• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ビギナー必見!女性の一人ランチに隠れたメリットとお店探しのコツ

Date:2016.10.14

shutterstock_318311855カフェや映画館、レストラン……。ふと周りを見渡すと、おひとりさまで楽しんでいる女性、けっこう増えたと思いませんか?

そう、「女が一人で行動するのは寂しい」なんて、もはやナンセンス!と言える時代がやってきました。

その顕著な例が、旅行サイトや雑誌に見られる「女の一人旅」特集の数々。ホテルや旅館でも「女性おひとりさま用プラン」を設けるところも多く、おひとりさま女性歓迎ムードを感じます。

今や女性のおひとりさまは、世の流れに影響を与えるほど増えているのです。

この記事を読んでくださっているあなたも、「一人で行動するのが好き」または「一人で行動できる人に憧れる」と感じているのではないでしょうか?

でも、いきなり一人旅はハードルが高い!……というのも正直なところかも。

そんなあなたにオススメしたいのが、「一人ランチ」です。

一人ごはんの中でも、特にチャレンジしやすい「ランチ」。短いながらも一人の時間で得られるものは盛りだくさん!

今回は、おひとりさま初心者にも始めやすい「一人ランチ」のメリットと、ひとりでも居心地のよいお店選びのポイントをまとめました。


「おひとりさま」スタートには、今が絶好のチャンス

誰かと一緒も好きだけど、たまには一人で過ごしてみたい。なのに「おひとりさま行動」をためらうとしたら、理由はいったい何でしょう?

おそらく、

  • 「寂しい人」と思われるのがイヤ
  • お店の人に変な目で見られたらどうしよう
  • 一人で居てもつまらないのでは?

など、漠然とした不安のためではないでしょうか。

寂しい?むしろカッコイイ!「ぼっち」を楽しむ有名人たち

不安になるのも無理はありません。確かに、一人で行動する人を根拠もなくからかうような人、世の中にはいますもんね。

でも、あなた自身に「一人でやってみたいこと」があるなら、他人を気にして我慢するのはもったいないと思いませんか?

それに冒頭でも書いたとおり、時代はもう「ぼっち」の味方です。美人女優やデキるイメージの女性芸能人たちも、「ぼっち」の時間を楽しんでいます。例えば、以下のような実在の方々。

元・朝ドラヒロインの女優・Yさん
ひとり焼肉、ひとり焼き鳥、ひとりラーメンを全く臆せず楽しむとのこと。
バラエティでも大人気のお嬢様系アナウンサー・Nさん
テレビ番組にて「一人で牛丼屋に行きます」と明るく語っていらっしゃいました。
働く女性に人気のファッションモデル・Yさん
ひとりカラオケ、ひとり焼肉の経験があるとのこと。
朝の情報番組で総合司会を務める女優・Kさん
ひとりカラオケ、ひとりメシのみならず、ディズニーランドやボウリングでもひとりの時間を楽しむそうです。
「世界で最も美しい顔100人」の中に選ばれた女優・Kさん
ひとりラーメン、ひとり牛丼、ひとりカラオケを楽しむとのこと。
これはほんの一例でしかなく、現代では著名人でも人目を気にすることなく「ひとり時間」を楽しんでいることがよく分かります。

お店にとってはひとり女性も「お客様」

お店の人に変な目で見られたらイヤだな〜という不安もあるでしょうか。でも、飲食店の店員さんの気持ちになってみてください。

店側が気にするのは客が「ぼっち」であるかどうかより、

  • スペース
  • 時間
  • 料理

などに対して相応の料金を払ってくれるかどうか、なのではないでしょうか?

ひとりだろうがグループだろうが、きちんとお金を払う人は店側にとっては「お客様」。平日ランチの忙しい時間帯など、食べ終わった後もおしゃべりで長々と席を埋めている団体客に比べ、さっと食事を済ませてパッと席を立ってくれるおひとりさまは、喜ばれるケースも多いと思いませんか?

また筆者の経験からいくと、女性ひとり客をどう思いますか?という質問を実際店員さんにぶつけてみると、意外と「そんなところまで気にしていない」「問題は何も思いつかない」と返ってくる場合がほとんどです。

おひとりさまに、特別な勇気は必要ないんですね。

「つまらない」は思い込みかも!一人のときにしか出来ないコト

また、普段誰かと一緒にいる習慣のある人は「一人でいてもすることがないのでは……」と考えるかもしません。が、案外そうでもないんです。

ひとりの時間にできること、もっと言えば一人のときにしか出来ないことはたくさんありますし、どれも自分を豊かにしてくれることばかりです。たとえば、

  • 読書
  • 手帳をひらいてスケジュールの確認
  • 将来の夢を模索
  • やってみたいことの計画を立てる
  • 今週の「よかったこと」振り返り
  • 好きな妄想を膨らます
  • ちょこっと昼寝
  • ネットで情報収集

