• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メイクでほうれい線を消す方法。ポイントさえ覚えれば簡単!

Date:2017.05.26

ふと鏡を見た時、「何だか老けたな」と感じることはありませんか?

肌の状態はいいし、特に疲れもないのに老けて見える…、その原因はほうれい線です。

いくら肌が綺麗でしっかりメイクをしていても、ほうれい線があるだけで一気に老けた印象になりますね。

ほうれい線を目立たなくするためには、スキンケアなどで地道にケアしていく必要がありますが、早急にほうれい線を目立たなくするにはスキンケアでのケアではもちろん間に合いません。

そういう時に覚えておきたいのが、ほうれい線を消すメイク方法です。


ほうれい線を隠すのに大事なのはアイテム選び

メイクをする時、ファンデーションや化粧下地は入念に選びますよね。それと同じように、ほうれい線を隠すアイテムも入念に選ばなくてはいけません。

ほうれい線を隠すためには、ファンデーションだけで隠そうとすると全体的に厚塗りメイクになってしまいます。

ファンデーションが厚塗りになると老けて見えますし、ほうれい線にファンデーションが入り込んで反対に目立ってしまいます。

そうならないためにも、様々なメイクアイテムを使ってほうれい線を隠す必要があります。

その1.化粧下地はシリコン入りのものやシワ改善効果のあるものを選ぶ

ほうれい線が目立ってしまう原因の1つが、ファンデーションの厚塗りです。

シワやほうれい線が気になると、その部分にファンデーションを厚塗りしてしまうため、反対に目立ってしまいます。

そうならないため、化粧下地を選ぶ時にもポイントがあります。ここ数年、注目されているのがシワ改善効果のある化粧下地です。

シワやほうれい線など、気になる部分に塗ることでシワが伸びて目立たなくなるという下地です。

ほうれい線が浅い場合、シワ改善効果のある下地を塗ると、ほとんどほうれい線が目立たなくなります。

また、ほうれい線を埋め込んで肌を均等にしてくれるシリコン入りの化粧下地も効果的です。

シリコン入りの化粧下地はほうれい線だけではなく、毛穴も目立たなくしてくれるため1つ持っておくと便利です。

その2.明るめのコンシーラーでほうれい線の影を飛ばす

ほうれい線は影ができることによって、さらに目立ってしまいます。

影を隠すためについついファンデーションで隠そうとしてしまいますが、それでは厚塗りになり、さらに目立ってしまいます。

ほうれい線の影を消す時は色で消すだけではなく、光を使って影を飛ばすことも大事です。

ほうれい線を隠すためには、次のようなコンシーラーを選ぶようにしましょう。

  • テクスチャーの柔らかいリキッドコンシーラーを使う
  • 筆ペンタイプのものを選ぶ
  • 肌より明るめのものを選ぶ

肌より暗い色や同じ色だと、影が飛ばないのでさらにほうれい線が深く見えてしまいます。

影を飛ばすためには、肌より明るめのコンシーラーを選ぶようにしましょう。

色選びが分からない場合は、

  • ライト
  • 明るめ

と書かれたコンシーラーを選ぶと肌より明るめの色になります。

その3.光で飛ばしてくれるハイライトを使ってほうれい線の影をなくす

明るめのコンシーラーでほうれい線の影を隠すことができますが、さらにハイライトを使うとさらに光で飛ばしてくれるので効果が倍増します。

ハイライトは顔を立体的に見せるためだけではなく、ほうれい線を隠すのにも効果的です。

ハイライトには、パウダータイプとクリーム(リキッド)タイプのものがあります。この2種類、付ける順番が違うので使う順番も覚えておくようにします。

  • パウダータイプはファンデーションの後に付ける
  • クリーム(リキッド)タイプはコンシーラーと同時に使う

