• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一重まぶたの救世主アイテム!私が選んだアイプチTOP3

Date:2012.11.13

shutterstock_325016009
どうしてぱっちり二重で生まれてこなかったのか…幼い頃は、心底両親を憎んだものです。しかし、そんなことを嘆いていても、仕方がありません!親から授かった大事な体、傷つけるようなことは絶対したくない。でもやっぱりぱっちり二重はゲットしたい!

そんな方たちの救世主アイテム、アイプチ。アイプチ暦の長い筆者が選ぶ、上位TOP3のアイプチをご紹介します。是非、お試しあれ。

第3位 オペラアイプチシリーズ

アイプチ (eye putti) という言葉、普段何気なく使用していますが、実は商品名なんです。「イミュ」のグループ会社であるエルソルプロダクツが商標権(第4379167号)を持っているそうです。

元祖から攻めなければ!ということで、元祖アイプチ 「イミュ」の代表作「オペラアイプチ」が堂々のランクイン。オペラアイプチシリーズは何種類かありますが、オススメの2アイテムを紹介します。

<オペラ アイプチP>
一番良く見かけるタイプです。何がウリかというと、とにかく安い!また、嫌な匂いのない低刺激性です。初心者の方は、こちらから始めてみても良いかもしれません。プッシャーがボトルにセットできるタイプになっているので、ポーチの中でもプッシャーがなくならず便利です。

落ちは良いですが、少々水や汗に弱いかな、といった印象。筆者は、予備として持ち歩いています。(ちょっとした修正など)もともと二重の方が、目が腫れたりした時などに簡単な修正に使ったり、つけまつげの「のり用」として愛用している方が多いようです。

<オペラ アイプチS>
オペラアイプチPよりオススメなのが、こちらの「オペラ アイプチS」。Pよりは汗や水に強く定着力があります。こちらも低刺激性で目元には優しいですが、他のものに比べると接着力に不安が残ります。一重の状態にもよりますが、腫れぼったい方や厚みのある一重の方にはあまり定着しないようです。

筆者は意外と使いやすい印象で、一時期はリピートしていました。これはアイプチ全般に言えることですが、使用していくにつれ、キャップの内側に液が固まり、非常に使いづらくなるのが難点です。(オペラアイプチSはこれが顕著)

 ただ、クレンジングで落ちやすいことや、値段が安いこと、また、使い慣れてくると比較的良い状態の二重を維持できるので、一度試してみるのもよいでしょう。

第2位 オートマティックビューティ ダブルアイリキッド

発売から口コミ等で絶大な人気を誇っている、期待の新星。“その目元 常習犯”というフレーズに、これまた惹かれます。「ABメジカルファイバー」という、いわゆるアイテープの方が商品としてはメジャーかもしれませんね。

「ABダブルアイリキッド」は、とにかく水や汗に強いです。強いがゆえに使い方が下手だと、突っ張った感じになってしまいます。仕上がりは結構自然な方ですし、取れてしまう心配があまりないので、1日中安心していられます。アイプチ使用者には、この「安心感」が一番重要だったりします。

液が半透明なので、つけた箇所が分かりづらいのと、比較的とろみがある液体なので、まぶたの上をすべりにくい印象があります。ハケは細身で使いやすいです。

また、値段もお手頃なのでオススメです。容量が少し少ない気がするのと、プッシャーが他のものに比べて貧相なのが、残念な点。まぁ、接着力と値段を考えれば、許容できる範囲ではあります。

第1位 コージー アクティブアイトーク

筆者のヘビーローテーションがこれ、コージーの「アクティブアイトーク」。上記以外の色々なアイプチにも度々浮気をしてきましたが、やはり戻ってくるのが、この「アクティブアイトーク」。

液体は白みがかった半透明なので、つけた箇所も分かりやすく、液体もさらっとしていて伸びが良いので、とても塗りやすいです。また、どのアイプチにもありがちな、キャップ周辺で固まる現象があまりみられません。ただ、しっかり蓋を閉めないと液体が漏れますので要注意。

アクティブアイトークの液体ほど、こぼれたり漏れたりして大変なアイプチはないと思います。洋服にこぼれたら、洗濯ではなかなかとれません。それだけ、接着力はあるということなのでしょう。取り扱いさえ注意すれば、かなり有能なアイテムです。

水や汗にも強く、何より、無駄のないコンパクトさ(ハケの長さや、もち手の長さがベスト)が、使用時の失敗を少なくしてくれます。値段は¥1000を越えるので、今までのものに比べると少し高めです。

コージーアイトークにもいろいろ種類がありますが、比較的どれもオススメです。ウォータープルーフに特化した「アイトークウォータープルーフ」もありますが、こちらはさらに値段が高く、あまり必要性を感じない専用のリムーバーももれなく付いてきます。

こちらを購入するのであれば、断然、「アクティブアイトーク」のほうがオススメです。使用感覚はあまり変わらないので。使用者によっては接着力がイマイチ、という方もいらっしゃるかもしれません。筆者としては、粘着は強すぎず、でも弱すぎず、安定感がある、といった印象なので、かなりオススメです。

一重の状態やお肌の状態によって使用者の感覚は様々です。使用者によっては肌が荒れてしまうものもありますので、上記を参考に、自分にあったアイプチを使用してくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント