• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

冷え性女性に多い「足がつった!」はけっこうつらい。即効で治す対処法と改善法

Date:2012.10.07

寝る前などに足がつること、ありますよね。ちょっとつったくらいでおさまればいいのですが、なかなかおさまらないと痛みがいどくなり、我慢できないくらい痛くなってしまうもの。

そうなると何をしても痛みがおさまらず、時間が経つのを待つばかり。それはけっこうつらいものです。足がつったらすぐに治る方法はないものでしょうか?

また、足がつるのは何か病気のサインかもしれません。心当たりがある場合はすぐに病院に行って診察を受け、正しい治療をうけて改善しましょう。

足がつった!ときにはこんな対処を

まずは足の力を抜きましょう。これは簡単ではないかもしれませんが、足をリラックスさせることが必要です。次に痛くない角度、というものがあるはずなので、ゆっくり足を動かしながら、その角度を探します。

痛くない角度のままゆっくりゆっくりストレッチをします。これでほとんどの痛みはおさまっていくでしょう。痛みがひいてきたら、足首を回しながらさらに足をリラックスさせます。

このような応急処置をしたら、足を伸ばさずに寝ましょう。足を伸ばしたまま寝るとまた「足がつった!」ということになりかねませんので、ヒザを立てる、タオルなどを丸めてヒザの裏において寝る、などして寝るようにしましょう。

疲れが原因で足はつる

足がつる原因の一つに“疲労”があります。特に筋肉疲労は足をつりやすくします。ヒールをはいて歩きすぎた夜など、足がつりやすくなりませんか?それは足を酷使したために起こります。

また、栄養不足も足がつる原因に。ダイエットで栄養バランスが崩れると、体内のイオンバランスが崩れ、足がつりやすくなるのです。

女性に多い冷え症。これも足がつる原因です。足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態に。それを急に伸ばそうとするとロックがかかって足がつるのです。

足がつらないための予防策

足の筋肉の柔軟性、冷え性の改善のためにもストレッチをすることが大事です。夜寝る前にふくらはぎをマッサージしたり、アキレス腱を伸ばす、もも裏やももの前を伸ばす、足首を回す、といったストレッチを行いましょう。このようなストレッチは毎日行うことで効果がアップしますよ。

水分をたくさん摂る

体内のイオンバランスを整えることも予防策になります。また、水分不足も足がつる原因になりますから、水分をたくさん摂るようにしましょう。ポカリスエットなどの高濃度の電解質を摂ることも必要です。

体を冷やさない

冷え性の人は足先が冷えやすくなります。ストッキングやタイツなど足を温めること、また入浴の際にマッサージをするなどして血行をよくするようにしましょう。

冬の薄着は禁物です。インナーをしっかりと着て、体を冷やさないようにしましょう。また、冷たいものを飲みすぎるのもいけません。できるだけ温かい飲み物を飲む習慣をつけましょうね。

バランスのよい食事をする

ビタミンEやマグネシウムが不足すると足がつりやすいと言われています。食事制限などのダイエットは足がつる原因になるのはそのためです。栄養バランスの取れた食事をするようにしましょう。最低でも1日3食、きちんと食事をするようにしましょう。できるだけ好き嫌いをしない食生活を心がけることが大事です。

疲労はためない

疲労をためないことも対策の一つです。睡眠を十分にとること、入浴を毎日してその日の疲れを取ること、ストレスをためないこと、を心がけて疲れを回復するようにしましょう。

また、激しい運動をした後は必ずストレッチをして筋肉をほぐし、疲れを取ってあげましょう。足などを酷使した後は疲労物質がたまっています。それを解消してあげてくださいね。

病気が原因かもしれない?

足がたびたびつるのは何か病気のサインかもしれません。可能性のあるものとしては、糖尿病、椎間板ヘルニア、尿毒症、動脈硬化、肝臓の疾患、下肢の静脈瘤、甲状腺機能低下症などがあげられます。また、心筋梗塞のサインかもしれないとされています。心配のある人はすぐに病院に行きましょう。

この記事をシェアする

関連記事