• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性なら避けては通れない・嫌味皮肉への華麗なる返し方講座

Date:2014.08.30

2

女性同士避けては通れない嫌味や皮肉ってありますよね。その後の人間関係もあるからそのまま言葉を返すと喧嘩にもなりかねない…。

そんな女性同士の嫌味や皮肉を華麗に返せたらどんなにいいか。

ここではうまくかわしてその後モヤモヤする事がない言葉や態度を伝授いたします。

人は人、他人は他人であると思っておきましょう

女性は人と自分を比較する傾向にありますからどうしても相手との差を感じて嫉妬する事が多くなります。

そうすると嫌味を言いたくなって、相手に何か一言言ってやろうといった気持ちが芽生える事となります。

ですが、人は人、他人は他人です。誰がどれだけ優れていようが、誰がどれだけいい思いをしていようが、他人のする事にいちいち目くじらを立てていてはこの先、生きていくのが苦しくなってしまう事もあるでしょう。

今、貴女に嫌味や皮肉を言ってくる女性というのはまさにその悩みの真っただ中にいます。

そんな人たちのマイナスオーラをもらってしまわないよう、貴女だけは嫌味を華麗に返す方法をゲットしてほしいと思います。

むきになって言い返してしまったらその人と同じになってしまいますから…。

嫌味を言われたら、言われた言葉をそのまま繰り返しましょう

もし貴女にお子さんがいるとして、「いいわね、子供の面倒を見てくれる実家も近くて両親も協力的で。私なんか仕事抱えながら全部自分で子供の面倒も見なくちゃいけないから…」というような趣旨の嫌味を言われたら貴女はどう返しますか?

たしかに子供を抱えたまま仕事を続け、協力してくれる実家が近くないという事でその人は多大なストレスを抱えているのかもしれません。

ですがそれはその人が自分の意志で決めた事。その人が大変な苦労をされているのはわかりますが、それに巻き込まれる必要はありません。

嫌味を言われたら、そのまま言葉を繰り返して言いましょう。「そうなんですよ、子供の面倒を見てくれる実家も近くにあって両親もわりと協力的なのでとても楽ですよ」と。

相手は自分の言った言葉がそのまま返ってくるので何も言い返せなくなります。

これは、子育てをしている女性だけでなく様々な場面で使えるテクニックです。

女性であればいろんな場面で思わぬ嫌味や皮肉に遭遇する事があります。

「今週シフト入れてないのね。今週が一番忙しいのにねぇ」、こんなふうに言われたとしても、そのまま返します。「ええ、今週あんまりシフト入れていないのです。今週が一番忙しいのですけどねぇ」と。

貴女が今週休まなくてはいけない事は変わらないのですから、遠慮する事はありません。

皮肉を言われたら、相手を褒める

さて、皮肉を言ってくる人というのは、現実の生活に満足しておらず、気が立っており、誰彼構わず負の感情をぶつけたいという気持ちにさいなまされている事があります。それを嫌味や皮肉として相手にぶつけてしまう。八つ当たりですね。

これを回避する一番いい方法は、相手の事を褒めるというシンプルなテクニックです。

たとえば「いいわね、何も悩みなんか無いような顔して。毎日楽しくて仕方ないんじゃない?」と言われたら、「○○さんはいつもお仕事で活躍されているからきっと休む暇すらないのでしょうね。皆さんが○○さんの事ばっかり頼るから。でも少しは休んでくれないと、他の人達が活躍できるチャンスが減っちゃいますよ」と返しましょう。

慇懃無礼と言う言葉がありますが、このくらい大げさに褒めるのがちょうどいいのです。相手は日常に満足していない場合がほとんどですから、褒められたがっています。

できる限りの言葉を駆使して褒めてみて下さい。それがひいてはその後の人間関係をスムーズにこなすためのポイントだったりします。

意外と効果的な、お菓子

これは上級テクニック。嫌味や皮肉を言われた時に、話題をすぐに切り替える技です。

「終業時間になった途端にすぐに帰るなんて。こっちなんて仕事が山積みで残業続きよ」と言われたとします。こういう時にはさきほどの「言われた言葉をそのまま繰り返すテクニック」を使ったあとに話題をすぐ切り替える事をお勧めします。

「そうなんですよ、終業時間になったら残業しないですぐに帰るのです。あ、それよりこのお菓子おいしいですよ」と言ってお菓子を手渡す。相手は必ずあっけにとられます。

相手は、貴女の気まずそうな表情や、「すみません…」と力なく謝る姿を期待しているわけですから、これには面を食らいます。と同時に、「この子に嫌味を言っても意味ないな」と判断するようになります。

つまり何が大切かと言うと、「なぜ相手が嫌味を言ってくるのか」を理解し、言われた際には「そのまま受け入れ」、ただ貴女自身のストレスにならないように「そのまま跳ね返し、さらにその上手をいく」という事が大切になってくるのです。

一度やってみましょう。びっくりするくらい気持ちが楽になりますよ。

この記事をシェアする

関連記事