• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝活で人生を十倍楽しむ!メリットや朝活を無理なく続けるコツ

「朝活」という言葉を聞いたことはありませんか?朝活とは、朝に早起きをして活動することを言います。

趣味や運動、家事など…普段「時間がなくてできない」と思っていることに取り組むのに、朝の時間は最適なのです。

具体的に朝活ではどんなメリットがあるのか、朝活を成功させる秘訣とは何かについて見ていきましょう。

運動・ダイエット効果上昇。朝活で得られる効果やメリット

朝活をすると日常にどのような変化が見られるのでしょうか?また、早起きをして何をするのが良いのかわからない人もいるでしょう。

まずは朝活の効果やメリット、有意義な朝活の過ごし方についてご紹介します。

朝活で得られるメリット

朝活は、普段できないことをするチャンスです。仕事から帰ってきた後や休日などではできないorやる気がおきないことも、早起きをして時間をつくるだけで積極的に取り組めます。

  • 生活リズムが整う
  • 成長ホルモンの分泌を促す

といった身体的なメリットや、

  • うつを抑制する
  • 時間のゆとりで心にもゆとりが生まれる

といった精神的なメリットまであるのが朝活の魅力。

そして何といっても、趣味や勉強、食事に充てる時間が増えることからライフスタイルが充実していきます。

「冴えない日々を送っている…」と感じる人には嬉しいことばかりですよね。心も身体も健康的になれて、メリットだらけですよ。

▼早起きのメリットについてはコチラも参考にしてください!

早起きのメリットの記事トップ画像キャプチャ

▼美人が続ける朝の習慣についてはコチラも参考にしてください!

美人が続ける朝習慣の記事のトップ画像キャプチャ

朝のダイエット効果は高い

朝のダイエットは、夜のダイエットよりも絶大な効果がもたらされます。

朝は程よく空腹感があるため、この時間帯に活動することで脂肪を燃焼しやすくなっているのです。また、朝活をするために早寝をすることも脂肪の燃焼を手助けしてくれますよ。

ダイエット目的で運動やエクササイズをしたいと考えている人は、ぜひ昼や夜ではなくて朝試してみましょう。

  • 筋トレ
  • 有酸素運動
  • 家事

といった習慣を朝活に取り入れれば、健康と両立しながらダイエットに挑戦できますね。

朝に運動をした人は、朝食でたんぱく質を多めに取れば効率的に筋肉が付きやすくなりますよ。筋肉がつけば基礎代謝が上がって痩せやすい身体になります。

▼早起きのダイエット効果についてはコチラも参考にしてください!

早起きのダイエット効果の記事のトップ画像キャプチャ

朝は運動の効果も高い

運動は身体の健康を維持したり、ダイエットをしたりといった様々な効果があります。特に現代人には運動不足な人がたくさんいます。

朝活をするのなら、ぜひ朝の運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?朝の運動は習慣化しやすく、血流を促進して脳を活性化させるなどの効果も高くなっています。

また、朝に運動をすることで夜は規則正しく眠気が来ます。そのため「朝起きて夜に寝る」といった生活リズムが整っていくのです。生活リズムが整えば朝活だってしやすくなりますよ。

  • ストレッチ
  • 筋トレ
  • ウォーキング
  • ランニング
  • リズム運動
  • ラジオ体操

などの運動は手軽で行いやすいためおすすめです。

▼朝運動の効果についてはコチラも参考にしてください!

朝運動の効果の記事のトップ画像キャプチャ

朝活の朝食はカレーがおすすめ

活発に朝の時間を過ごすなら、朝食の存在はかかせません。カレーライスはおすすめな朝食メニューです。

カレーには脂肪燃焼作用や抗菌・抗酸化作用などの健康効果が多く含まれています。体調管理に最適ですよね。

香辛料で身体を温めてくれますから、朝活でダイエットをしている人にもおすすめできます。

「ただ健康効果が多いだけなら、夜に食べても良いのでは?」と思う人もいるでしょう。ですがカレーは朝に食べてこそ、次のような効果を発揮してくれるのです。

  • 脳が活性化されて目覚めが良くなる
  • デトックス効果で朝から快便
  • 摂取できる栄養バランスが良い

眠気覚ましにカレーを食べれば、デトックス効果と栄養補給で元気な朝活ができますね。

ただし、朝カレーは食べ過ぎると太ってしまいます。朝にカレーを食べるなら毎日は食べず、野菜中心の具材でお茶碗1杯分ほどの量でとどめておきましょう。

▼朝カレーの効果についてはコチラも参考にしてください!

