• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたに本当に似合うロングヘアにする4つのステップ

Date:2015.05.10

shutterstock_102275638 - コピー

女性を女性らしく演出できる髪型の王道といえば、なんといっても「ロングヘア」ですよね。

でも、ただ伸ばせば素敵になるかといえば、そうではないですね。本当に自分に似合ったロングヘアを見つけないと魅力的な女性には見えません。

  • 一番きれいに見える長さとシルエット
  • 切っていないのにイメチェンできる髪型
  • 顔のたるみや薄毛をカバーできるヘアスタイル

など、今の長さをキープしつつ、見違えるほどきれいになれるヘアスタイルの作り方をお伝えしたいと思います。

美しい女性の共通点は「髪」にあり

「そんなに整った顔立ちではないのに綺麗に見える女性」あなたの周りにいませんか?

メイク技術を磨き、美しく見せるテクニックを持っていたり、似合うファッションを着こなしたり、笑顔だったり、仕草だったり…。

でも、もっと重要なのが「ヘアスタイル」なんです。

『女性の見た目や印象はヘアスタイルで決まる!』といっても過言ではありません。髪型が人へ与える影響はとても大きく、その人の印象の7割が髪型で占められるといわれているほどです。

男性にとって特にロングヘアは憧れの髪型。長いツヤのある髪をしているだけで魅力的に見えてしまうから驚きですよね。

しかし、長さ云々というよりは、『自分に似合っている髪型かどうか』ここが、一番大切なんですよね。

実際に”本当に美人”というわけではないのに、なぜか綺麗に見えてしまう女性たちのほとんどが本当に自分に似合っているヘアスタイルを知っています。

美しく見える女性たちの共通点、それが「髪を切らなくても自分に似合うヘアスタイルをしている」これなのです。

ロングヘアを維持しつつ、見違えるほど美しくなるには、自分に似合ったヘアスタイルになることがポイントです。

では、どのようにして自分に似合うロングヘアを見つければよいのでしょうか?

1.プロからあなたに似合うヘアスタイルを直接聞く!

ロングヘアと一言でいっても、様々なバリエーションがあります。

  • ストレート
  • ウェーブ
  • レイヤーを入れるか入れないか

同じロングヘアであっても印象はガラリと変わってきますよね。

私自身の経験をお話しますね。某女優さんの髪型に憧れていたのでその女優さんが載っている雑誌の切り抜きを持っていざ美容院へ!

美容師さんに「この髪型にしてください」とお願いすることにしました。その髪型は、女性の憧れロングストレートでした。

しかし、美容師さんは
「あなたのイメージは柔らかだから、ゆるふわパーマの方が似合っている」
「ストレートにしてもあなたの良いところが全く活きないからやめておいた方がいい」
といったアドバイスをくれたんですよね…。

でも、私はその女優さんのストレートヘアにどうしてもしたかった…!!なので、美容師さんのアドバイスを無視して強引にストレートパーマをかけてもらったんです。

実際にストレートにしてみると「おや?あれれ?」私が想像していたイメージと全く違ってました。何だか、顔立ちがパッとしないというか、地味になってしまったのです。

やはり、美容師さんのご指摘されていた通りに、ストレートヘアが私には似合っていなかったということです。最初から、美容師さんのアドバイスに従っておけば良かった…。

このように最初からアドバイスをしてくださる美容師さんもおられますが、お客さんの希望するヘアスタイルが初めから似合っていないと分かっていても、お客さんの希望ということで、何もいわず、カットやパーマされる方もおられます。

その場合、
「私に似合うヘアスタイル教えてください」
と自分から勇気を持ってお聞きしてみるのも一つの方法です。

せっかく、お金を出してサロンへ行くのですから、プロからのアドバイスは素直に受けるべき!そして、聞くべきです。

プロの目は正確です。自分がなりたい髪型が本当にあなたのイメージに合っているものなのか、診断してくれます。それと同時にあなたの雰囲気に合うヘアスタイルを喜んで教えてくれるでしょう。

