• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

整形しなくても治る!表情シワを作らない、薄くする3つのポイント

Date:2013.09.20

まだ年齢的に若いのに、シワがあるという方も意外と多く見かけます。それはなぜなのでしょうか。若い方にできるシワのことを一般的に表情ジワと呼ばれています。特にできやすいのが眉間やおでこです。

これらのしわができる原因は主に普段何気なく行っている自分の表情のクセです。表情しわができてしまったら整形するしか薄くする方法はないのではと、思っているかもしれません。

完璧に消すことは無理でもこれ以上濃くしない、もしくは薄くすることはできるかもしれないのです。その方法についていくつか紹介します。

シワの原因を究明する

表情シワができてしまった原因は、何かしらあなたの表情にそれを作る原因があったということです。よくよく自分がよくする表情を思い出してみましょう。例えば視力が良くない方で、見えにくい時に顔をついついしかめたり、目を細めるような事をしていませんか?

また、目を大きく見開こうとして、おでこを引き上げて目を大きく開けようしていませんか?そうするとおでこにシワが入ってそれが定着するようになってしまうのです。

日常生活で怒ることが多い方は、眉間にシワができやすくなります。その他にも原因はありますが、今上げた例が一つでも当てはまるようであれば、それにより表情シワができてしまった可能性は高いのです。

そこでその原因はわかったら、まずはその表情をしないように努めることです。これをするだけでもこれ以上シワを深くすることを防ぐことができるのです。

乾燥対策とマッサージをする

シワが出来てしまう部分というのは潤いが不足しがちになっています。それなので重点的に保湿をすることをお勧めします。化粧水でたっぷりと保湿した後で、シワに効果が高い成分が多く配合されているクリームや美容液を刷り込むように優しく塗りましょう。

その際にマッサージをするとよりシワを薄くする効果が期待できます。マッサージの時のポイントはシワを伸ばすようにすることです。例えば縦にシワが入っているのであれば、横にマッサージしてそれを伸ばしましょう。逆に横にシワが入っている時は縦に伸ばします。

寝ている時も注意が必要!

実は寝ている姿勢によっても表情シワができやすくなる姿勢があるのです。横向きに寝てしまう方は注意が必要です。横に向いてしまうと横に重力がかかり、眉間にシワが寄るのでそれが定着しやすくなるのです。それなので寝る時はあおむけで寝ることをお勧めします。

どうしてもクセで横を向いてしまうという方もいらっしゃいます。そんな時はテープで矯正するというのも一つの手です。それ専用のテープも売っていますが、普通のセロハンテープでも構いません。寝る前にシワを伸ばしたい部分を引っ張ってテープを貼って寝てみましょう。

この記事をシェアする

関連記事