はあります。例えばゴボウやセロリなど繊維質の豊富な食べ物。歯の表面の汚れを落としてくれますよ。

また、パパイヤに含まれるパパイン酵素はタンパク質を分解する作用がありので、歯についた食べ物の汚れを分解して、汚れを落としてくれます。また、牛乳には歯の表面をコーティングして、歯に汚れが付くのを防いでくれる働きがあるとされていますよ。

この記事をシェアする

関連記事