など。他にも自分が「ゆっくりと考えたいこと」があれば、ひとり時間を活用してみましょう。

これらは日々の業務に忙殺され、後回しになってしまいがち。また、人と一緒にいるときはなかなかじっくり取り組めません。

でも、これらほんのちょっとの頭の運動が、積み重なると日常に大きな変化をもたらします。

おひとりさまビギナーに「ランチ」がオススメなワケ

ビギナーでも「おひとりさま」しやすいのは、夕食ではなくランチでしょう。それは、

  • ランチタイムは皆忙しく、人目が気にならない
  • 平日ランチなら女性一人客も多く、店に入りやすい
  • ランチメニューはお得なセットも多く、選ぶ楽しみが広がる
  • 昼休みの時間は限られているので、ビギナーでも時間を持て余しにくい

などの理由によるもの。

さらに大切なポイントとして、

  • 昼間は夜よりポジティブな考えが浮かびやすい

ということもあります。

夜は疲れていますし、暗いときや寒いときに考え事をすると、思考が自然とネガティブな方へ寄ってしまいがち。

ちょっとした勉強や読書、夢を膨らませる考え事には、脳がポジティブな明るい時間帯の「一人ランチ」がうってつけのタイミングなのです。

自由と自信…一人ランチがあなたにもたらすメリットは

ひとりの時間のメリットは、本当に盛りだくさんです。中でも「一人ランチ」があらゆる女性にもたらすものを、いくつかご紹介しましょう。

メリット1:誰にも合わせなくていい!

職場のひと同士での会食は、楽しいながらも気をつかうもの。大人の女性ならなおさら、

  • 選ぶメニュー
  • 会話内容
  • 食事のペース

など、さまざまなことに気を配りながら食事しなければなりません。

でも一人ランチならそんな心配は要りません。店も、座る席の場所も、食事も、食べるペースだって、全て自分の思いどおりに選べるのです。

のびのびと自由に休憩できると、午後のモチベーションも格段に上がりますよ!

メリット2:読書や勉強に没頭!なりたい自分に近づける

「いつか読もう」と買ったまま積んである大好きな本。「時間ができたらやろう」と考えている勉強。

せっかくなら、一人ランチの時間にチャレンジしてみるのはどうでしょう?

やりたいことはたくさんあって、でも時間は非常に限られています。夜、帰宅してからでは元気がなくて「なかなか手が出ない」というそれらのことも、「ランチタイムにちょっとだけやろう!」という気持ちならば始めやすいのではないでしょうか。

仕事のスキルアップを目指すもよし、趣味の世界を深めるもよし。憧れの海外旅行のために語学を勉強する!なんていうのも、楽しい一人ランチの糧になりそうですね。

メリット3:揺るがない自信が持てる

一人で行く人は今すぐにでも出発できるが、他人と一緒に旅する人は他人が準備するまで待たなければならない。

上はアメリカの思想家ソローの言葉です。一人での決断・行動がいかに身軽であるかを明快に示しています。

そして、

孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。

こちらは有名な哲学者ニーチェの言葉。孤独を味わうと人格が磨かれる。……偉人の考えは深くて難しいですが、この記事を読んでいるあなたならなんとなく「ああ、わかる」とイメージできるのではないでしょうか。

一人でも凛としていられる女性は、見ていて清々しいものです。彼女たちには「ぼっち」の卑屈さ、他人の目を気にしてビクビクする様子などちっとも見られません。

それは、一人でいることで彼女たちの中に

  • 人に寄りかからず、自分で立つ
  • 他人に流されず、自分で考える

という精神が磨かれた証かもしれませんね。

「はぁ、憧れるなぁ……」なんて、ひとごとで終わらせる必要はありませんよ!一人の時間を大切にして自分を磨いていくうちに、あなたにもきっと凛とした自信がそなわってくるはず。

一人の時間で培った自信は、自分だけの力で獲得したもの。それは、他人には決して壊すことのできない「揺るがない自信」になるでしょう!

メリット4:好きなだけ「ぼんやり」できる

ぼんやりする、というのも、人といるときは出来ないことです。

スキルアップや考え事、いろいろやるのもいいですが、たまには「なーんにもしないで、ぼんやり」してみるのをオススメします!

「退屈じゃないの?」と考える方もいるかもしれませんが、これがけっこう気持ちよくてクセになります。

たとえば……マッサージを受けているときの、何も考えず身を任せる感じや、お風呂の中でぼーっとお湯を見つめる時間を思い出してみてください。

なんにもしていないけれど、「退屈」とは別の気持ちいい心地、経験がありませんか?

一人ランチでは、この「ぼんやり」だって自由にできます。仕事が忙しくて泣きそうなとき、悩み事で頭がぐちゃぐちゃになってしまったときなどは、ランチタイムに5分だけでもひたすら「ぼんやり」してみましょう。

メリット5:味わって食べればダイエットの味方にも

一人ランチの良いところは、精神面だけではありません。好きなものをゆっくり味わって食べることで、消化が良くなり、身体じゅうに効率よく、必要なエネルギーが回ります。

「美味しいなあ」と感じながらよく噛んで食べると満腹中枢も刺激されやすく、どか食いや早食いなどを防いでダイエットにも効果的。

私たちは意外と普段「味わって食べる」ということをしていないように思います。一人ランチでゆっくり味覚を研ぎすましてみましょう!セットのサラダも格別美味しく感じられるかも?

気兼ねなく一人ランチできる!居心地のよいお店探しのポイント

ビジネスパーソンのランチを想定した飲食店はたくさんあります。その中でも、「女性のおひとりさま」にとって入りやすいお店とそうでないお店があるのは確か。

女性が一人でも気兼ねなく入れて、居心地よく食事ができるお店。そんなお店を見分けるには、いくつかのポイントがあります。

職場やおうちの周りをチェックして、入りやすいお店を見つけてみましょう!

ポイント1:外から中の雰囲気が分かる

まず、店の外からでも店内の様子がある程度わかるお店がよいでしょう。

  • 窓からオシャレな内装がうかがえる
  • 入口がガラス張りでどれくらい混んでいるか見える

など、中の様子が分かれば安心感が持てます。

せっかく自由な一人時間を過ごすのですから、内装や雰囲気が魅力的な、心惹かれるお店を選びましょう。

ただし注意したいのは、あまりに中が見えすぎて客の顔まで外から丸見えなお店。ドキドキしているおひとりさまビギナーには、こういった店構えはあまり向いていません。避けた方が無難です。

客の足下だけが見えるなど、配慮の行き届いたお店ならばベストですね。

ポイント2:女性客が多く、3人以上のグループ客が少ない

ランチタイムに女性客がほどほど居るお店なら、味やボリュームに対する不安も拭えます。一人客、ないし2人連れの客が多いお店であれば、言うことなし!

3人以上のグループがたくさんいるお店では(もちろんグループの全てがということではありませんが)大きな声での会話が聞こえる可能性も想定しておきましょう。

騒がしい方が落ち着くならばそれもよし。静かに食事をしたいなら、少し離れた席を選ぶなど工夫してみてください。

ポイント3:店内のBGMが心地よい

BGMは意外と大切なポイント。場に流れている音楽が苦手なジャンルだと、なんだかソワソワして落ち着かない気分になります。

BGMが心地よいと感じるお店は、あなたと相性が良いと言えます。クラシックでゆったり過ごすもよし、ロックのリズムに身を任せるもよし。

音楽の力はとっても大きいです!貴重なランチタイム、好きな曲がかかるお店を選んでみるのもオシャレですね。

ポイント4:チェーン店は意外と狙い目

カフェでも丼屋でも、大規模なチェーン店はおひとりさまにとって居心地が良いケースが多いです。

ほんの一例ですが、カフェなら例えば、

  • ドトール
  • スターバックス
  • ベローチェ

など。

ハンバーガーショップなら

  • マクドナルド
  • サブウェイ
  • モスバーガー

など。

丼の王道・牛丼屋なら、

  • 吉野家
  • すき家
  • 松屋

など。

「牛丼屋なんて、女性一人で入れるの!?」と驚いたかもしれませんが、大手チェーンの牛丼屋は一人客を想定して席をつくっているところが多く、一人でも堂々と入りやすいのです。

食べたいものが決まらないなら、ファミレスがオススメです。テーブルが大きく、ボックス席になっているお店も多いので、プライバシーが守られやすいのが特徴。また、豊富なメニューから好きなものをチョイスできます。

また、中に入ってみてちょっと恥ずかしいなと思っても、さっと食べてさっと出ていけばいいのですから、そんなに気負う必要もありません。

余った時間はそろそろ空いてきたカフェで、好きな飲み物を頼んで、ゆったり過ごしましょう!

一人ランチで本当の自分を取り戻そう!

精神的な成長や、自由な時間を堪能できる「一人ランチ」。

もしもあなたに、一度チャレンジしてみようかな……という気持ちが芽生えていたら、とても嬉しく思います。

午後の仕事の、そして未来のあなたの活力になるような、お気に入りのお店を見つけてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント