• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ぷつぷつ毛穴が気になる方へ、大人女子のイチゴ毛穴の原因と対処法

Date:2013.10.24

年齢とともに小鼻のところにポツポツとした黒ずみを発見!最初は目立たなかったのに、どんどん黒く、数も増えていっている気がする、「もう毛穴なんてなければいいのに!」といやになってしまうことないでしょうか。

今回は、「大人女子のイチゴ毛穴の原因と対処法」をご紹介します。諦めるのはまだ早い、正しい原因と対処法を知ってケアすれば、状況を改善できるかもしれません。私にはまだ早い、という方も、今後のために一読頂けましたら幸いです。

イチゴ毛穴はどうして起こる?原因とメカニズムについて

イチゴ毛穴は、毛穴の部分に、皮脂汚れや古い角質、外のほこりなどの汚れがつまっている状態です。

最初は肌色に近い灰色ですが、酸化がすすむと黒く大きくなってきます。このままではどんどん毛穴が広がってしまうので、そこに再び汚れが詰まって、酸化して黒くなり、毛穴を広げ、という悪循環がうまれます。

「どうして小鼻のところだけ?」と気になる方もいるかもしれません。小鼻やTゾーンが黒ずみになりやすいのは、皮脂の分泌が多く他の場所より汚れが詰まりやすいためです。長年毛穴の汚れを蓄積していると、その部分が黒くなってしみになってしまうことも。

こうなってしまうと、ケアしてきれいにするのは大変です。小鼻の黒ずみが気になったら、早めのケアが鉄則だと心得ましょう。

対応策① 毛穴パックはほどほどにする

イチゴ毛穴の対応商品でまず思い浮かぶのは、小鼻パックだと思います。シートをはがしたときに汚れがとれているのが目に見えるため、一見すっきり毛穴の汚れがとれているように感じがちですが、刺激が強すぎてお肌の角質層を傷めてしまう恐れがあります。

毛穴を広げる効果もあるため、間違った使用をくりかえすとさらに黒ずみが大きく目立ってしまうことも。お肌への負担を考慮すると、あまり頻繁な使用はおすすめできません。

多くても1ヶ月に数回程度、10日に1度くらいにしておくことをおすすめします。どうしても、という方は、使用した後に必ず冷たい水や化粧水で毛穴を引き締めてあげましょう。

対応策② 角栓づまりを解消する正しい洗顔を実践する

イチゴ毛穴を改善するために、まず何より大切なのは「正しい洗顔」。以下3つのステップにそって洗顔して、顔の汚れをしっかり落とせば、もうこれ以上毛穴が広がらないように対処できます。それでは早速正しい洗顔手順を見ていきましょう。

ステップ1:蒸しタオルをして毛穴を開く

タオルをレンジで1分くらい温めて、小鼻の上に3分間ほど乗せてください。毛穴が開いて洗顔で奥の汚れまでしっかりと落とすことができるようになります。

ステップ2:十分に泡立てた洗顔料で優しく洗う

毛穴の汚れが気になるからと、ごしごし洗うのは逆効果。しっかりとホイップした洗顔料を使用して、優しく汚れを落としましょう。

ステップ3:すすぎはぬるま湯でしっかりと

洗顔料が顔に残ると新たな汚れになってしまいます。ぬるま湯を使用して、すすぎ残しがないように十分注意しながら落とします。

対応策③ 生活習慣を見直して皮脂バランスを整える

皮脂バランスが崩れると、毛穴に汚れが溜まりやすくなります。生活習慣を見直して、内側からイチゴ毛穴の改善を目指しましょう。

食生活に関してですが、油っぽい食事、お肉中心のメニューはNG。野菜やお豆腐など良質なタンパク質をとることで、身体の中を浄化してあげましょう。

さらに、とった食物が消化され、栄養を吸収したあとにきちんと排泄されること、一連の流れがスムーズだと、皮脂が身体に溜まりにくく毛穴の汚れの改善効果も狙えます。たまねぎや海藻類など、デトックス効果のある食材で、排泄を促す努力も大切です。

大人女子の場合には、仕事のストレスや睡眠不足も皮脂バランスに影響してきます。いつまでもきれいでいたいなら、ストレスを上手に発散する、12時までには就寝するなど、規則正しい生活リズムを作っていく必要があると心得てください。

対応策④ 何をやってもだめなときには専門家に相談を!

いろいろ試してみたけれど、やっぱり改善されないときには、専門家に相談してみるのも一つの手。エステならばフェイシャルコース、クリニックだとケミカルピーリングなどのコースに、イチゴ毛穴の対策が含まれます。

長年溜まった毛穴の汚れは、自分で除去するのが難しい場合もあります。とくに、冒頭にてお話しした、しみになってしまった黒ずみの場合には、、プロのケアを受けないとどうにもならないことが多いというのが実情です。

気軽に体験できるお試しコースが用意されている場合もあるので、まずはカウンセリングを受けてみて、費用と効果を検討してみるといいと思います。

この記事をシェアする

関連記事