ハイライトの使い方が難しいと感じる人は、調整しやすいクリームタイプのものだとその上からファンデーションを塗るので、派手にキラキラしなくなります。

また、ハイライトというとギラギラしたイメージがありますが、適度なパール入りはツヤに繋がります。

ールがたくさん入ったものは避け、適度に光沢のあるものを選びましょう。

順番を覚えれば簡単!ほうれい線を消すメイク方法

ほうれい線を隠す場合、メイクの順番やメイク方法も大事になってきます。「とにかくほうれい線部分を隠せば大丈夫」というわけではありません。

メイクの順番、ポイントを押さえてほうれい線が目立たないメイクを覚えましょう。

今回は、顔全体にツヤを与えてくれるリキッドファンデーションを使ったメイク法を紹介します。

その1.化粧下地は均一に薄く塗っていく

ほうれい線を隠すのに使う化粧下地は、シリコン入りやシワ改善効果のあるものです。

シリコン入りなどの化粧下地の場合、肌の凹凸をなくし肌を滑らかにしてくれるため厚塗りするとファンデーションが依れることがあります。

そのため、なるべく薄く均一にぬることが大事です。

    【化粧下地の塗り方】

  1. 適量(パール粒大程度)の化粧下地を手に取り、指につける
  2. 頬・おでこ・鼻・あごに内側から外側に向かって薄く塗っていく
  3. フェイスラインまで綺麗に化粧下地を塗っていく
  4. ほうれい線部分は指先でトントンと叩き込むように塗っていく

シリコン入りの化粧下地は、普通の化粧下地と違って肌をフラットにしてくれる働きがあるので均一に塗らないと肌に凸凹ができてしまいます。

丁寧に均一になるように塗っていくように心がけましょう。

その2.ファンデーションでほうれい線を隠さず顔全体に薄く塗っていく

ファンデーションを塗る時、ついほうれい線を隠すために気になる部分にファンデーションを埋めこんでしまいますが、これはNGです。

ファンデーションはなるべく薄く、均一に塗っていくようにします。

【リキッドファンデーションの塗り方】

  1. 適量のファンデーションを頬・おでこ・鼻・あごにのせる
  2. 頬部分からスポンジ(指でも可)を使って内側から外側に向かって塗る
  3. おでこ・鼻・あごも同様にファンデーションを伸ばしていく
  4. 残ったファンデーションを目元・口周り・輪郭に伸ばしていく

目元や口周りなどよく動く部分にファンデーションをたくさん塗ると崩れてしまうので、スポンジに残ったファンデーションを薄く塗っていくようにします。

この時、ほうれい線にファンデーションはスポンジでポンポンと残ったものを馴染ませる程度で十分です。

薄いほうれい線であれば、リキッドファンデーションだけでも影が消えることもあります。

その3.コンシーラーは少量を叩き込んでいく

コンシーラーを塗る時、ほうれい線を隠すためにたくさん塗ると反対に目立ってしまいます。そのため、コンシーラーも薄く塗るのが大事です。

【コンシーラーの塗り方】

  1. ほうれい線上に5箇所程度、コンシーラーをのせる
  2. 指もしくはスポンジでポンポンと馴染ませる

この時、スポンジや指で擦りながら付けるとムラになるので、必ずポンポンと叩き込むように馴染ませていきましょう。

また、ほうれい線が短い場合、もしくは浅い場合は3箇所程度でも十分です。

その4.口角付近とほうれい線にハイライトを入れる

ほうれい線が浅い場合、ファンデーションとコンシーラーで隠すことができます。

しかし、深いほうれい線や法令線が口角付近まで続いていると、コンシーラーだけでは隠せないこともあります。

そういう時には、ハイライトを使います。

【ハイライトの使い方】

  1. 口角や口角から出ているマリオネットラインにハイライトをのせる
  2. スポンジでポンポンと馴染ませる
  3. ほうれい線上に2箇所程度、ハイライトをのせる
  4. スポンジでポンポンと馴染ませる
  5. 最後にフェイスパウダーを軽くつける

