• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

臭いのはもういや!イヤな匂いのつかない部屋干し洗濯の方法

Date:2013.09.24

雨が続いたり、花粉が激しく飛んでいたり、黄砂や化学スモッグなどの影響で洗濯物が屋外に干せない日が続くというようなことがあります。せっかくいいお天気で洗濯物を干してでかけたくても、急にゲリラ豪雨や夕立に襲われてしまうという不安も…。

乾燥機を使えば簡単ですが、電気代のことを考えるとなかなか使い続けることもできず、むしろ部屋干しの方が好きという女性も多いのではないでしょうか?

でも、部屋で干した洗濯物にはなぜかあの『イヤな臭い』がついてしまうことも。そんな部屋干しが臭くならない洗濯の方法を調べてみました。

洗濯物が臭くなる原因というのは2つあります。

①しっかりと洗えてない為に、衣服に残っていた菌が繁殖し臭いが発生する。
②乾かすのに時間をかけると、菌の繁殖を増長させて臭いが激しくなる。

以上の2つのことを解決すれば、洗濯にイヤな臭いをつくことを防ぐことができます。

しっかりと汚れを落とす為には…

①洗濯機の容量をしっかりと守ることです。

少なめに洗濯をすることで、汚れをしっかりと落とすことができます。

②お風呂の残り湯は使わない

部屋干しをする予定のある時は、お風呂の残り湯は使わないようにします。水の節約にはなりますが、お風呂のお湯に残っている雑菌を洗濯物に移すことになってしまいます。

③専用の洗濯洗剤や柔軟剤を使う。

部屋干しで発生しやすい菌を除去する働きがあります。

④すすぐ時に少量の酢をいれます(大さじ2くらい)

酢をいれることで雑菌の繁殖を抑えることができます。酢の臭いは、乾かすことで消えてしまうので気にしなくても大丈夫です。

⑤いつもより脱水時間を長くします。

目安としては1~2分程度です。この後の乾燥時間を短縮する為です。

⑥洗濯槽をこまめに洗浄しましょう。

見えない所に菌が繁殖しています。せっかくキレイに洗濯をしたつもりでも、汚れた洗濯機で洗っていたのでは逆効果です。

⑦洗濯槽を乾かしておきましょう。

洗濯が終わったら、洗濯機のふたを開けておきましょう。洗濯槽の雑菌の繁殖を抑えるために効果的です。

早く乾かすには…

①とにかく、脱水が終わったら一刻も早くほすことです。

湿った洗濯物を風通しの悪い所にまるめておくと、雑菌が繁殖してしまいます。

②洗濯物を広げてほします。

他の洗濯物と接触しないように干します、とにかく風通しを良くすることです。

③カーテンなどに触れないように干します。

とかく、カーテンなどは雑菌の宝庫になっています。窓際に干す場合でも、カーテンやカーテンレールには触れないように干しましょう。

④乾燥機や除湿機、扇風機などを使います。

夏なら、エアコンの除湿や扇風機、冬ならストーブやエアコンをつけることで早く乾燥することができます。洗濯物を干した下に古新聞を丸めておいておくと、湿気を吸ってくれるので効果的です。

でも、もし臭いがついてしまったら…

一度ついてしまった臭いはなぜかその後いくら洗濯をしてもなかなかとれないものです。そんな時は60度くらいのお湯に15分くらいつける事ををお勧めします。雑菌を殺す洗濯洗剤を一緒にいれておくとより効果的です。

そのあと、他の洗濯物と一緒にいつも通りの洗濯をしましょう。期待以上に『あのイヤな臭い』がとれているはずです。

最近では洗濯物を乾かす時にスプレーをするだけで、『イヤな臭い』を一蹴し、その上でふんわりいい香りがするようなものも販売されています。一日着ている服のイヤな臭いにストレスを感じることから早く解放されたいですね。

この記事をシェアする

関連記事