• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

整体と美肌効果も期待できる!?流行りのホットヨガの注意点

Date:2013.06.16

ホットヨガとは

ホットヨガは室温を38~39℃、そして湿度を60~65%に設定してヨガを行うことをいいます。まるで、「ここはサウナか岩盤浴か!?」と一瞬たじろいてしまいそうな温度と湿度。

お近くにホットヨガ教室がある方は体験などで中へ入ってみるとお分かりになるかと思いますが、その場にいるだけでじわっと汗がにじみ出してきます。この温度と湿度の条件がホットヨガの特徴で、筋肉が無理なく伸びやすい条件が整っている環境と言えるでしょう。

無理は厳禁

ホットヨガを行うと、体が柔らかくなりやすいので激しくきついヨガの体勢もなんとなくやりやすい感覚に陥ります。無理しない程度に行うのはもちろんですが、それでも怪我をする人は後を絶たないと聞きます。

通常は、筋肉は36,5℃で硬くなります。この状態でいきなり動くと筋繊維が切れ易いので腕や足の一部が非常に痛くなったりしやすくなります。ヨガをした翌日に体の一部に痛みを感じやすくなる理由の一つが筋肉が切れていることからきています。

体が動きやすくなっているからと言って、無理は禁物です。さらに、いきなりヨガを始めるのではなく、必ず体をほぐすための準備運動をしてから行うようにしましょう。指先からつま先まで、しっかりと無理なく伸ばしウォームアップをすることが必要です。

必ず水分補給を

そして、絶対に水を補給しなくてはならないのが条件です。汗を沢山かきますので、目標は1時間に1リットル以上の水を飲むように心がけましょう。汗を沢山かいても、すぐにやせるわけではありません。汗をかいた分、水分補給をすれば体重は元に戻ってしまいます。

しかし体の老廃物を出して、きれいな水を取り込むというホットヨガを行った後のあなたの体はリフレッシュし、心身ともにホットヨガで磨かれているといっても良いでしょう。ヨガを行った後は老廃物が沢山排出され、ストレス発散ができている自分に気づくはずです。

理想のプロポーションでマインドコントロール

こうなったらいいな、という自分の心に描く女性像など、イメージをしながらヨガを行うと深く心に刻まれ、理想に近づいていくとも言われています。深い瞑想状態で行うヨガは自分の心の声を深く聞き、自己と対話がしやすくなります。

「こうあるべきでない」や「こうなりたい」など、本当の自分の心の声を聞くよい時間とも言い換えられるでしょう。理想の自分を強くイメージをして、ヨガをしながら未来の自分を作り上げていきたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事