• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女子力低下で髭が生える?!男性化する原因と対策とは

Date:2013.06.13

毎朝の髭処理と言えば男性の日課と思われるかもしれませんが、最近は一部の女性の間でも行われていることは御存知でしょうか。女子力アップの努力をしていても女性ホルモンが減少することで体毛が濃くなる、髭が生えるなどの症状が出てしまうと言われています。

男性と同様に毛に悩む女性達にも、シェーバーやカミソリによる髭そりが朝の恒例となっているのです。今回は、女性なのに男性化することで髭が生える原因と対策をご紹介します。朝の化粧と同じく既に髭そりが日課になっている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

女性に髭が生えるのはホルモンが問題

女性の体には女性ホルモンがあり、男性の体には男性ホルモンがあります。これによって女らしさや男らしさが表面化するのですが、女性の場合は男性ホルモンも卵巣で作っているのです。

通常は、女性の体内にある男性ホルモンが姿を見せることはないので、髭が生える、体毛が濃くなる、声が低くなるなど男性化する心配はありません。

女性は、女性ホルモンによって丸みを帯びた体つきや生理、妊娠など女性らしさを維持し続けているのですが、女性ホルモンの分泌不足によって体が男性化することがあるので注意が必要です。

普段なら動きを見せない男性ホルモンは、女性ホルモンが減少すると活動を始めます。基本的には20代から30代までは女性ホルモンが乱れることは無いと言われていますが、女性ホルモンが減少すれば体が男性化してしまうこともあるのです。

男性ホルモンが増える原因はなぁに?

女性の卵巣でも作られている男性ホルモンが機能することはほとんどありませんが、ストレスによっては女性ホルモンでの抑制が出来なくなると言われています。

仕事や家庭のストレスやダイエットによる著しい体重減少、更年期などによって男性ホルモンが動き出すと、髭が生える、髪の量が減るなどの症状が出ますので、普段からストレスを溜めこまない様に配慮しましょう。

女性ホルモンを増やして髭とサヨナラしよう

男性ホルモンが優位になり、髭が生える場合は生理不順や不正出血など卵巣系にも影響していることが考えられるので放置することはお勧め出来ません。女性ホルモンを増やす為には、女性ホルモンと同様の働きをするイソフラボンやビタミンEを摂取しましょう。

イソフラボンは豆乳や豆腐、納豆などに含まれており、ビタミンEはアーモンドやかぼちゃなどに含まれています。髭処理を日課としファンデーションやコンシーラーで隠す生活は、手間だけではなく精神的な負担にもなることでしょう。

髭を隠し続けることがストレスになれば、薄くなるどころかますます濃くなってしまうかもしれません。ストレスを溜めないことと女性ホルモンを増やす食生活をして、髭の無いすべすべ肌を取り戻しましょう。

間違った髭処理は更に濃くするだけです

食生活や生活習慣を見直してもすぐに髭が無くなるわけではありません。それまでは周りに気づかれない様に自己処理を続ける必要がありますが、間違った処理によっては髭が更に濃くなることも考えられます。

お勧めの処理は、電動のフェイスシェーバーを使うことです。1000円程度で購入出来ますので、うぶ毛処理用のシェーバーを使って出ている部分の毛のみカットしましょう。

抜くタイプのシェーバーや毛抜きなどは、処理後の見た目や触り心地も良いのですが毛穴や皮膚に傷をつけやすいですし、刺激を与えることで毛が濃くなる可能性もありますのであまりお勧め出来ません。

「でも電気シェーバーだけだと目立つからついつい抜いてしまう」と言う方は、美容外科での脱毛をお勧めします。黒い毛にだけ反応する光脱毛なら定期的に照射することで髭を薄くする効果が期待出来ます。

最近では家庭用の光脱毛器も販売されているので、手軽に行いたい場合はそれらを使うこともお勧めの髭処理方法です。処理後は、肌が敏感な状態になっているので保湿を十分に行って美肌対策もお忘れなく。

この記事をシェアする

関連記事