• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日焼けスプレーで夏顔になるのは紫外線で焼くよりも健康的なの?

Date:2014.06.08

気温も上がりいよいよ夏本番!…という事は美肌の大敵である紫外線予防を徹底しないとシミやシワなどのエイジング、そして焼けすぎて肌の炎症を起こすなんてことにもなり兼ねません。 

でもせっかくの夏だから健康的な小麦色のブロンズ美人に肌のダメージを与えずになる為に、日焼けスプレーをサロンや自宅でとお考えのオシャレ女子も少なくないはずです。

ですが、この日焼けスプレーって本当に本物の紫外線で肌を焼く事よりも「安全で健康的」なのでしょうか?

危険がいっぱいの紫外線

陽に焼けて小麦色になると脚や顔も細く小さく見えて、手っ取り早いスリム効果が期待できます。 

でも、だからと言って長時間強い日差しに当たっていると、紫外線により私達の肌は変化を起こします。大量の紫外線はたんぱく質であるコラーゲンを破壊し肌のハリや弾力を無くしてしまい深~いシワが出来やすくなります。

更に、目に見えて分かるのが色の変化。肌の色が濃くなり、場所によってはシミ、ホクロが出てきます。最も恐ろしいのはこのホクロやシミだと思っていたものが実は皮膚がんの元と言われるメラノーマだったりすると命の危険さえ高まるのです。

救世主?それとも大敵?日焼けスプレー

そんな危険な紫外線の力を借りずに、肌の露出が多いサマードレスや夏の装いに似合う健康的なブロンズ美人やスリム効果を狙う事が出来るのが日焼けスプレーなどのお助け化粧品。

ところがです、最近この日焼けスプレーに使われるジヒドロキシアセトン(DHA)が私達の体に有害かもしれないという研究結果が出たそうです。

DHAはサトウキビなどから精製されるので、有害だとは考えられていなかったのですがこの物質が大量に体内に取り込まれた時に細胞レベルでのダメージが確認され、遺伝子情報の突然変異やガンを引き起こしかねないと言われ始めているのです。

特に、気を付けなければならないのはスプレーやスプレーガンの使用です。スプレーを使うと鼻や口から直接DHAが肺に入り込むので日焼けジェルやクリームで皮ふや粘膜から浸透するより大量のDHAを体内に取り込んでしまう事になります。 

それに、妊娠を考えているあるいは妊娠中の女性は日焼けスプレーやクリームがどの様な影響を胎児に及ぼすか分からないので使用は避けた方が無難です。

そして妊娠をしていない女性でもスプレーよりはクリームやジェル、そしてDHAの含有量が低い物をきちんと選んで使用しましょう。

今年の春夏コレクションでも多くのモデル達が輝くようなブロンズ・フェイスでランウェイを飾ったように、やはり夏のファッションには小麦色の肌がよく似合います。

でも、美容や健康の事を考えるのでしたら、サンスクリーンに帽子とUV対策を万全にし、日焼けスプレーでは無く、ブロンズファンデーションなどのメイクで夏顔を演出するぐらいに留めておいた方がよさそうですね?

この記事をシェアする

関連記事