サロンに行くときは普段よく着る服装で

サロンへ行くとき、あなたの服装にも気を配るとよいです。普段よく着る服装であれば、あなたのイメージが美容師さんに伝わりやすくなります。

カジュアル、フェミニン、コンサバ、など あなた好みのファッションスタイルはある程度、決まっていますよね。

普段よく着る服装には、その人の好きなテイストがにじみでるはず!普段よく着る服をきて好きなテイストを美容師さんに分かってもらい、その上でアドバイスを受けましょう。

襟がついたシャツやジャケットをよく着るのであれば、毛先は軽めにレイヤーですっきりとしていた方が似合いますし、逆に襟なしの服装を好んで着るのであれば、毛先はボリュームを持たせた方が華やかさを際立てることができますよ。

2.顔の形に合ったヘアスタイルにしよう

shutterstock_253550434 - コピー

顔の形で似合うヘアスタイルがある程度決まってくるものです。自分の顔の形を知り、あなたの顔の形に合ったヘアスタイルにしてみてはいかがでしょうか。

あなたの顔の形はどのタイプ?

●丸顔

あごが丸く頬がふっくらしている丸顔の女性は、トップを膨らませて縦長のシルエットに持っていく髪型が似合います。サイドにボリュームがあると顔が大きくみえてしまうので要注意です。

・トップにボリュームを出す
・サイドはすっきりと抑える
・前髪は少し見せると縦の長さがプラスされる

●面長顔

大人っぽいイメージの面長の女性は、サイドにボリュームを出しつつ、おでこを隠すと縦長を緩和させることができます。トップのボリュームを出すと顔の長さを際立ててしまうことになるので気をつけてください。

・サイドにボリューム
・トップは抑える
・前髪をつくりおでこを隠す
・おでこは出さない方がいい

●ベース顔

エラが張り気味のベース型の顔立ちの人は、トップに高さを持っていき、顔周りの髪にカールを入れてふんわり感を出すとエラを隠す効果があるのでおススメ!

・毛先に動きをもっていく
・顔周りをカールし、ふんわりさせる

●三角顔

あごがシャープでとんがり気味の三角顔の女性は、トップに高さを出して前髪の幅は広めにあご周りにボリュームを出すことで、女性らしい丸みを感じさせることができます。

・トップに高さを出す
・あご周りはボリュームを出す

以上が「顔の形別 似合う髪型アドバイス」でした。

3.ヘアカラー選びは意外と大事!

髪の長さを変えずにカラーリングでイメチェンすることは可能です。カラーを変えると顔周りの印象がガラリと変わります。

今まで着れなかったファッションにもチャレンジできますから、おしゃれの幅もグンッと広がります。

肌色と髪色の関係

一般的に髪の色を明るくすると軽やかなイメージになります。若々しくもなりますよね。

それと同時に顔が大きく見えてしまう傾向にあるのも特徴的です。というのも肌の色と髪の毛の色のコントラストが弱まってしまうからです。

顔立ちがはっきりしないので柔らかく見えてしまうのです。

逆に髪の毛の色が暗めだと肌と髪の色のコントラストがはっきりと強まるので、フェイスラインがキリリと引き締まって見えます。

パーソナルカラーで似合うヘアカラー探し

人それぞれ似合う色がありますよね。たとえば、同じ青もでも、鮮やかで青みがかった青が似合う人もいれば、黄色みがかった青が似合う人もいます。

パーソナルカラーとは、その人が似合う色のこと。パーソナルカラー でヘアカラーを決めるという方法もあります。

以下のサイトでパーソナルカラー診断を行ってみてください。肌や瞳の色などで、明るく華やかに見えるあなたに合った色合いが見つかるはずです。

■簡単「パーソナルカラー」診断

自分のパーソナルカラーが分かれば、自分に合ったヘアカラーを選ぶことができます。自分に合ったヘアカラーを選ぶことができれば、肌の透明感も引き立ち、顔立ちがスッキリ。瞳がきれいに見える!全体的にあか抜けるはずです。

例えば

●春タイプ

「春(スプリング)タイプ」は、みずみずしい少女のような純粋さの色合いが似合います。

ヘアカラーでいえば、明るめのベージュ、鮮やかなオレンジ、艶っぽさと透明感のあるカラーを選ぶと良いでしょう。

●夏タイプ

「夏(サマー)タイプ」は、エレガントで優雅で上品さのある色合いが似合っています。

ヘアカラーであれば、アッシュ系やピンクベージュ、ローズブラウンなど、一枚ベールを被せたような柔らかい色合いのものがおすすめです。

●秋タイプ

シックでグラマラスなイメージのある「秋(オータム)タイプ」。

マットブラウンやオレンジがかったブラウンなど、明るさと暗さのバランスがちょうどよいブラウン系が似合うでしょう。

●冬タイプ

クールで神秘性と個性のある雰囲気がお似合いの「冬(ウインター)タイプ」。

ヘアカラーで似合う色は、ずばり、ブラック。深みのあるダークブラウン。など、はっきりとした色合いの方が、魅力的にうつります。

同じ「赤」でも人それぞれ似合う色と似合わない色があります。ヘアカラーにしても同様で同じ「レッド系」であっても、春タイプは、クリアなオレンジを混ぜたレッドが合いますが、夏、秋、冬タイプはその色は似合いません。

