• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

貧血はレバーだけでは治らない!知っておきたい鉄分の摂り方!

Date:2012.10.18

それ、貧血?低血圧?

「めまいがする…」「立ちくらみがする…」貧血の人も、低血圧の人も、こういった同じような症状を起こします。自分が、貧血なのか低血圧なのか、あるいは、貧血であり低血圧であるのかは、病院で検査を受けるとすぐにわかります。

そもそも、貧血であった場合は、胃潰瘍や、ガン、子宮筋腫といった、重大な病気であることもあります。

「友だちも貧血だし、私も貧血かもね!鉄、食べよう」こんなお気軽な発想では済まされないくらい、重大な病気が貧血に隠れていることが多々あります。気になる人は、まず、病院に行きましょう。

レバーだけでは貧血は治りません

ここでは、病院に行くまでもないと思うから、自分の力で貧血や低血圧をどうにかしたいと思っている人に向けてお話をします。自己責任で読んでくださいね!

子宮筋腫など、早期発見をしないと、妊娠がしづらくなるので、病院に行く人は、この文章を読む前に、病院に行きましょうね。

さて、貧血は、みなさんよくご存知のとおり、鉄分の不足が原因でおこります。それ以外の症例もいくつかありますが、結構マニアックでむずかしい話になるので、ここではしません。

貧血は、鉄分不足!だからレバーを食べましょう。この言い方はよく聞くと思います。正解です。しかし、カラダとは、「レバーを食べました。ハイ!鉄分OK!」という単純なものではありません。

そんな理屈がまかり通れば、女性は全員、美肌で便秘持ちではなくなります。だって、ビタミンCと食物繊維をとれば、美肌になってお通じが良くなるでしょう?でも、そんなことはないでしょう!?

鉄分を多く含む代表的な食品として、レバーを食べることは、非常に貧血に有効ですが、もう少し、カラダには細かな配慮をしましょう。

思春期から妊娠までは、こう対処する!

貧血も低血圧も、食事のバランスの見直しが、一番求められます。低血圧の人は、朝、起きるのが非常にシンドイと思いますが、バナナとお水だけでもいいので、食べてから出掛けることです。

低血圧に加えて、思春期をすぎると、毎月、生理がやってきます。生理の時は、よく知っているように、鉄分がどんどん出ていきます。毎日、朝ご飯は食べましょう。

特に、ダイエットをしていて、お肉を食べないとか、魚を食べないとなると、体内の血液は、いい状態をキープしてくれません。鉄分とは、ミネラルの一種です。ミネラルが不足すると、貧血や低血圧だけでは済まないのです。

肌荒れとか、抜け毛とかがはじまります。それくらいならまだ良い方で、多くの病気は、ミネラルの不足が原因です。

おばあちゃんになって骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になるのも、ミネラルの不足だと言われているくらいです。若々しくて、かわいらしいおばあちゃんになろうと思えば、バランスのいい食事をしましょう。

カフェインにご注意

鉄分は、カフェインによって、体内に吸収されにくくなります。食後のコーヒーとか、鉄分のサプリメントを飲んだ後、紅茶を飲むのは、避けましょう。お互いのいい作用を打ち消す「食い合わせ」の悪いことです。緑茶にもカフェインが含まれます。

こう考えると、貧血の人は、飲むものがないように思えます。せいぜい水くらい?ダイジョウブ。麦茶はカフェインを多く含まないので、麦茶を飲みましょう。

夏になるとよくテレビコマーシャルをやっている「あのメーカーの」麦茶は、ミネラルが多く含まれています。麦茶を味方につけて、血液の代謝をあげましょう。

なお、鉄分を含むサプリメントを飲み過ぎると、過剰にとった鉄分は、尿として体外に排出されます。それは、肝臓が処理をしています。

健康なうちは、どうにか肝臓が処理をしてくれますが、肝臓が疲れてくると、肝臓が鉄分を処理しきれなくなって、糖尿病などの病気になることもあります。なんでもほどほどに…です。

鉄分のサプリメントを飲むより、食事で鉄分をとりましょう。しじみとか、お肉とか、ブルーベリーなど、ありふれた食材に鉄分は多く含まれています。

この記事をシェアする

関連記事

コメント