• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一人暮らしの女性必見!今日からタダで実践できる防犯対策講座

Date:2013.08.14

あなたは一人暮らしですか?一人暮らしだとしたら、防犯のために何か対策をとっていますか?

最近は本当に物騒な事件も多く、ニュースを見るたびに若い女性が狙われた事件を報道していたりします。本当に怖い世の中になったものです。まさに自分の身は自分で守らなくちゃいけない時代です。

特に一人暮らしの女性は守ってくれる家族や何かあったときに連絡を取れる相手が近くにいませんから、危険度は増します。日常に潜んでいる危険から自分の身を守るにはどうしたらいいのでしょうか。

警備会社に頼んで、監視カメラをつけてもらったり、防犯ブザーを買ってみたり…というのは対策としては確実かもしれませんが、お金がどうしてもかかります。自分専属のボディガードなんてさらに大変ですし、現実味がありません。

ここでは、一人暮らしの女性を対象とした防犯対策をご紹介したいと思います。お金は一切かかりません。しかも今日から早速実践できる具体的な案ばかりです。どれかひとつでも参考になるものがあれば、ぜひ実践してみてくださいね!

男性物の洗濯物をベランダに干しておく

あなたがもし一人暮らしでしたら、お父様か親しい男性に、Tシャツや下着、または靴下などを借りてください。そしてそれを、ベランダに干します。これだけでかなりの防犯対策になるのです。

外から見て、「あ、この部屋には男性が住んでいるんだな」と思わせることができれば、外からの危険も防ぐことができます。ご自分の下着や洋服を干すときも、一緒に男物の服などを干すように心がけてください。

そうすることで「男性と同棲している」というアピールになります。男性が部屋にいるかもしれない、これは侵入者からすればかなりの抑止力になるのです。

しかし、毎日同じ物を干していると、男性がいないことがばれてしまうかもしれませんので、できれば日替わりで2~3種類の物を洗濯物として干すのがいいかもしれません。お父様もかわいい娘さんのためなら、きっと喜んで着なくなった服などを貸してくれるはずですよ。

でも、お父様から借りる際は、彼氏さんに事前に説明しておかないと、「この干してある服は誰のだよ!」と言われてしまう可能性もあるので要注意です。しっかりと事前説明しておきましょう。
 

帰ったときには、誰もいなくても玄関の中に向かって「ただいま」と言う

これは一見、へんな方法に思えるかもしれませんが、とっても効果的な方法です。夜、自室に戻った際に、玄関を開け、無言で部屋の中に入っていませんか?これは実は「この部屋には女性が一人で住んでいます」と思われてしまう大変危険な行為です。

ウソでもいいので、部屋の中に入るときに大きな声で「ただいま」と声をかけましょう。そうすることで、「この部屋には一人ではない」ということをアピールすることになります。

同棲相手がいるということを「ただいま」の一言で表現するのです。また、朝出かけるときにも「行ってきます」と声を出しましょう。

ただ、これを実践すると大家さんから「うちは一人暮らし専用のアパートだけど、誰かを一緒に住まわせているの?」と疑われてしまう可能性があります。そう聞かれたら、きちんと防犯対策であることをお伝えしましょう。

女性を狙った事件が多発している昨今、こう説明すれば必ず理解してくださるはずですよ。

玄関に男性の靴を置いておく

玄関に男物の靴を置いておくというのも防犯面では大変効果的です。そうすることにより玄関からの侵入者を防ぐことが可能です。これは先程の男物の洗濯物を干すという方法と同じ発想です。

また、女性であれば一度は警戒したことがあるであろう、料金徴収などで訪ねてくる男性スタッフや、セールスマンなどに対しても、この玄関の男物の靴があれば一安心です。

またセールスマンの言うことに対して「同棲相手と相談してから決めます」などという具合に男性の存在を匂わせることも大切です。最初は少し抵抗があるかもしれませんが、一度実践すると次から自然に使えるようになりますよ。

よっぽどのことがない限り、住所は実家の住所を書く

一人暮らしで最も緊張する瞬間は、宅配便が届くときです。最近では宅配便業者を装い、部屋に進入するという事件も多発しています。

よっぽど急ぎで必要でない限り、買った物などは実家に届けてもらうようにした方がいいでしょう。実家に取りに行く手間がかかってしまいますが、安心には代えられません。

何かの登録書類や、ポイントカードを作る際にも住所を書いてくださいと言われることがありますが、こちらも流出する恐れがありますので、できれば実家のご住所を書いたほうが何かと安心安全かもしれません。

万が一のことを想定して、自分の身は自分で守る

「同棲している相手なんかいないのに、男物の洗濯物を干すなんて…」「なんだか見栄を張っているみたいで抵抗があるなぁ…」「女友達に見られたらどう思われるかな…」。そう思われる方も、きっといると思います。たしかにその気持ちはわかります。

しかし、自分の身を守れるのは自分だけです。決して他人は守ってくれません。何かがあってからでは遅いのです。

ちょっと抵抗があるかもしれませんが、万が一のことを想定して一つだけでも実践してみませんか?「やらないより、やったほうが絶対いい」これが防犯対策です。

また、上記した対策の良いところは、すべてタダでできる点です。今日からでもすぐに実践できそうな方法ばかりです。最近は本当に物騒な事件も多いですし、警戒に警戒を重ねても決して損はないはずです。

防犯対策は「警戒しすぎかなぁ…」と思うくらいでちょうどいいのかもしれませんね。ぜひ安心で安全な一人暮らしを送ってくださいね♪

この記事をシェアする

関連記事