• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

むくみも冷えも食欲不振も解消!夏の不調にふくらはぎマッサージ

Date:2015.07.29

shutterstock_296953502 - コピー

夏は暑さが厳しいことから、さまざまな不調が起きます。食欲不振や、冷房による冷え、むくみ、お酒や冷たいものの飲みすぎによる肝臓の疲れなどが代表的ですが、この夏の不調のほとんどすべてに改善・解消効果が期待できる健康法があります。

それは、「ふくらはぎマッサージ」。とっても簡単!テレビを観ながらでも、家族と団らんしながらでも、苦にならずに続けられるマッサージです!

なぜ、ふくらはぎ?ふくらはぎは「第2の心臓」

血液の流れが悪くなると、美容にも健康にも悪い影響が出ることは、みなさんもよく知っていることかと思います。血液には、酸素や栄養を全身の細胞に届けたり、老廃物を排出したり、体温を調節したりと、大切な役目がたくさんあります。

体を健康に美しく保つには、血液が正常に流れてくれなければなりません。

ふくらはぎは「第2の心臓」と言われ、重力によって下半身にたまった血液を心臓に戻すポンプの働きをしています。そのため、ふくらはぎの筋肉が凝り固まって血流が滞ると、全身の血流が悪くなり、代謝ダウンにつながります。

つまり、心臓のポンプ作用で全身へと送られた血液のうち、心臓よりも下に位置する血液を重力に逆らって上へと押し上げなくてはなりませんが、その際にポンプの役目をするのが、ふくらはぎの筋肉なのです。

運動不足の人にもオススメ!ふくらはぎマッサージの効果とは?

shutterstock_257580898 - コピー
運動不足や長時間のデスクワークなどで、ふくらはぎの筋肉を十分に動かすことができていないと、血液を心臓に戻す働きも十分でなく、足がむくんだり、体の調子が悪くなったりしてしまいます。

そこでおすすめなのが、ふくらはぎマッサージです。ふくらはぎをマッサージすることにより、筋肉にしなやかさを取り戻し、心臓に戻る血液の流れをよくします。

改善が期待できる症状

夏に多くの人が悩まされている

  • むくみ
  • 冷え
  • 食欲不振
  • 肝臓の疲れ

などのほかにも、

  • 月経不順
  • 更年期障害
  • 肩こり・腰痛
  • 便秘

など、女性が悩まされがちな症状の改善効果も期待できます。

美容・健康効果

不調の改善だけでなく、血液の流れがよくなることで、美容・健康にさまざまな効果が得られるのではないかと言われています。

  • デトックス
  • 低体温の改善
  • 基礎代謝アップ&新陳代謝促進
  • アンチエイジング
  • 免疫力・治癒能力向上
  • 自律神経の調整
  • 脳細胞の活性化
  • 血圧の安定

テレビを観ながらでもできる!ふくらはぎマッサージのやり方

ふくらはぎの「内側」「アキレス腱~中央」「外側」「膝裏」「アキレス腱」の5箇所をマッサージします。

左右同じように行ってください。強く圧しすぎないように。痛気持ちいいくらいに、加減して圧してください。

ふくらはぎ内側

2画像1

  1. 親指が上側にくるように足を倒します
  2. 内くるぶしから膝下に向かって、骨の際を圧していきます
  3. 手の親指を重ねて、体重をかけながら圧します
  4. 口から息を吐くタイミングで圧し、鼻から息を吸うタイミングで放します
  5. 3~4cm間隔で圧していきます

内くるぶしから膝下へ。この方向を間違わないように。2回繰り返します。

アキレス腱~中央

2画像2

  1. 足を倒します(どちら側に倒しても構いません)
  2. アキレス腱から膝下に向かって圧していきます
  3. ふくらはぎ内側と同様、親指を重ね、呼吸に合わせて3~4cm間隔で圧していきます

足首側から膝下へ。これも方向を間違わないように。2回繰り返します。

ふくらはぎ外側

2画像3

  1. 親指が下側にくるように足を倒します
  2. 外くるぶしから膝下に向かって圧していきます
  3. ふくらはぎ内側と同様、親指を重ね、体重をかけながら圧します
  4. 呼吸に合わせて、3~4cm間隔で圧していきます

外くるぶしから膝下へ。これも方向を間違わないように。2回繰り返します。

膝裏リンパ節

  1. 膝を立てます
  2. 膝裏にあるリンパ節を、優しく転がすような感じで10回圧します

アキレス腱

  1. 膝を立てます
  2. アキレス腱を、ふくらはぎの下3分の1くらいまで、つまむようにもんでいきます

足首からふくらはぎ下部に向かって。3回繰り返します。

ふくらはぎの状態に合わせたとり入れ方で行いましょう!

shutterstock_221592490 - コピー
ふくらはぎがカチカチに硬くなっている場合、むくみでパンパンになっている場合、内部にしこりがあって痛い場合など、いきなり強くマッサージしないようにしてください。

ふくらはぎが張っている場合は、まずは、ふくらはぎのストレッチなどをして、ほぐすことをおすすめします。

  1. 座った状態で足をまっすぐに伸ばします
  2. 息を吐きながら、つま先を床に向かって倒して、足の甲を伸ばします
  3. 息を吸いながら、つま先を起こし、足首が直角になるくらいつま先を立てます
  4. ふくらはぎのハリがゆるむ程度に繰り返します

無理のない範囲で行うようにしてください。ふくらはぎの状態を見ながら、自分のペースでマッサージをとり入れてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント