• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人気のほぼ日手帳。ユーザーに聞いた「ここがイイ!」

Date:2013.02.06

「ほぼ日(にち)手帳」というのをご存知ですか?この時期デパートには来年の手帳コーナーがありますが、その中の目立つ場所に広くスペースをとって売られている手帳の名前です。

「ほぼ日手帳」はコピーライターの糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が生み出した、使うのが楽しくなる手帳です。

実際に私の周りにはほぼ日手帳を使っている人が多く、そして全員と言っていいほど、「手帳を使うことを楽しんでいる」人がいます。そんなほぼ日ユーザーたちに「ここがイイ」というポイントを聞いてみました。

忙しい人も簡単にスケジジュール管理ができる

大人らしく格好よく手帳を使いこなすポイントの一つは、手帳を使ってスケジュールの把握確認がしっかり出来ること。ほぼ日なら、それが簡単に出来てしまいます。

なんとほぼ日手帳は一冊の中に、1ページにふた月ずつの年間インデックス、見開き2ページに1ヶ月の月間カレンダー、そして1日をまるごと使える1日ページとページ内容が豊富なんです。

しかも1日ページは24時間の時間軸つき。月をまたぐ仕事や時間がきっちり決まっている納期など、用途にあわせてしっかりと分かりやすく書き込みを行うことが出来ます。

ま、これは最も一般的な「ほぼ日オリジナル」の場合ですが、ビジネス用に内容をすっきりとさせた「ほぼ日WEEKS」もあります。「WEEKS」は1日ページをなくし、週間ページがあるのでビジネス管理をする人にはぴったりです。仕事の内容や好みのあわせてどうぞ♪

貼るのも書くのも自由

先ほど紹介した1日ページについて、友人が言っています。「1日のページが広いから、なんでも貼ったり、好きなことを書けるのがいい」。友人は映画のチケットや食事に行ったお店のコースターなどを収集して、思い出として取っておくのが大好きな人です。

そこでほぼ日手帳の1日ページが活躍しているよう。丸々1ページを使うことが出来るので、思いつくままに絵を書いたり、ふとひらめいたことをメモしているようです。思い出を残すツールとしても最高なようです。

カバーの豊富さで自分らしさを出す

ほぼ日手帳を購入する時は、手帳本体とカバーに分かれています。そのカバーも種類が豊富なので、初めての人は必ずと言っていいほどどれにしようか迷うと思います。

そのままで使えるシンプルなデザインももちろんありますし、カバーの上にさらにかぶせる「カバーオンカバー」という透明カバーがあるので、カバーと透明カバーの間に写真や切り抜きなどを入れて、自分好みのカバーにカスタマイズすることが出来ます。

友人の手作りカバーを見せてもらったことがありますが、オシャレな切り抜きを入れたり、雑誌をスクラップして写真の周りをデコレーションしたり、リボンやレースを挟んでみたり、作る人によって全く違う見た目の手帳が出来る。自分だけの特別な手帳が出来れば、日々書き込むのも楽しくなってしまいそうです。

便利ツールがたくさんなので初心者にも安心

なんだか使ったり作ったりが難しそうで、自分にはハードルが高いと感じてしまった人もいるかもしれません。そんな心配がご無用ですよ!手帳本体のおまけページにはタイムテーブル表、お気に入りのものを書き込むFavoitesページ、見るだけで楽しいおまけページがたくさんあります。

そして別売りではありますが、ほぼ日手帳を楽しむためのアイテムもたくさんあるんです。ぴったり収まる路線地図は当たり前、小さいフォトアルバムや、手帳にはさめる薄くて小さなハサミ、手帳用下敷き(目盛がかいてあって便利)、手帳サイズのクリアファイルなど、必要なものはすべてほぼ日手帳に挟んで書き込んでおけるようなアイテムが満載です。

インターネット上でお買い物をすることも出来るので、一度ぜひホームページを覗いてみてください。

そして何より、ウェブサイトの主宰者、糸井重里さんの「なんでもないように思える日も大切な一日。なんにもない日があってもいいじゃない」という気持ちでラクに使うことが出来る手帳です。まだ新しい手帳を購入していない人はぜひ使ってみてください。

▼参考
ほぼ日手帳の詳細はコチラ

この記事をシェアする

関連記事