「ほうれい線を隠すのにマリオネットラインは関係ない」と感じている人もいると思います。

しかし、ほうれい線が隠せてもマリオネットラインがあるとそこに目が行くので、ほうれい線付近を見られます。

そのため、マリオネットラインもカバーすることが大事になってきます。

コンシーラーとハイライトが終わったら、フェイスパウダーで付けるのを忘れないようにしましょう。

その5.目元・口元のポイントメイクを仕上げる

ベースメイクが終わったら、ポイントメイクをします。この時、口元よりも目元を華やかにすることによって、口元から視線を逸らすことができます。

上記でも紹介しましたが、口紅はコーラル系のものを使い肌馴染みを良くし、目元はアイラインを入れることで華やかさを出すようにしましょう。

また、チークもオレンジなどの暖色系のものを使い、顔半分から上に色を入れていくようにしましょう。

ほうれい線から目を反らせる!?部分メイクテク

ほうれい線を目立たなくするためには、ほうれい線から目を反らすことも必要です。

ベースメイクでほうれい線をある程度隠しても、ほうれい線の部分に目がいくようなメイクをしてしまうと、どうしても目立ってしまいます。

ほうれい線が目立たないようにする部分メイクも覚えて、ほうれい線を消し去りましょう。

その1.口紅は色の強いものは避けて口元が上がって見えるものを選ぶ

皆さんは、どんな色の口紅を使っていますか?華やかにするために派手な色の口紅や、流行りの赤リップなど使っている人も多いのではないでしょうか。

特に口紅の場合、色を変えると本当に自分に合っているか不安になり長年愛用しているものを使い続けているという人も多いと思います。

明るい色や赤みのある口紅を塗ると肌色が綺麗に見えるため人気ですが、口元が強調されるためほうれい線が目立ってしまいます。

ほうれい線が目立たないようにするには、口紅の色と口角にポイントがあります。

  1. リップペンシルで口角を上げるように輪郭を描く
  2. コーラルオレンジやコーラルピンクといった肌馴染みのいい色の口紅を塗る

コーラル系の口紅は少し地味に感じますが、肌馴染みが良いので口元だけを目立たせることはありません。

また、コーラル系口紅は2017年流行色になっているため、数多くの口紅が販売されているのでチェックしてみましょう。

その2.ハイライトを使って影を飛ばして光を集める

ほうれい線を目立たせないようにするには、顔にある影を消さなくてはいけません。

よく、顔に出るたるみなどによる影を消す時、ファンデーションをたっぷりと塗って消す人がいます。しかし、これは厚塗りメイクになるだけで影は消えません。

影を飛ばすには、光を集めてくれるハイライトが効果的です。

ほうれい線が目立たないようにするためには、口元に影が出ないようにすることが大事です。

口角の影が出る部分にハイライトを入れると影も切れるためほうれい線も目立たなくなります。

その3.口元に目線がいかないようにアイメイクにポイントを置く

ほうれい線が目立たないようにするためには、消すことも大事ですが口元に目線がいかないようにすることも大切です。

そのためには、口元よりも目元に目線がいくようにアイメイクをすることが大事です。

だからといって、つけまつ毛を何枚も付けて目力アップというメイクは若作りになるため、避けなければいけません。

アイメイクをする時は、次のようなところにポイントを置きましょう。

  • アイシャドウは派手な色は避け、目頭と目の下に薄くハイライトを入れる
  • アイラインは必ず入れて、目尻を少しラインオーバーに描く
  • ビューラーでまつ毛をカールさせてからマスカラを塗る

アイメイクにポイントを置くとからと、派手なアイシャドウを使うというわけではありません。

アイラインを少しオーバーラインに入れるだけで、目元はくっきりとするのでアイランは必ず入れるようにしましょう。

その4.チークを入れて顔に立体感と血色を与える

皆さんは、日頃のメイクをする時にチークはちゃんと入れていますか?

よく小顔に見えるようにとシェーディングをしている人はいますが、チークの入れ方が分からないと入れない人もいます。

しかし、チークを入れることによって血色を与えると顔全体にハリがあるように見えます。

チークは入れる場所が大事です。あまり下に入れると、ほうれい線に被ってしまうためほうれい線が目立ってしまいます。

  • 小鼻よりも上、顔の側面まで薄く入れる
  • 必ず頬骨より上にチークを入れる
  • ピンクを使うと若作りに見えるため、オレンジ系のものを選ぶ

上記の3つを押さえてチークを付けると、失敗はないのでポイントを押さえておきましょう。

また、チークはキラキラとしたものを選ぶと目立ってしまいます。ラメやパ

気になるほうれい線を隠してマイナス5歳を目指そう

いくら綺麗にメイクをしても、ほうれい線があるだけで老けてように見えます。

年齢とともに出てくるほうれい線、これを隠すことでマイナス5歳は若く見えると言われています。

ほうれい線を隠すメイクアイテムやメイク法を覚えれば、難しいメイクも簡単にできるようになります。

自分の顔を見た時、ちょっとでも老けたなと感じた時はメイクでほうれい線を隠してみましょう。

そうすることで、マイナス5歳を手に入れることができるかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事

コメント