朝カレーの効果の記事のトップ画像キャプチャ

自分磨きに取り組みやすい

綺麗な女性ほど、早起きな人が多く見られます。なぜなら朝活の時間を有意義に使って、自分磨きに励んでいるから。

朝活をすると、自分磨きに使える時間が大幅に増えます。早起きをして朝につくった時間は、

  • ダイエットにあてる
  • 気合を入れてメイクができる
  • 服のコーディネートをじっくり選べる
  • ヘアスタイルを整えられる

といったことにあてられるのです。「朝は時間がないから」と言って、いつも適当な服で出かける人はいませんか?

朝から身だしなみに力を入れられると、その日一日は自分に自信を持って過ごせますよね。もちろん朝のダイエット効果も絶大ですから、ぜひ朝活の時間を自分磨きに使ってください。

朝は朝日の力でポジティブな思考になっています。自分磨きで自信をつけながら、美しさと一緒に明るさも手に入れちゃいましょう。

寝ぼすけさんでも朝活はできる!早起き成功の秘訣とは

朝活をするなら、朝の早起きは避けて通れない壁です。早起きの得意な人であれば問題ありませんが、寝起きの悪い人にはどうしてもネックになりますよね…。

魅力的な朝活をより簡単に取り入れるために、早起きをするコツについてご紹介しますね。

二度寝を予防・撃退する

二度寝は科学的にも「快感」として捉えられています。朝は布団が心地よく感じてしまえば、その場所にとどまりたいと感じて二度寝をしてしまうのです。

睡眠環境を整えたり就寝前の行動に気をつかいながら睡眠の質を上げると、寝起きがスッキリして二度寝への誘惑を振り切れますよ。就寝前のカフェインは避けるなどして、極力睡眠の質を上げる努力をしましょう。

また、他にも

  • 夕食は食べ過ぎず、翌朝に空腹感で目を覚ますようにする
  • アロマオイルなどの香りで目を覚ます
  • 目が覚めたら声を出しながら伸びをする
  • 朝日を浴びる
  • 水を飲む

のような工夫をすることで、二度寝を予防・撃退できますよ。二度寝さえ防げれば、朝活の難易度も一気に下がります。

▼二度寝を防止する方法についてはコチラも参考にしてください!

二度寝防止方法の記事のトップ画像キャプチャ

寝起きを良くする方法

寝起きを良くするには、寝る前の行動がとても重要です。つまり「自分は寝起きが悪い」と思っている人には、寝る前に寝起きが悪くなってしまう行動を取っている人が多いのです。

  • 朝活の目的を決めて早起きへのモチベーションを上げる
  • 睡眠の質を上げる
  • 目覚ましはスヌーズ機能を使わない
  • 日中の睡眠時間は20~30分まで

といった工夫をすれば、自然と「夜に寝て朝に起きる」リズムがつくられていきます。身体が早寝早起きのリズムに慣れれば、朝の寝起きも良くなりますよ。

ついつい夜更かしをしてしまいがちな人は、一度眠る前の自分の行動を見直してみましょう。

▼寝起きを良くする方法についてはコチラも参考にしてください!

早起きする方法の記事のトップ画像キャプチャ

朝から疲れを感じる場合

朝活をむずかしく感じている人には、「寝起きが悪い」人の他に「寝起きに疲れやだるさを感じている」人がいます。

もし単なる眠気や二度寝への誘惑ではなく、寝起きに疲れやだるさを感じているなら要注意!体調不良の可能性があります。

寝起きの疲れやだるさには、

  • 血行不良で低血圧になっている
  • 自律神経の乱れが起きている
  • 前日の疲れが睡眠で取れていない

…のような可能性が潜んでいます。そんな体調不良を抱えている人は、寝起きにシャワーを浴びたり伸びをしたりして血流を促してみましょう。

寝起きの体調不良は、起きた後の行動で撃退することもできますよ。朝食でビタミンを補給したり、運動で体温を上げたりするのも良いですね。

朝活は確かに魅力的ですが、体調不良を寝起きの悪さと勘違いしては更に体調が悪化してしまいます。せっかく早起きしたのなら、だるさに任せて二度寝するよりも、体調を整えるための行動を取ってみてくださいね。

早起きをして朝の内に体調を回復できたら、その日の活動パフォーマンスも上がりますよ。

▼朝感じる疲れについてはコチラも参考にしてください!

朝感じる疲れの記事のトップ画像キャプチャ

サマータイムをマネしてみる

「サマータイム」とは日照時間が長くなった夏の間だけ時計の針を一時間進め、明るい時間を有効的に使う制度のことです。日本では普及しませんでしたが、欧米諸国では実施されています。

起きてから出勤や始業までの間に一時間の余裕ができることから、ゆったりとした活動時間が設けられるのです。海外流の朝活ですね。

夏の早朝は涼しくて過ごしやすいですから、早起きをして活動するには最適なのです。日本では夏休みのラジオ体操がサマータイムに似ていますね。

「夏だけ」という期間限定であることから、早起きの苦手な人でもプレッシャーなく取り組めるのもサマータイムの魅力です。もちろん夏にこだわる必要もありませんから、「期間限定」という目標で朝活を試してみてはいかがでしょうか?

▼サマータイムの活用法についてはコチラも参考にしてください!

サマータイムの記事のトップ画像キャプチャ

家事・支度の時間を短縮。朝活の時間を多く確保するコツ

朝活をしたいと思っていても、いざ早起きをすると家事や身支度に追われて自分の時間が作れないこともありますよね。

家族と暮らしている人なら尚更、「早起きしてるならこれもできるでしょ?」と家事や雑務を押し付けられることも。

効率的に朝活で自分の時間を手に入れるコツをいくつかご紹介しますね。

家事を効率化する方法

「いつも朝にやっている」という家事は意外に多くあります。洗濯物を干したり、朝食・お弁当作りが良い例ですよね。

朝活の時間を確保するなら、朝やる予定の家事を夜の内に済ませておきましょう。

  • 洗濯物は夜の内に洗って干しておく
  • 炊飯器や洗濯機は夜に準備し、タイマーで翌朝動くようにセットしておく
  • 朝食やお弁当のおかずは夜に準備する(夕食の残りを使うのもOK!)

朝やっていた家事は、意外に前日の夜からでも準備しておけるものばかりです。夜に翌朝の準備をするのを習慣づければ、翌朝の時間を多く確保することができますよ。

早起きの苦手な人は、まずは朝の家事の準備を減らして朝活の時間を増やすところから始めても良いですね。

▼朝家事についてはコチラも参考にしてください!

朝家事の記事のトップ画像キャプチャ

朝の支度を効率化する方法

朝は家事意外にもいろんなことで時間を取られますよね。特に朝食などは、準備して食べて後片付けをして…と様々なことで時間が必要になります。

朝食は前日の夜に準備しておいたり、常備菜や大皿のプレートを使ったりして効率化しましょう。大皿のプレート1枚で食事を済ませれば、準備も片づけも効率化できますね。

他にも、朝の時短技はたくさんあります。

  • オールインワンゲルでスキンケアを済ませる
  • BBクリームやクッションファンデでメイクを短縮
  • 着替えや持ち物を前日の内に準備

朝の時短技は、前日の夜の行動で大きく左右されていますよ。

▼朝の時短ワザについてはコチラも参考にしてください!

朝の時短ワザの記事のトップ画像キャプチャ

早起きするだけでOK!朝活で充実した毎日を過ごそう


今まで「やりたいけどできない」と嘆いていたことが、朝活の時間を使えば簡単にできるようになります。

朝は”起きてから出かけるまで”というタイムリミットもありますから、集中力を高く保ったまま効率的に物事が進みます。

できることの幅が広がれば人生も楽しくなりますね。朝から有意義な時間を過ごせたら、一日のスタートをポジティブな気持ちで迎えられます。

朝活を始めるために必要なのは、「早起きをする」ことだけ。手軽に始められる朝活で、日々を満喫してください。