• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

成功している人はやっている!今話題の〝朝活〟で自分磨きを

shutterstock_421294450

最近、出勤前などの早朝の時間を利用して、運動や勉強を行う〝朝活〟が話題になっています。

多くの著名人や経営者が行っているという朝活ですが、実際どういう利点があって、どんなことが行われているのでしょうか?今回は気になる朝活を見ていきましょう。

朝の時間は集中力が高い?朝活のメリットとは?

朝活がいいとはよく聞きますが、みんなが寝ている時間に活動を行うことで、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。考えられる主なものは以下の通りです。

  • 朝は集中力が高く効率がよい
  • 仕事までにすっきり目を覚ますことができる
  • 余計な邪魔が入らないため集中できる
  • 午後の時間を有効に活用できる
  • 規則正しい生活習慣が身に着く

午後よりも午前中の方が脳の働きが良いことは、科学的にも立証されています。それに加え、家庭や仕事の雑事に追われることなく、一人でじっくり作業に取り組めることで、集中力が高まるのかもしれませんね。

さらに午前中に勉強や作業を進めることで、午後に心の余裕ができ、うっかりミスなどを防げるという利点もあります。まさに早起きは三文の得ですね。

早起きが苦手な人には、朝活のデメリットも!?

メリットの多い朝活ですが、早起きが苦手な人や夜型の人には、なかなか継続が難しいかもしれません。

早く起きるためには早めの就寝が肝心で、規則正しい生活が送れるよう、しっかりと自己管理しなければならないからです。

夜型なのに無理に早起きして頑張りすぎ、午後の時間に集中力が欠けたり、眠くなったりしては本末転倒。いきなり毎日朝活はハードルが高いという人は、週に1~2回から始めてみるといいかもしれません。

アクティブorインドア?女性の美学読者におすすめの朝活はこれ!

一言で朝活と言っても、人によって時間の使い方は様々。みんなは朝の時間をどんな風に有効活用しているのでしょう?女性の美学読者におすすめの朝活をご紹介します!

ダイエット効果も!アクティブ派の女子はスポーツで汗を流す!

アクティブ派の女性に人気が高い朝活が「運動」。ジョギングやウォーキングのほか、ヨガや筋トㇾ、ゴルフの練習やジムに出かける人も多いことでしょう。

朝目覚めた後は交感神経が活発に働くので、同じ運動でも夜に行うより10パーセントも多くエネルギーを消費すると言われています。また、朝から代謝の高い状態をキープできるので、ダイエット効果も高くなります。

何も胃に入れずに運動するのはよくないので、起床後にコップ一杯の水とバナナ1本など軽食を食べてから、運動を行うようにしましょう。

インテリ女子は英会話や資格の勉強など、朝活でスキルアップ!

上昇志向の高いインテリ女性は、朝の時間を語学や資格など、スキルアップのための勉強に充てる人が多いよう。実は朝の時間帯は扁桃体や海馬が活性化されて集中力がアップするため、勉強にはもってこいなのです!

ちなみに、脳は夜寝ている間に記憶したことを定着し、整理すると言われています。勉強をする場合は、夜に単語など単純な情報の記憶を行い、朝に複雑な思考を必要とする問題に取り組むと、効率よくはかどることでしょう。

社交的なあなたは、交流会やセミナーで人脈とスキルを培おう!

朝活の流行に従い、最近は各地で朝の時間を使った交流会やセミナーも行われています。ビジネスセミナーや勉強会、カフェなどで行われる朝食会や交流会、ヒーリングセラピーや読書会など、内容も多種多様。

自分に興味のある分野の朝会を見付けて、参加してみるのもいいかもしれません。一人で勉強しているより視野が開けることもありますし、今後開業などを検討している人は、人脈を広げることもできるでしょう。

ワーキングウーマンは、朝に雑務をこなしている!

フリーや自営業の人、また早朝出勤が認められている会社に勤めている人は、電話対応などのない早朝に雑務をこなすという選択肢もあります。

メールなど前日に来たものをチェックして返事をするだけでも、結構時間が取られるもの。仕事が本格始動する前にそういった雑務を処理しておけば、後の時間は本題の仕事に集中することができます。

また、朝のうちに前日にやり残したことや、当日やるべき仕事を確認し、スケジュールを考えておくと効率よく進めることができますよ。

働く主婦は、朝家事で時間を有効活用!

夫や子供に合わせて、起床時間が早い主婦にとって、朝は絶好の家事タイム!正社員なら夫や子供が起床する前の時間、パートなら夫や子供を送り出してから働きに出るまでの時間を活用して、洗濯や掃除といった家事をまとめて終わらせる人が多いようです。

午前中に家事を終わらせてしまうことで、退勤後の時間はゆとりを持って過ごすことができます。ちなみに筆者も朝家事派。午前中のうちに買い物まで済ませることもあります。そうすることで午後は原稿に集中することができ、時間を有効に使えていると感じています。

スピリチュアル系女子は、瞑想でメンタルトレーニング!

朝の澄んだ空気と静けさは、一人で思索に耽るのにはもってこい。瞑想と言うと怪しく聞こえますが、要は常にストレスに晒されている心身を、リラックスさせる方法と考えてください。

瞑想で大事なのは呼吸法です。頭が忙しく働いている時は、自然と呼吸が浅くなり、酸欠状態に陥りがち。そこから身体を解放するには、たっぷりと鼻から息を吸いこみ、お腹で空気をいったん溜めてから、ゆっくりと吐き出す「腹式呼吸」を心がけてください。

深く呼吸しながら、雑念を少しずつ取り払ってゆくと、やがて瞑想状態に入り、精神の解放を体験することができるはずです。

朝の時間は、趣味の世界を広げる絶好のチャンス!

朝の時間を、趣味に充てる人も多いことでしょう。野菜づくりやガーデニング、アートや読書、料理や執筆など、集中できる朝の時間は、趣味の世界に没頭するにはもってこいです!小説家などは朝に執筆する人も多いとか。

カフェなどでは、朝に読書会やアート鑑賞会が行われたり、朝に開催される料理教室などもあるようです。仕事をしていると、平日は疲れてしまって、なかなか趣味にまで時間は裂けないもの。朝の時間を有効利用して、自分の世界を広げるのもいいですね。

朝活に朝食は必須!朝活に適した朝食とは?

時間がないので朝食を抜く人は結構いますが、朝活をする場合は、必ず活動の前に朝食を摂るようにしましょう。頭や身体を使う活動には、エネルギーが必須。何も食べずに活動すると、心身ともに疲れて逆効果になる場合もあります。

ところで、朝活の際、朝食は何を食べればいいのでしょうか。決まってこれというものはありませんが、「炭水化物+脂質+タンパク質」をバランスよく摂ることが大切です。

おにぎりやパンだけではなく、一緒におかずや汁物も一緒に食べると、1日の活動の集中力が高まり、疲れにくくなりますよ。

自分に合った活動を見付けて、朝の時間を有意義に過ごそう!

いかがでしたか?朝活というと一人ですることが多いかと思いきや、意外にたくさんのジャンルの交流会やセミナーが開催されているのには驚きですね。

残業が多くて夜は帰社時間が読めないという人も、朝活なら参加できそうですね。職場と家との往復だった毎日も、朝活が加わることで世界が広がるのではないでしょうか。ぜひぴったりの朝活を見つけて、自分らしさに磨きをかけてくださいね。