• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝の時間は快速電車なみに過ぎゆく~働く母に聞いた!朝の準備時短法

Date:2013.07.31

朝の時間の過ぎ去るスピードが速いこと速いこと。時計を見た直後に再び時計を見たはずなのに、さっきから5分も経過していたりして。こちらが時間の波に乗ろうが乗り遅れようが、そんなことは関係なく時間はどんどん過ぎゆきます。

もう本当に、あの過ぎ去りっぷりは異常。

とはいえ、働く母としては「いやんなっちゃうわよねぇ~」と苦笑いしているだけじゃ済まされません。子供と自分の準備を整えて、戦場(というか仕事場)へと繰り出さなければならないのですから。

そんなわけで、働くお母様方に朝の準備時間を短くするためにやっている事を聞いてみました。

メイクは「いかに手順を減らせるか」がカギ

朝っぱらからビューラーかけてマスカラ塗ってってやってると面倒だし時間がかかるから、まつエクをつけている。3週間に1回くらいのお直しで済むから、便利」

しかもマスカラを塗っている途中に手元がくるって、まぶたにマスカラがべちょ!と付こうものなら悲惨の極みですからね・・・。まつエクをしているという意見は多かったです。

そしてまつエクより少なかったけど、「つけまつ毛をつけている」という意見もありました。慣れるまでは時間がかかるけど、慣れてしまったらマスカラよりも素早くキレイに出来るようになるのだとか。

「化粧水はオールインワンゲル、ファンデは下地にもなるBBクリーム。ステップを減らせば減らすほどなじませる時間が少なくて済むから、オールインワンものは忙しい私の味方」

「オールインワンものを活用する」というのは、もはや忙しい母たちの常識なのかも?!と思うくらいオールインワンもの大流行中です。メイクは「いかに手順を減らせるか」が勝負のようです。

朝ご飯は夜作る

朝の時間は忙しい!ということで、朝ご飯は夜に作るというお母さん続出。

「晩ご飯の残りのお米でおにぎりを作っておいて、お弁当のおかずの残りと一緒に朝ご飯として出す」

「うちはパン派だから、夜のうちにピザトーストを焼く前の段階まで作っておいて、朝まで冷蔵庫で保存。朝になったら焼いて出して、終了」

朝ご飯を作って、お弁当も作って、となると大変ですもんね。「朝は○○するだけ」にして時間を短縮している人は多いようです。ちなみに、「もう、何なら夜のうちにコップからお箸までセットしておく」という方もいらっしゃいました。

インスタントに頼る

子供たちにはきちんとしたご飯を食べさせたい。出来るだけ手作りしたい。そう思っている母が多いのですが、働いていてなおかつ朝も夜も完璧に作るとなると、それはなかなか至難のワザ。

子供を愛する気持ちさえあれば、1日24時間が30時間に増加される、なんてマジックがおこるわけでもありませんし。そこで、頼りになるのがインスタント。

「冷凍カツをチンしてレタスと一緒に食パンに挟んで、簡単カツサンド朝ご飯」

「朝のお味噌汁はインスタント。インスタントのお味噌汁は味が濃いから、1袋を子供2人で分けて作るとちょうどいい濃さになるよ」

いつでも何でもインスタント、になってしまうと子供の身体にもよくないかもしれませんが、たまにはインスタントに頼るというのもアリですよね。

夜の時間を活用する

朝の時間がやたら早く感じるのは、自分の脳がまだきちんと起動していないからかもしれません。「じゃあ、もっと早起きすればいいじゃん」という意見はごもっともだと思いますが、仕事して家事も育児もして、と頑張っている母の多くは慢性的な寝不足状態なのです。

ということで、母たちは朝少しでも長く眠るために、「朝やった方がいいことを夜のうちにしてしまう!」という方法をとっているようです。

「家族全員がお風呂に入ったら、洗濯機を回す。干すのも、もちろん夜のうちに。夜は部屋干しにしておいて、朝は天気が良かったら外に出す。時間がない時はそのまま部屋干しになっちゃうことも多いけど、まぁしょうがないよね」

「家の掃除は、子供が寝てから。本当は朝やってから出勤すればいいんだろうけど、そうそう時間もないし。掃除機の音が近所迷惑にならないように、モップとか拭き掃除とかの掃除オンリーにしているよ」

「貯金はなかなか貯まらないのに、ほこりはすぐに溜まる」と言ったのは私の母ですが、何をしなくともホコリやら謎の白いゴミやらはどんどん家じゅうに増殖していきます。

が!掃除しなきゃしなきゃと思い続けているとストレスになってしまうので、1日に少しずつ、出来るところだけ、を心がけるといいですよ。

お片づけは“入れるだけ収納法”

子供というのは、自分のおもちゃを全て引っ張り出して遊ぶのが好きな生き物のようで・・・・。親がばたばたと準備している間に、どこそこからおもちゃを引っ張り出してきていたりします。それも、大量に。

「片付けなさいー!って言ってもキレイにしまえるわけはないんだから、我が家は入れるだけ収納法。大きなおもちゃ箱を2つ3つ用意して、おもちゃはその中に入れるだけ、でお片づけ終了!並べて片付けるとか、見せる収納とかはハナから諦めている」

収納方法が簡単なら、小さな子でも片付けることができますからね。子供でもやれるように、と工夫するのも時短法の1つなのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事