• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ふくらはぎマッサージが効く!女性の不調改善・美容効果!

Date:2017.04.17


車や公共交通機関などの充実により、世の中は便利に、楽になりましたが、その分、私たちの生活において歩く機会は随分と減ってしまいました。

歩かない生活は血液やリンパ液の流れを悪くし、身体にも脳にも美容にも悪影響を及ぼします。

デスクワークや販売員など、座りっぱなし・立ちっぱなしの仕事に従事している人、一日の大半を狭い家の中で過ごす専業主婦などは要注意です。

できるだけたくさん歩いて、しっかりとふくらはぎの筋肉を使うこと!それができればよいのですが、多忙な日々の中、毎日続けるとなると難しいものがあります。

そこでおすすめしたいのが「ふくらはぎマッサージ」です。

歩いたり、運動したりする時間がない人も、簡単に日常に取り入れられる「ふくらはぎマッサージ」で、ふくらはぎの状態をよくして、体の不調を取り除きましょう。

ふくらはぎは「第2の心臓」!美容・健康に効くツボもたくさん!

血液の流れが悪くなると、美容にも健康にも悪い影響が出ることは、みなさんもよく知っていることかと思います。

血液には、酸素や栄養を全身の細胞に届けたり、老廃物を排出したり、体温を調節したりと、大切な役目がたくさんあります。

体を健康に美しく保つには、血液が正常に流れてくれなければなりません。ここで大切なのが、「第2の心臓」と言われるふくらはぎの働きです。

心臓のポンプ作用で全身へと送られた血液のうち、心臓よりも下に位置する血液を重力に逆らって上へと押し上げるポンプの役目をするのが、ふくらはぎの筋肉なのです。

ふくらはぎには、委中、承筋、承間、承山など、

  • むくみ改善
  • デトックス
  • ダイエット

などに効くツボもあります。

運動不足の人にオススメ!ふくらはぎマッサージの効果とは?

shutterstock_257580898 - コピー
運動不足や長時間のデスクワークなどで、ふくらはぎの筋肉を十分に動かすことができていないと、血液を心臓に戻す働きも十分でなく、足がむくんだり、体の調子が悪くなったりしてしまいます。

そこでおすすめなのが、ふくらはぎマッサージです。ふくらはぎをマッサージすることにより、筋肉にしなやかさを取り戻し、心臓に戻る血液の流れをよくします。

ふくらはぎマッサージにより改善が期待できる症状

ふくらはぎマッサージを行うことで、血流が悪いことによって起きるさまざまな症状の改善が期待できます。

  • むくみ
  • 冷え
  • 月経不順
  • 更年期障害
  • 肩こり・首こり・腰痛
  • 便秘
  • 肌あれ

など。女性が悩まされがちな症状の多くに改善が期待できます。

ふくらはぎマッサージによる美容・健康効果

ふくらはぎマッサージは先に述べた不調の改善だけでなく、血液の流れがよくなることで、美容・健康にさまざまな効果が得られるのではないかと言われています。

  • デトックス
  • 低体温の改善
  • 基礎代謝アップ&新陳代謝促進
  • アンチエイジング
  • 免疫力・治癒能力向上
  • 自律神経の調整
  • 脳細胞の活性化
  • 血圧の安定

など、心にも体にも脳にも!血液は身体のあちこちで重要な役割を担っているのですね。

テレビを観ながらでもできる!ふくらはぎマッサージのやり方

ふくらはぎの「内側」「アキレス腱~中央」「外側」「膝裏」「アキレス腱」の5箇所をマッサージします。

左右同じように行ってください。強く圧しすぎないように。痛気持ちいいくらいに、加減して圧してください。

ふくらはぎ内側

ふくらはぎマッサージの手順の画像1

  1. 親指が上側にくるように足を倒します
  2. 内くるぶしから膝下に向かって、骨の際を圧していきます
  3. 手の親指を重ねて、体重をかけながら圧します
  4. 口から息を吐くタイミングで圧し、鼻から息を吸うタイミングで放します
  5. 3~4cm間隔で圧していきます

内くるぶしから膝下へ。この方向を間違わないように。2回繰り返します。

アキレス腱~中央

ふくらはぎマッサージの手順の画像2

  1. 足を倒します(どちら側に倒しても構いません)
  2. アキレス腱から膝下に向かって圧していきます
  3. ふくらはぎ内側と同様、親指を重ね、呼吸に合わせて3~4cm間隔で圧していきます

足首側から膝下へ。これも方向を間違わないように。2回繰り返します。

ふくらはぎ外側

ふくらはぎマッサージの手順の画像3

  1. 親指が下側にくるように足を倒します
  2. 外くるぶしから膝下に向かって圧していきます
  3. ふくらはぎ内側と同様、親指を重ね、体重をかけながら圧します
  4. 呼吸に合わせて、3~4cm間隔で圧していきます

外くるぶしから膝下へ。これも方向を間違わないように。2回繰り返します。

膝裏リンパ節

  1. 膝を立てます
  2. 膝裏にあるリンパ節を、優しく転がすような感じで10回圧します

アキレス腱

  1. 膝を立てます
  2. アキレス腱を、ふくらはぎの下3分の1くらいまで、つまむようにもんでいきます

足首からふくらはぎ下部に向かって。3回繰り返します。

ふくらはぎの状態に合わせた取り入れ方を

ふくらはぎがカチカチに硬くなっている場合、むくみでパンパンになっている場合、内部にしこりがあって痛い場合など、いきなり強くマッサージしないようにしてください。

ふくらはぎが張っている場合は、まずはストレッチをするなど、ふくらはぎをほぐすことから始めるようにしましょう。

    【ふくらはぎのストレッチのやり方】

  1. 座った状態で足をまっすぐに伸ばします
  2. 息を吐きながら、つま先を床に向かって倒して、足の甲を伸ばします
  3. 息を吸いながら、つま先を起こし、足首が直角になるくらいつま先を立てます
  4. ふくらはぎのハリがゆるむ程度に繰り返します

無理のない範囲で行うようにしてください。ふくらはぎの状態を見ながら、自分のペースでマッサージを取り入れてみてくださいね。

忙しくてゆっくりマッサージしている暇がない人にオススメ簡単ケア

ふくらはぎの「内側」「アキレス腱~中央」「外側」「膝裏」「アキレス腱」と、順を追ってマッサージしていくのが一番ですが、ゆっくりと時間をとれない多忙な女性も多いことでしょう。

でも、忙しいからと何もしないでいては、ふくらはぎの筋肉はどんどん凝り固まり、血流が悪くなってしまいます。

忙しい人でも「ながら」でできるふくらはぎのほぐし方を、いくつか紹介しますので、ぜひ取り入れてみてください。

テニスボールを挟むだけ!簡単「ながら」マッサージ!

いろいろと手順を踏むマッサージは何かと面倒ですが、テニスボールを使ったマッサージなら、時間も場所もとらずにできます。

ふくらはぎと太ももの間にテニスボールを挟んで、ゆっくりと体重をかけるだけ。一家団欒しながら、子供の宿題を見ながら、簡単に「ながら」マッサージできます!

▼テニスボールで行うふくらはぎマッサージについての詳細はコチラ!

※【ふくらはぎのマッサージ方法】を参照してくださいね。

待ち時間や移動の途中に簡単「ながら」運動!

血流をよくする運動としてオススメなのが「かかと上げ下げ運動」です。立った状態でかかとを上げて下げてを繰り返すだけですが、硬くなったふくらはぎをほぐす効果があります。

1日1分程度で充分なので、通勤電車の中でも、家事をしながらでも簡単にできますね。

座った状態でかかとを上げ下げしても同様の効果が得られるため、オフィスのデスクに座ったままでもできますよ!

「つま先歩き」には、さらなる血流改善効果があるそう。しかも、1日30歩を限度にということなので、ちょっと家の中をつま先で移動するだけで達成できます!最初は10歩くらいから始めてくださいね。

お風呂でゆっくり温めて、ほぐして!

美容・健康のためには、入浴の際はシャワーだけでなくゆっくりとお湯に浸かることが大切とよく言われますが、ふくらはぎのためにもバスタブにお湯を張りましょう。

お湯に浸かることで、マッサージしただけでは届かない深層部の血流がよくなるため、ふくらはぎをお風呂でゆっくり温めることも有効なのです。

お湯に浸かりながら、ふくらはぎをやさしく揉んだり、さすったりするだけでも、血流改善効果は期待できますよ。

ただ、表面温度が低いふくらはぎは温まるのに時間がかかるとのこと。

長湯が苦手な人は、バスタブの淵に腰かけて、先に足湯で5分程度ふくらはぎを温めてから、全身入浴するようにするとよいでしょう。

いつまでも若く、美しく、健康であるために、ふくらはぎケアを日課に

shutterstock_221592490 - コピー
加齢とともに体液の流れは悪くなってきます。若い頃は「むくみって何?」というくらいむくみ知らずだった私も、気を抜けば足がむくみで太くなるようになりました。

むくむと指で押した跡が残ると聞いてもピンと来なかったものですが、最近は風邪で寝込むと、足がひどくむくみ、指で押せば低反発のクッション並みに凹んだままになります。

健康なふくらはぎは、触ると適度に温かく、ほどよい弾力と柔らかさとハリがあります。

ふくらはぎが冷たかったり、熱かったり、硬かったり、逆に弾力がなさすぎたり、パンパンに張っていたり。よくない状態だなと思ったら、しっかりケアするようにしましょう。

心臓は硬い骨に守られていて触れることはできませんが、第2の心臓であるふくらはぎは簡単にマッサージすることができるのです。

ストレッチしたり、揉んだり、さすったり、指圧したり、温めたり。無理なくできることから始めてみてください!

この記事をシェアする

関連記事

コメント