自分に合ったヘアカラーを上手に取り入れて今まで以上に魅力的な髪色にチャレンジしてみてくださいね。

顔のくすみをカバーするヘアカラー

肌のくすみをカバーするには、カラー選びが大切です。暖色系のオレンジかブラウンを選ぶと肌のくすみも改善できます。

反対に寒色系のアッシュ系の色は、肌のくすみを際立たせてしまうので、肌のくすみが気になる人は、アッシュ系は、控えたほうがいいでしょう。

男性に評判のよいヘアカラー

とある雑誌で男性に「あなたの好む女性の髪色は?」というアンケート結果が載っていました。それによると「自然なブラウン」が断トツのトップでした。

「金髪レベルの明るめのヘアカラーは品がなくて苦手」という意見が多数聞かれました。

男性受けを狙うなら、ロングヘアは鉄板です。そして、ヘアカラーは無難なところで自然なブラウンがいい。男性のほとんどは、ロングヘアでナチュラルな髪色が好きなんです。

髪を切らずにロングヘアを維持したままであっても、ヘアカラーの色を変えると、その人の持つ印象がグッと変わってきます。おしゃれも数倍楽しくなるので、ぜひお試しを!

4.新鮮さを出すには「前髪」がポイント!

一生ロングヘアで切る気がない人は、前髪をチェンジすることで新鮮さを出してみてはいかがでしょうか。

数ミリの変化でも見る人の印象はかなり大きな違いを出すのが前髪のいいところでもあり、怖いところでもあります。前髪一つで全体の印象が左右されるので侮れませんよ。

●顔のたるみや顔の大きさが気になる人

前髪を作って額を出さないようにします。小顔作りのためには、顔周りの髪で顔を包み込むよう横の前髪はシャギーを入れて動きを出すような感じに仕上げると小顔効果が!

●丸顔で若々しく見せたい人

前髪は横わけして長めにします。額を出しながらも立体的に見せたい人は、横わけした前髪をリップラインで切ると鼻のラインで流れて、顔周りに華やかさを演出することができます。

●前髪にボリュームと華やかさがほしい人

前髪は少し長めにとります、表面の持ち上がった短めの前髪で、2つの長さの違う前髪が重なり合っているというダブルバングは、立体感と動きを出せる華やかな印象を与えてくれます。

●いつまでも可愛らしい印象がほしい人

前髪を眉の位置でカットして巻く。眉の下で流したまとまりのある前髪は可愛らしいが子供っぽくなる印象が。それを解消するためにサイドのリバース巻きで大人可愛さで甘辛に!

●カジュアル感ありの若々しさがほしい人

上まぶたのラインギリギリの長さでカットし、毛先に丸みと肌がのぞく透け感を出すと、カジュアルで若々しい印象を与えてくれます。目元のたるみも気にならなくなるのもこのスタイルの良いところ。

以上が、前髪のアレンジでした。前髪だけで見た目や年齢やインパクトがかなり違ってきます。一生ロングでいたい人は、前髪だけでもたまには変化させてみるのもいいですよね。

あなたにピッタリのロングヘアを見つけて…

shutterstock_175682342 - コピー
ロングヘアのままで美しく変身するには、自分に似合った髪型や髪の色を知ることが何より大事です。

それには、美容師さんに自分のなりたいイメージの髪型を伝えること。美容師さんはその道のプロなのであなたを引き立たせてくれる髪型のアドバイスを教えてくれるでしょう。

一生ロングヘアを貫きたいという人は、前髪に変化を与えるだけであなたの持つイメージがガラリと変わります。イメチェン効果は絶大です。

また、ヘアカラーの色選びも間違いないように!特にパーソナルカラー診断はかなりお役に立ちますよ。

以上4つの方法を用いりながら、今よりもっと美しくなってみませんか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント