• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

貧血は鉄剤を飲み続けても治らない?毎日の食事で改善する貧血に効く○○療法!

Date:2012.05.13

過剰なダイエットや、食事のバランスが悪く、貧血で悩んでいる女性が多い。貧血で病院に行き採決をすると、鉄分の数値が低いことがデータでわかる。そこで医者は、「貧血は鉄分不足が原因」というマニュアル通りの対応をします。

医者に鉄剤を処方され、言われるがままに飲み続けて、何度も採血を繰り返しても、貧血の症状は改善しません。

鉄剤は胃に負担がかかるため、胃薬も一緒に処方されますが、貧血な女性は食事制限などで胃が弱くなっている人が多いため、薬を飲み続けることで食欲が落ち、更にふらつきやめまいが酷くなることもあります。十数年通い続け、鉄剤を飲んでも、貧血は一向に改善されません。

どうすれば改善されるのか?

赤血球のなかにある、ヘモグロビン(血色素)の量が、不足している状態のことを貧血と言います。ヘモグロビンの役割は、酸素を運ぶことなので、ヘモグロビンが不足すると酸欠状態を引き起こし、顔色が悪くなり、立ちくらみやめまいを起こすのです。

貧血は、ヘモグロビンを増やさなくては、改善されないのです。タンパク質とヘム鉄という鉄分が欠かせません。鉄分だけを与えても、ヘモグロビンは増えません。

ヘモグロビンを必要な栄養素

貧血でヘモグロビンに必要な栄養素は、ビタミンB6(ビリドキシン)、ビタミンB12(コバラミン)、ビタミンC(アスコルビン酸)、葉酸、銅、ニコチン酸です。医者が貧血で処方してくれる鉄剤には、タンパク質、ビタミン類、銅が入っていません。

人間は1日に、1000分の1のタンパク質が必要とされています。食事でそれだけの量のタンパク質を、摂取することは難しい。ダイエットで食事制限をしてしまうと、ますます必要なタンパク質を摂取することができなくなってしまいます。

必要な栄養素の供給源

ビタミンC(アスコルビン酸)の供給源

  • イチゴ
  • レモン
  • 緑茶
  • イモ
  • ピーマン
  • パセリ
  • ブロッコリー

ビタミンB6(ビリドキシン)の供給源

  • クルミ
  • イワシ
  • 大豆
  • バナナ
  • 豚肉
  • ジャガイモ

ビタミンB12(コバラミン)の供給源は、

  • 魚卵
  • ニシン
  • イワシ
  • サバ
  • カキ(貝)
  • 豚肉

葉酸の供給源

  • ホウレンソウなどの葉野菜
  • アスパラガス
  • 大根
  • ブロッコリー
  • トウモロコシ
  • 芽キャベツ
  • チンゲンサイ
  • レタス
  • 豆(エンドウ豆)
  • 要塞穀物製品(パスタ、シリアル、パン)
  • ひまわりの種
  • オレンジジュース
  • トマトジュース
  • 野菜ジュース
  • グレープフルーツジュース
  • マスクメロン
  • バナナ
  • ラズベリー
  • イチゴ

銅の供給源

  • きな粉
  • ココア
  • 甘栗
  • カシューナッツ
  • ごま
  • しそ
  • 焼きのり
  • うなぎ
  • さくらえび
  • いか
  • 塩から
  • しゃこ
  • レバー
  • フォアグラ
  • いいだこ

ニコチン酸の供給源

  • 牛肉
  • マグロ
  • サーモン
  • ミルク
  • 落花生
  • アボカド
  • トマト
  • ブロッコリー
  • ニンジン
  • サツマイモ
  • アスパラガス
  • キノコ類全般
  • ビール酵母

鉄剤を飲み続けても貧血が改善されない人は、必要な栄養素を知り、食事療法で改善することが一番です。

何年たっても改善されなかった貧血が、3カ月位で良くなります。薬に頼らずに良質な食事で健康体になりましょう。

この記事をシェアする

関連記事