• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の3割が悩むいびきの原因とは?日頃の癖がいびきを誘発することも…

Date:2017.11.24

いびきをかく女性が増え続けているのをご存知ですか?

いびきといえば「男性」「おじさん」、なんとなくそんなイメージがあるかもしれません。でも近年は「いびきに悩む女性」が増加しているのです。

「女性がいびきをかくなんて、はしたない……」
「親しい友人やパートナーにも相談できない……」

ひょっとするとあなたも、そんなふうに悩んでいるかもしれません。

でも大丈夫!原因を知って適切な対策をとれば、いびきはちゃんと抑えることができるんです。

いびきは、どうして起きるのでしょうか?

今回は、生活に潜む「いびきの原因」を探っていきましょう。


【1】私だけじゃなかった…女性の30%がいびきに悩む

かつて人口の5%程度と言われていた女性のいびき。でも近年、いびきをかく人、とくに女性が増えています。

製薬会社のアンケートによると、30%以上の女性が「ほぼ毎日いびきをかく」と回答。じつに女性の3人に1人が、自分のいびきに悩んでいるのです。

女性のいびきは、なぜ増えているのでしょうか?

要因の一つは「女性の社会進出」

女性のいびきが増えている要因の一つは、社会進出。

後ほど具体的に書きますが、ストレスやホルモンバランスの乱れはいびきの原因となります。

働く女性が増えた現代、日々さまざまなストレスを抱え、不規則な生活でホルモンバランスを崩すことも多いでしょう。

そうした環境がいびきを誘発している、と考えられるのです。

また「仕事のお付き合いでお酒を飲む機会が増えた」という女性も多いはず。

飲酒した日の夜はとくにいびきをかきやすくなるため、それも一因と言えそうです。

可愛い「小顔」もいびきの要因に

日本では、どちらかといえば小さな顔の女性が好まれ、顎がスッと細いタイプの骨格の方が「可愛い」「美人」と言われる傾向にあります。

でも、小さな顎はいびきをかきやすいのです。

柔らかい食べ物中心の「噛まない生活」も小顔化に拍車をかけています。

小顔ブームの影響+食べ物の変化。このダブルパンチで、日本女性は年々「小顔化」しています。

この小顔化も、じつはいびきの増加に繋がっています。

【2】あなたの生活にも潜む!いびきの原因9つ

具体的な原因はさまざまあれど、「いびきの仕組み」はたった一つです。

いびきとは、空気の通り道(気道)が何らかの原因で狭くなり、鼻や喉の粘膜が振動し、音が生じること。

つまり気道が狭くなる原因こそ、ズバリいびきの原因であると覚えておきましょう。

次の項目を見てみてください。この中に、あなたの普段の生活で、思い当たるものはありませんか?

  • いつも鼻が詰まりがち
  • 二重あごが気になる
  • 太っている
  • 運動不足
  • 顎が小さい
  • 扁桃腺がすぐ腫れる
  • 気がつくと口があいている
  • いつも仰向けで寝ている
  • 寝酒の習慣がある
  • 睡眠導入剤・睡眠薬を服用している

これらは、いずれもいびきの原因になり得るものです。

「えっ、どうして?」と思うようなものもありますね。それぞれ詳しく見てみましょう。

原因1:口呼吸をする癖がある

口呼吸は、いびきの主な原因の一つです。

試しに、仰向けになった状態で、口を開いて脱力してみてください。

どうでしょうか。下顎が下がり、舌が喉の奥に落ち込む感じがしませんか?

寝ているときにこの状態になると、気道が塞がり、いびきをかきやすくなります。

眠っているときに口呼吸しているかどうか、自分では分からないかもしれません。次のようなことに心当たりはありませんか?

  • 集中していてふと気づくと、口があいている
  • 目が覚めたとき、口の中が乾いている
  • 目が覚めたとき、口の中がネバネバしている
  • 食事のとき、クチャクチャと音がしてしまう

このようなことが頻繁に起きる場合、口呼吸が癖になっている可能性が高いです。

ちなみに口呼吸の原因は、肥満・鼻の疾患・幼少時の習慣などが挙げられます。口呼吸の原因を取り除くことで、一緒にいびきが改善されるケースも多いです。

原因2:鼻が詰まっている

夜寝ているときに鼻が詰まっていると、どうしても口呼吸をしてしまい、いびきをかきやすくなります。

  • アレルギー
  • 鼻炎
  • 風邪

など、なんらかの原因で鼻が詰まっているときにはいびきをかきやすい、と心得ておきましょう。

風邪など一過性のものなら治るのを待つのも良いですが、アレルギーなどで常に鼻が詰まりぎみの方は「何か対策したい」と感じますよね。

原因3:肥満ぎみ、二重あご

いびきの原因の中で最も多いのが、肥満。

身体が太っていると、首回りについた脂肪が気道を圧迫し、空気の通り道を狭めてしまうのです。

仰向けに寝ると、さらに舌が喉の奥へ落ち込み、いびきを誘発します。

また、そんなに太っていなくても、

  • 二重あごが気になる人
  • 運動不足の人
  • 猫背の人

などは要注意。首回りの筋肉が弱っている可能性が高く、気道の確保がしづらいことがあります。

原因4:顎が小さい

10〜20代の若い世代に多いタイプですが、30代以降にも増えつつあります。

あまり固いものを噛まない食生活のため、噛む力が弱くなり、顎が小型化しているのです。

顎が小さければ、そのぶん気道も細くなります。

加えて「噛む力」の衰えにより、顎周りの筋肉が弱いのも、このタイプの特徴。

寝ているときに筋肉が舌を支えきれず、喉の奥に落ち込んだ舌が気道を塞ぎ、いびきをかきます。

原因5:扁桃腺が肥大している

扁桃腺って言葉、よく聞きますよね。「扁桃腺が腫れて熱が出た」なんて経験のある方も多いのではないでしょうか。

でも、その正体は?というと、よく知らないかもしれません。

扁桃腺とは、喉の奥にあるリンパ組織です。のどの奥、舌の付け根の両サイドにポコッと丸く見える膨らみです。見た目がアーモンド(扁桃)に似ていることから、その名前がつきました。

