• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

常に髪を触る女性はイメージが悪い?髪を触ってしまう心理と直し方

Date:2013.09.11

普段から会話をしながら髪を触ったり毛先を何故かクルクル回していたり。周りを見まわすと意外とこういった髪を触る女性は多いですよね。

髪型を直したいわけでは無く「心の中」が無意識に髪を触るという行動に出てしまっている可能性が高いです。

しかも髪を触る仕草の多い男性からしてみるとあまり良い印象ではありません。

男は髪型よりも「髪を触る仕草」の方が気になっています。

男性でも女性でも、あまりヘアスタイルに気を取られて触れてばかりだと好感度が下がります。

スタイルがある程度キマッていても、髪の艶がキープできていようと髪に触れてばかりで好感度を下げるのとプラスマイナス。結果的にどうか?考えてみましょう。人は自分ほど、ヘアスタイル自体には注目していません。それより、人の仕草に注目します。

ヘアスタイルのポイントはたくさんあって、どれも難しいですね。艶、色、ストレート具合、ゆる巻き具合、ウエーブ具合、それぞれがバランスよく仕上がるのはなかなか難しいです。

髪は肌ほど思い通りにいかないのです。風が吹けばあっという間に台無しになったり、太陽の日差しの元だと赤茶けて見えてしまったり。髪のダメージは肌ほと回復しません。切るしかないようなときもあります。手で触れたところで、外出先では正直言って直りません。

髪に触れてばかりで、好感度を下げるなら、素敵なヘアアクセサリーでとめましょう

朝どうしても、まとまらない時は、バレッタやシュシュ、カチューシャ、で留めるか何かで手を打ちましょう。いつも髪に触れて、ヘアスタイルばかり気にしている人。という印象よりはマシかもしれません。

ビジュアル的な部分より・・・女性は仕草が印象に大きく影響するということを心にとめて気をつけましょう。ヘアスタイルはまずそういった箇所から見直していきましょう。

ストレスや不安から髪に触れてしまう時・・・

気分的な緊張やストレスから、つい髪に触れてしまうクセがある人は、やはりシュシュでまとめるなどして自分でも気をつけましょう。人への好感度を意識するだけでいいんです。なおせますよ。

この記事をシェアする

関連記事