扁桃腺は、口から侵入してくるウイルスや細菌をブロックする、免疫機能を果たしています。

扁桃腺がウイルスや細菌の侵入に対抗するとき、炎症を起こして肥大化します。これがいわゆる「扁桃腺が腫れている」状態です。

肥大化した扁桃腺が気道を塞ぐため、扁桃炎を起こしているときはいびきをかきやすいのです。

また、扁桃腺は一般に6歳くらいまでは成長とともに大きくなり、中学生くらいの時期からは反対に小さくなっていきます。

ですが、大人になっても大きいまま残るケースが、稀にあります。このケースでは、常に大きな扁桃腺が喉の奥を塞ぎがちです。

扁桃腺が大きいまま残っている場合、いびきだけでなく睡眠時無呼吸症候群など恐ろしい症状を引き起こす可能性もあるため、一度耳鼻科に相談してみるのがおすすめです。

原因6:仰向けで寝ている

睡眠中には、全身の筋肉がだらーんと弛緩しますよね。それは、お口の中も同じです。

舌の筋肉も、寝ているときはだらんと弛んだ状態です。仰向けで寝ると、弛んだ舌の付け根が気道に落ち込み、いびきをかきやすくなります。

いびきに悩む人がいつも仰向けで寝ている場合、横向きになって眠ることを心がけるだけで、かなり改善されることも少なくありません。

原因7:就寝前に飲酒する

お酒を飲むと、リラックスできて気持ちいいですよね。これは、アルコールが全身の筋肉を弛緩させるからです。

睡眠中は舌の筋肉も弛緩する、と書きましたが、アルコールはこの筋肉の弛みを助長します。

顎周りの筋肉が弛みすぎて、舌の付け根を支えきれず、落ち込んだ舌が気道を塞ぎます。このため、酔っぱらって眠るといびきをかきやすくなります。

原因8:睡眠導入剤・睡眠薬を服用している

睡眠導入剤・睡眠薬の中でも、ベンゾジアゼピン系の薬は、心身をリラックスさせて眠りを誘います。

筋肉を弛緩させる効果があるため、舌の根が弛んで気道を塞ぎ、いびきをかきやすくなります。

いびきをかきにくい「ロゼレム系」の薬もありますので、変更できないか担当医師に相談してみると良いでしょう。

※ただし、体質や他の薬との関連で、変更できない場合もあります。個人の判断で変更したり飲むのをやめたりせず、必ず医師に相談してください。

原因9:ストレス・疲労

ストレスや疲労も、いびきの大きな原因となり得ます。クタクタに疲れた日に限って「いびき、かいてたよ」と指摘された経験のある人も多いはず。

ストレスや疲労で自律神経のバランスが崩れると、脳への酸素供給がスムーズにいかなくなります。

酸素不足の脳は、よりたくさんの酸素を採り込もうと、口呼吸を促します。

前述のとおり口呼吸ではいびきが起こりやすいので、疲れているときやストレスが溜まっているときには、いびきをかきやすくなるのです。

【3】緊急事態!すぐに救急車を呼ぶべき「いびき」とは

いびきの原因はたくさんあることが分かりました。が、これらとは全くメカニズムが異なる、家庭では対処できないいびきも存在します。

緊急性の高いとても危険ないびきもある、ということを、最後にご紹介しておきます。

家庭で対処できるのは「単純いびき症」だけ

いびきは、

  1. 単純いびき症
  2. 睡眠時無呼吸症候群
  3. 上気道抵抗症候群

という3つの種類に分類されます。

これまでにご紹介してきたいびきの原因は、全て「単純いびき症」によるものです。

他の「睡眠時無呼吸症候群」「上気道抵抗症候群」といった病気が原因のいびきは、上でご紹介した方法では改善されないことも多いので、気をつけましょう。

見分け方は素人には難しいのですが、「風邪を引いたときだけ」といった一過性のものではなく、長く続いているようならば、一度耳鼻科に相談してみても良いかもしれません。

また、脳梗塞で倒れたときにもいびきをかきます。誰かが急に倒れていびきをかき始めた場合は、言うまでもなくすぐに救急車を呼びましょう。

できることから生活改善!静かで健やかな眠りを

いびきは無呼吸症候群などの病気を併発することもあります。

また、自身やパートナーの眠りを妨げ睡眠の質を落としてしまうこともありますよね。

病気の可能性がない場合は、いびきの原因の多くは自分で取り除くことが可能です。

▼いびきの対策についてはコチラを参考にしてください!

いびき対策の記事のトップ画像キャプチャ

生活を整え、原因を一つずつ取り除き、いびきを改善していきましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント